「機動戦士ガンダム 水星の魔女」ミオリネの名言・台詞まとめ

アニメ「機動戦士ガンダム 水星の魔女」ミオリネ・レンブランの名言・台詞をまとめていきます。

機動戦士ガンダム 水星の魔女

1話

「邪魔しないでよ!」
「もう少しで脱出できたのに、あんたのせいで台無し! 責任、取ってよね」

 

「この学園ではね、生徒同士が大切なものを懸けて決闘するの」
「お金、権利、謝罪…結婚相手!」

 

「なんだってみんな勝手に決めるの? これは私のケンカよ!」

 

「好きにさせてよ…人の人生、勝手に決めるな!」

 

「この衣装は決闘の勝者、ホルダーの証よ。そして、私の婚約者の証でもあるわ」
「言ったでしょ? そういうルールだって」

 

「(女?) 水星ってお堅いのね、こっちじゃ全然ありよ。よろしくね、花婿さん!」

 

2話

「うちのクソ親父が勝手に決めたの。私をホルダーと結婚させるって」
「心配しないで、私もする気ないから」
「私は…地球へ行きたいの!」

 

「決闘で勝ったのはスレッタよ! クソ親父が用意した男なんかと、絶対結婚しないから!」

 

「あいつはいつもそう! 相談しない、説明しない、この学園に入ったのも、ピアノをやめされられたのも、友達さえも勝手に決めて…」

「お母さんの…お葬式だって!」

 

「(地球へ)行く!」
「私をここから、連れ出して!」

 

「あんたに一言、言いたくてやって来たの」
「自分で決めたルールを、後から勝手に変えるな! このダブスタクソ親父!」

 

「だったら、決闘よ!」
「私達が勝ったら、あんたはスレッタを私の婚約者として認める。負けたら好きにすればいい」

「あんたが決めたルールで戦ってやるって言ってるのよ!」
「自分が決めたことぐらい、責任持って守りなさいよ! 大人なんでしょ!」

 

「するよ、決闘!」
「負けたら、エアリアルは廃棄処分、あんたも退学になる。絶対勝って!」

 

3話

「この決闘、絶対勝って! あんたの退学と、私の結婚が懸かってるんだから」

 

「はあ! 一緒に戦う流れでしょ?」

 

「(デート?) 色ボケ!」

 

「(デート)すればいいじゃない」
「大丈夫よ。(結婚は)今すぐってわけじゃないから」

 

「結婚できるのは17歳からでしょ。だから、私の誕生日まで結婚はお預け」
「私は必ずここを脱出して地球に行く。あんたはそれまで花婿でいて。これは取引よ!」

 

「(バックも力?) だったら私も、スレッタの力ってことでいいよね?」

 

「クソ親父…今度こそ思い通りにならないから!」

 

「スレッタ、後はあんたが勝つだけだからね」

 

「そう(セーフ)! ざまあみろ、クソ親父!」

 

「却下! (あだ名)センスなさすぎ!」

 

4話

「ホルダーはね、パイロットスーツだけじゃなくて、制服も特別仕様になるの」
「自覚持ちなさい。あんたは決闘のホルダーで、私の花婿なんだから」

 

「ダメ!」「そいつは敵よ!」
「御三家の連中はね、私を手に入れたがってるの。こいつだって私目当てで」

 

「なっ(興味ない?)! こっちだってマネキン王子に興味ないわよ!」

 

「(実習?) だったらこいつじゃなくて、私を頼りなさいよ」

 

「実習のサポートくらい、マニュアルを暗記すればわけないわ」

 

「モビル重機理論。初歩的なとこじゃない」
「不安要素は私より、あんたの方みたいね」

 

「あんたさ、なんでそんなに頑張ってるの?」

 

「なんであんたが背負わなくちゃならないの?」
「自分のためだけに生きればいいじゃん」

 

「いい。私は素人で、しかも二役。課題をクリアするのはあんたの仕事」

 

「地球寮の子?」
「スペーシアンってだけでクソ呼ばわり?」
「あなたもアーシアンを差別する連中と変わらないのね」

 

「リトライ、お願いします」
「追試はリトライできるの。諦めるな!」

 

5話

「スレッタ! あんた何考えてんのよ! エランとデートなんて!」
「御三家は敵だって言ったでしょ!」

 

「スレッタ! ロミジュリったら許さないからね!」

 

「いい展開ね。あいつらにも潰し合ってもらおうじゃない」

 

6話

「私が許せないのは…あんたがひと言も相談なしに、決闘の約束を交わして来たことよ」
「負けたら許さない」

 

「そうね、バカみたい」
「私もエランの言う通りだと思うよ。実際あんた鬱陶しいし」

 

「でもそれがあんたじゃん」
「鬱陶しいくらいからんできて、私の言うことを聞かずに勝手に動いて!」

「進めば2つなんでしょ?」
「そのあんたがなんで逃げてるの?」
「こんなとこでウジウジ言ってないで、さっさと進みなさいよ!」

 

「あいつが負けたら花嫁の私が困るの」

 

「(エランを知りたい?) ホント、鬱陶しい奴」

 

「私は理解ある花嫁なの。多少の浮気くらい…許してあげるわ」

 

7話

「勝手に干渉して、勝手に心配して、一体何が楽しいんだか?」

 

「(人のこと?) ない! 私が考えることは唯1つ」
「ここから脱出して、地球に行くことだけ」

 

「(父親との関係?) 今それ聞きます?」

 

「(ヴァナディース事変?) そんなの過去の栄光です」
「私達の世代は、ガンダムなんて知らないし」

 

「とにかく! 私はあんな人、父親だなんて絶対に認めたくありません!」

 

「エアリアルは廃棄させないわ!」
「エアリアルは、ペイル社にもジェターク社にも勝った、優秀な機体よ」
「廃棄するなんてもったいないわ!」

 

「(なぜ?) 決まってるでしょ。あの子の花嫁だからよ!」

 

「(非人道兵器?) スレッタはピンピンしてるじゃない」
「ただ否定して、排除することしか出来ないの?」

 

「待って下さい!」
「守るわよ…私があんたを」

 

「意地じゃない!」

 

「あなたに…投資してほしい!」
「あなたの言う通り、今のままじゃ私の提案に乗る人なんていません」
「ですから、ベネリットグループの総裁である、あなたの信用をお借りしたいんです!」
「お願いします!」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
ガンダムエアリアル 1/144スケール (プラモデル)

 

→ガンダムシリーズのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました