「チェンソーマン」マキマの名言・台詞まとめ

アニメ「チェンソーマン」マキマの名言・台詞をまとめていきます。

チェンソーマン

1話

「君、変わった匂いがするね。人でも悪魔でもない匂い」
「これ、君がやったの?」

 

「人だ…」
「(悪魔による乗っ取り?) ないね。乗っ取りは顔見れば分かるもん」

 

「私はゾンビの悪魔を殺しに来た、公安のデビルハンターなんだ」
「君の選択肢は2つ。悪魔として私に殺されるか、人として私に飼われるか?」
「飼うなら、ちゃんと餌はあげるよ」

 

「(朝食は)食パンにバターとジャム塗って…サラダ、コーヒー、後、デザート…かな?」

 

2話

「デンジ君はこれから、私に飼われることになります。返事は『はい』か『ワン』だけ」
「『いいえ』なんて言う犬はいらない」

 

「鑑識課の知り合いから聞いたんだけど、使えないうちの犬は、安楽死させられるんだって」

 

「君の状態は歴史的に見ても、前例がとても少ないよ。名前もまだ付いてないくらいにね」
「その話、信じるよ」

「私は特別に鼻が利くんだ。だから分かる、君の親友は君の中で生きてる」
「ロマン的な意味じゃなく、体から人と悪魔、2つの匂いがするもん」

 

「(好きなタイプ?) うーん…デンジ君みたいな人」

 

「君の働きぶりがよければ、一緒に仕事できるよ」
「だから、頑張ってね」

 

「デンジ君は特別なの。だから、特別な対応で扱うことになりました」
「公安を辞職したり違反行動があった場合、デンジ君は悪魔として処分されます」

「死ぬまで一緒に働こうってこと」

 

3話

「静かに出来る?」
「偉いね、パワーちゃん。正直、どっちが足を引っ張ったとかはどうでもいいかな」
「私は2人の活躍を見たいんだ。私に活躍見せられそう?」

 

「期待に応えられそうなのが1匹、面白いのが1匹」
「最近拾った子犬です」

 

「全ての悪魔は名前を持って生まれてくる」
「その名前が恐れられているものほど、悪魔自身の力も増すという」

「コーヒーは、怖いイメージは全くないから、コーヒーの悪魔がいたら弱いだろうね」
「でも、車の悪魔がいたらどうだろう?」
「タイヤにひかれて死ぬイメージがあるから、強いかも」

「デンジ君は”チェンソーの悪魔”になれる」
「面白いと思うけどな」

 

4話

「早川君も少し頭が柔らかくなった?」
「デンジ君と、一緒に住んでる影響かな?」

 

「早川君ちの部屋1つ、パワーちゃんに貸してほしいの」
「君なら、デンジ君とパワーちゃんのいい首輪になれるからね」

 

「私が早川君を、一番に信用しているからだよ」

 

5話

「書類ばっかりで嫌だね。コウモリの悪魔を倒したのに悪いことしたみたい」
「デンジ君、何か悩みでもあるの?」

 

「デンジ君、エッチなことはね…」
「相手のことを理解すればするほど気持ち良くなれると、私は思うんだ」

「相手の心を理解するのは難しいことだから…最初は手をじっくり観察してみて」
「指の長さはどれくらい? 手のひらは冷たい? 温かい? 耳の形は?」

「指を噛まれたことはある?」
「覚えて…」
「デンジ君の目が見えなくなっても、私の噛む力で、私だって分かるくらいに…覚えて」

「(そしてこれが本物の…)」

 

「デンジ君。お願いがあるんだけど…いいかな?」
「銃の悪魔を倒してほしいの」
「13年前、米国に出現して今もどこにいるか分からない」
「全てのデビルハンターが殺したがっている、とっても強い悪魔」

「私ね、デンジ君なら殺せると思うんだ。君は他のデビルハンターの誰よりも特別だから」
「もしもデンジ君が銃の悪魔を殺せたら、私が君の願い事、なんでも1つ叶えてあげる」

 

7話

「(デンジ君のこと?) 私より飲んだら教えてあげる」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
チェンソーマン 1-12巻セット (コミック)

 

→チェンソーマン
→チェンソーマン(デンジ)
→チェンソーマン(早川アキ)
→チェンソーマン(パワー)
→チェンソーマン(姫野)

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました