「魁!! 男塾」センクウの名言・台詞まとめ

マンガ「魁!! 男塾」センクウの名言・台詞をまとめていきます。

魁!! 男塾 大威震八連制覇編

8巻

「相棒だと……そんな腑甲斐無い相棒をもったおぼえはない」

 

「本来ならば硫硝酸盆に投げ入れて勝負の決着とするところだが……」
「これほどの男……手厚く葬ってやれ」
「名残り尽きたら参れい」

 

「貴様の相棒はわしにこれだけの深手を負わせ、勝利をたくし捨て石となって死んでいった」
「しかしそれはかなわぬ夢だったようだな」
「地獄で飛燕にわびるがよい」

 

「戮家奥義に死角はない……!!」
「皆同じことを考え死んでいった」

 

「み、見事だ、富樫…」
「男塾三号生として、貴様のような根性のかたまりの後輩をもったことを誇りに思う…」

 

「俺を先輩と呼んだ後輩をこのまま死なすわけにはいかん」
「少しは先輩らしいこともしてやらんとな」
「命あったらたまには思い出せ。このセンクウの名をな……」

 

天挑五輪大武會編(予選)

12巻

「それ以上動かん方がいい。首と胴が永遠の別れを告げることになる」

 

「た、たしかに貴様は強い。だ、だが古代ギリシャ神話において無敵といわれたアキレスは、唯一踵(かかと)が弱点であったため敗れ去ったという」

「貴様のアキレスの踵…それは…自分の力を過信し、思いあがった心が生む油断だ!!」

 

天挑五輪大武會編(決勝)

17巻

「(永遠の肉体と命?) おもしろい。その真偽は俺が確かめてやろう」
「黒薔薇の花言葉は『彼に永遠(とわ)の死を』……!!」
「奴が本当に五千年もの間生きながらえてきたのなら、そろそろ休ませてやってもいい頃だ」

 

「この世に永遠の命などありえない…!!」
「ましてやこの男塾死天王のひとり、センクウの前には……!」

 

「こけおどしはもう通用せん。貴様の正体は見切ったといったはずだ」

 

「やめろ。平静をよそおっていても、貴様の心の中はプライドを傷つけられた怒りで煮えたぎっている」

「戦いにおいて、わずかでも平常心を失うことは死を意味する」
「命が惜しければ、今いるおのれの状況を冷静に見つめなおすことだ」

 

「無益な殺生は好むところではない」
「すぐに手当をすれば命だけは助かる。さいわい包帯にはことかかんことだしな」

 

天挑五輪大武會編(対冥凰島十六士)

28巻

「ほ、誇りに思う……(貴様達の為に死ねることを)!!」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
魁!!男塾 全34巻セット (コミック)

 

→魁!! 男塾のインデックス

→マンガの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました