「BLEACH(ブリーチ)」砕蜂の名言・台詞まとめ

アニメ「BLEACH(ブリーチ)」砕蜂の名言・台詞をまとめていきます。

BLEACH 尸魂界・救出篇

51話

「くだらん」
「是非も善悪も興味はない。私にあるのは護廷十三隊、隊長としての使命と矜持のみ」
「敵は殺す、それだけだ」

 

「貴様もだ、大前田。己の立つ場所を見誤るなよ」
「忘れるな。私の道を妨げれば、貴様とて敵だ」

 

55話

「いつまでも見物というのもな」
「ゲスめが。貴様らの行いは、十三隊席官としての矜持を忘れた恥ずべき裏切りだ」
「だが安心しろ。これ以上、恥をさらさぬよう、今すぐ私が葬ってやる」

 

56話

「なるほど(夜一)。長らく姿を見せなかったからといって、別段腕を上げたというわけではないようだな」

 

「のぼせ上がるなよ。いつまで我々の上でいるつもりだ」
「隠密機動も刑軍も、今統括しているのは私だ。貴様の時代は…既に終わったのだ!」

 

「瞬神…夜一」
「なるほどな…ならば仕方ない。私の手で…そのもう1つの名もはぎ取ってやろう」

 

「遠慮するな、よーく思い出せ。そしてしっかりと比べるがいい」
「貴様と私と、どちらが優れた戦士であるかを!」

 

「なぜ貴様は、私の方が優れているとは考えぬ?」
「先程までは、私が手を抜いていたとはなぜ考えぬのだ。私ごときが貴様に対して手を抜いて戦えるはずがない、そう思ったか?」

「のぼせ上がるなと言ったはずだ。私はもはや貴様より強い!」
「100年の永きにわたって、最前線から退いた代価を、死をもって知るがいい、夜一!」

 

「覚えているか? 夜一。私のこの”雀蜂”の能力を」
「”蜂紋華”。その初撃で、標的の体に刻まれる死の刻印だ。貴様がいた頃はまだ未完成だったこの能力も、この100年の間に完全なものとなった」

「せいぜい2撃目を食らわぬよう逃げ回れ、夜一」
「雀蜂の能力は”弐撃決殺”。同じ場所に2度攻撃を与えれば、必ず死に至る」

 

「理解できたか? 貴様より私の方が優れていると」
「理解できたなら…トドメだ!」

 

「驚いたか? 初めて見るだろう」
「これは白打と鬼道を練り合わせた戦闘術でな、私が創り上げたものだ」

「誇りに思え。この技は先日完成したばかりでな、実戦で試すのは貴様が初めてだ」
「何しろまだ名すら付いておらん」

 

57話

「なぜだ? 私は貴様より強い! 私は貴様を…超えたはずだ!」
「100年の隔絶は、貴様に衰えを、私に力をもたらしたはずだ!」

「それなのになぜ、貴様はまだ私の前に立っている! 貴様はまだ、私を支配し続ける!」
「答えろ、夜一!」

 

「(夜一との)初めての出会いは、神との対峙に近かった」

 

「私は…強くなりたかった。誰よりも強く」

 

「(夜一には)憧れた、強烈に。その感情はもはや、憧れを超えて崇拝に近かった」

 

「はい。私の全ては、夜一様のために」

 

「いえ、まだ足りませぬ」
「夜一様をお守りするためには、まだ力が…いえ、何もかもが足りませぬ」

 

「いつまでも、おそばでお守りいたします。いつまでも…」
「幸福だった。そう、あの時までは…」

 

「突然だった。あなたは別れすら告げることなく、私の前から姿を消した」
「嘘つき…」

 

「私は貴様を許さぬ、夜一! 私の尊敬と信頼を裏切った貴様を、絶対に!」

 

「なぜだ? なぜ…なぜ私を、連れていって下さらなかったのですか?」
「夜一様…」

 

BLEACH 千年血戦篇

8話

「下がれ! 今はそんな報告、聞きたくもない。分からぬか、総隊長殿が亡くなられたのだ」
「これ以上、何を受け入れろというのだ!」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
BLEACH 全74巻セット (コミック)

 

→BLEACHのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました