「BLEACH(ブリーチ)」平子真子の名言・台詞まとめ

アニメ「BLEACH(ブリーチ)」平子真子の名言・台詞をまとめていきます。

BLEACH 破面・出現篇

110話

「あんまり騒ぎなや、黒崎一護」
「お前みたいな霊圧の奴が、そない簡単にざわついたらあかん」
「世界に響いて、感づかれるで」

 

「俺は死神からホロウの領域に足を踏み入れた者。言うたやろ、『仲良うしてや』って」
「俺は、”仮面の軍勢(ヴァイザード)”。お前の同類や」

 

112話

「お前まさか昨日の今日で、もう俺が諦めた思うてんちゃうやろうな?」
「しつこいで、俺は。お前が『うん』言うまで、いつまででもまとわりつくで」

「もう遅いねん。ヴァイザードはいっぺん発症したら、二度と元には戻らへん」
「お前がどう思おうが、お前はもうこっち側やねん、一護」

 

「今のまま死神でおり続けたら、お前はいずれ必ず…内なるホロウに飲まれて正気を失う」
「そうなったら終いや。お前の力は全てを壊すで」
「仲間も、未来も、ぜーんぶ巻き込んで粉々にのう」

 

「俺と来い、一護。正気の保ち方、教えたるわ」

 

123話

「お前もよう分かったやろう? 一護」
「お前のホロウは、頭やら体やらで考えたぐらいで、抑え込めるような代物やないっちゅうことが」

「合格や! ホロウの抑え方、魂の芯まで叩き込んだるわ」

 

「なるほど。お前の言う通り、とっととホロウ化を教えたった方が、お前の性にはおうてるのかもしれへんな」

「いくで、一護…後悔しなや」

 

「聞こえるか? 一護。お前はこれから、一度完全にホロウ化する」
「食われるな、食い尽くせ。食われたらそこで…終いや」

 

「『え~』言うな!」
「おっさんが『え~』言うても、なんもかわいないぞ!」

 

破面・虚圏潜入篇

140話

「ホンマは死神の戦いに手ぇ出すん嫌やねんけどなあ」
「しゃあないわ。こんだけ近くでドンパチやられたら、シカトするわけにもいかんしなあ」

 

「あーあ、あんたもうちょい加減して戦えや」
「俺がかわすたんびにそないガンガン壊しとったら、俺気ぃ引けてかわされへんやろう」

 

「全く血の気の、多いやっちゃなあ」

 

「すまんな、破面(アランカル)」
「あんた強そうやから…加減はなしや」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
BLEACH 全74巻セット (コミック)

 

→BLEACHのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました