「BLEACH(ブリーチ)」日番谷冬獅郎の名言・台詞まとめ

アニメ「BLEACH(ブリーチ)」日番谷冬獅郎の名言・台詞をまとめていきます。

BLEACH 尸魂界・潜入篇

35話

「雛森! 剣でやり合いなんかやってる場合かよ!」
「藍染隊長をあそこから下ろしてやるのが、先なんじゃねえのか」

 

「市丸。てめえ、雛森を殺そうとしたな?」
「今のうちに言っとくぜ。雛森に血ぃ流させたら、俺がお前を殺すぜ」

 

尸魂界・救出篇

47話

「先に帰ってろ。俺は雛森を助けにいく」

 

「雛森より先に来られてよかったぜ。あいつが来る前に、俺がてめえを殺す」

 

「バカ野郎! よく考えろ! 自分が死んだら代わりにお前が戦えだと?」
「藍染の奴が、そんなこと言うと思うか?」

「俺の知ってる藍染は、勝ち目のねえ戦いに1人で出向くようなバカでも、その尻拭いを部下にさせる腰抜けでもなかった」

 

「藍染だけじゃ足りねえか?」
「雛森までこんな目に遭わせやがって。血がにじむほど、刀を握りしめなきゃならなくなるまで、こいつを追い詰めやがって」

「言ったはずだぜ。雛森に血ぃ流させたら、てめえを殺す」

 

48話

「バカ言うな。足りねえよ、引くだけじゃ。てめえは消えろ、吉良。目が届かなくなっても、まだ遠くへな」

「四方三里にいるうちは…巻き込んで殺さねえ自信はねえ」

 

「いや、まだだ。本当に後悔するのはこれからだ」
「俺を、ここまで本気にさせたこと…思う存分後悔しやがれ!」

 

「処刑とそれに連なる双極の解放。それが市丸の狙いなら、この処刑、このまま見過ごすわけいはいかねえ」

「ついて来い、松本。処刑を止めるぞ」

 

58話

「(結界は)誰がどう動くか予測がつかない。あいつ(雛森)を外敵から守るためだ」

 

63話

「今の俺には、そいつ(雛森)にかけてやれる言葉はないんですよ」

 

破面・出現篇

115話

「(松本) そのボンクラには、俺も入ってんじゃねえだろうな?」

 

「はっきり言う。この最上級大虚(ヴァストローデ)級の戦闘能力は、隊長格より上だ」

「アランカル化によって、メノス共が手に入れる力は未知数だが」
「隊長格が3人抜け、それがそのままメノス共の上について今、これだけは言える」

「もし現時点で藍染の元に、このヴァストローデ級が10体以上いたら…」
「ソウル・ソサエティは終わりだ」

 

117話

「構えろ、松本」
「来たぜ」

 

「(当たり?) いいや」
「多分てめえが…一番のハズレだぜ」

 

122話

「連中は雑魚だ」
「ヴァストローデでもなければ、恐らくはその下の中級大虚(アジューカス)ですらね」
「俺達隊長格ですら、限定解除なしにはギリアンクラスも倒せねえ」

「それが、あいつらのレベルってことだ」

 

126話

「バカ野郎」
「いつまでも気にしちゃいねえよ。俺は気にしちゃいねえから、おめえも気にせずもうちょい寝て、とっとと目の下のクマ、消せよな」

「大体よ、お前それでなくてもガキみてえなんだから、他人の何倍も寝ねえと成長止まんぞ」
「松本を見てみろ。おめえ後10年は寝続けねえと、あれに追いつけねえぞ」

 

「雛森!」
「なんべんもなんべんも言わせんじゃねえよ。『日番谷君』じゃなくて『日番谷隊長だ』」

 

破面・虚圏潜入篇

138話

「確かに(出現は)早すぎるが、理由を考えてる暇はなさそうだぜ」

 

140話

「一度攻撃を加えた相手に対して、気を抜きすぎなんだよ、お前は」
「”残心”って言葉、知らねえのか?」

 

「氷輪丸は氷雪系最強。砕かれても水さえあれば何度でも蘇るさ」
「もうお前に勝ち目はねえ。仕込む時間は山ほどあった。俺に時間を与えすぎたんだ」

「お前の武器が8本の腕なら、俺の武器は…この大気にある全ての水だ!」

 

「悪いな。8本じゃ少し足んなかったろう」

 

「まだ倒したわけじゃない。やっかいなのはこれからだ」

 

千年血戦篇

4話

「これでお前の手は封じた」
「これまでに多くの仲間が殺されたんだ。加減する気はねえぞ」

 

5話

「総隊長があれだけ戦ってるんだ」
「俺たち隊長副隊長が、やられるわけにはいかねえよな」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
BLEACH 全74巻セット (コミック)

 

→BLEACHのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました