「BLEACH(ブリーチ)」京楽春水の名言・台詞まとめ

アニメ「BLEACH(ブリーチ)」京楽春水の名言・台詞をまとめていきます。

BLEACH 尸魂界・潜入篇

35話

「まあそう心配そうな顔しなさんな。すぐ終わるよ…ほんの戯れさ」

 

37話

「ケンカが嫌はお互い様。だけどこっちは通られても困る」
「なんとか引いちゃくれないもんかね?」

「そうかい。それじゃ仕方ない…」
「飲もう、仲良く」
「いやいや。引くのがダメならせめてここで止まっていてくれないかなと思ってさ」
「なあに、少しの間でいいんだ」

 

「もうよしなよ、分かったろ。君の技は確かに凄いさ」
「硬いし速いし、破壊力だって人間にしちゃ相当なもんだ」

「だけど僕には当たらない。このまま続けても先は見えてるんじゃないの?」
「そろそろ諦めて帰ったらどうだい?」

 

「分かってるはずだ。技には消耗限界を超えると全く出せなくなるものと、それを超えても命を削って出し続けられるものと2種類ある」

「君の技は明らかに後者だよ」

 

「まいったね、どうも」
「そこまで覚悟があるんなら、説得して帰ってくれなんてのは失礼な話だ」
「仕方ない。そいじゃひとつ、命をもらっておくとしようか」

 

「(斬って)ごめんよ」

 

尸魂界・救出篇

51話

「七緒ちゃん。僕、どうしたらいいかな?」

 

「参ったねえ。それじゃまた僕だけ、山じいに叱られちゃうじゃないか」

 

54話

「そうか…結局間に合ったのは、彼等の方だったってわけだね」

 

千年血戦篇

4話

「感謝…するべきなんだろうねえ」
「涅隊長なら本当に情報が足りてれば、丸一日もあれば大抵のことに結論を出す」
「足りてないのさ、圧倒的に情報が」

「そうなると君等の能力の解明はいつになるか分からない」
「だけど君等は卍解なしで倒せる相手じゃない」

「遅かれ早かれ犠牲になるしかなかったってわけさ、誰かが必ずね」

 

「やれやれ…平静を装っても僕も動揺してるんだねえ」
「参ったね、どうも」

 

5話

「参ったね、どうも。山じいの霊圧が瀞霊廷中にこだましてる」
「鳥肌が立っちゃうよ。こっちまで叱られてる気分さ」
「『この程度の敵にてこずるような、腑抜けに育てた覚えはない』ってね!」

 

6話

「ホントだ、見誤ってるねえ。山じいは、そんな常識の通じる人じゃあないんだよ」

 

8話

「今の流れだと確実に全員並んで山じいにゲンコツだよ」
「遺品を前に泣いたり怒ったり、情けなくて震えが来るってね」

 

「護廷十三隊は、死人を悼んだり、壊れた尸魂界(ソウル・ソサエティ)を思って泣くためにあるんじゃない」

「ソウル・ソサエティを守るためにあるんだ」
「前を向こうじゃないの。僕等は護廷十三隊だろ」

 

「零番隊の全構成員は5人」
「隊士はいない、全員が隊長。そして、その5人の総力は…十三隊全軍以上だ」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
BLEACH 全74巻セット (コミック)

 

→BLEACHのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました