「葬送のフリーレン」の名言・台詞まとめ

マンガ「葬送のフリーレン」の名言・台詞をまとめていきます。

葬送のフリーレン

1巻

「帰ったら仕事を探さないとな…」
「大事なことさ。魔王を倒したからといって終わりじゃない。この先の人生のほうが長いんだ」

「フリーレン。君のこの先の人生は僕達には想像もできないほど、長いものになるんだろうね」(ヒンメル)

「そうかもね」(フリーレン)

 

「…終わってしまったな」(アイゼン)
「そうだね。僕達の冒険はこれで終わりだ」(ヒンメル)

 

「まったく。クソみたいな思い出しかないな」
「でも楽しかったよ。僕は君たちと冒険ができてよかった」(ヒンメル)

「短い間だったけどね」(フリーレン)
「短い? 何を言っているんだ? 10年だぞ?」(ヒンメル)

 

「そろそろか。半世紀(エーラ)流星でしたっけ」(ハイター)
「50年に一度の流星群。平和な幕開けには丁度いいな。綺麗だな」(ヒンメル)

「街中だと見えにくいね」
「じゃあ次。50年後。もっと綺麗に見える場所知ってるから、案内するよ」(フリーレン)
「そうだな、皆で見よう」(ヒンメル)

 

「エルフの感覚はわかりませんね」(ハイター)
「まったくいつから生きているのやら。50年も100年も彼女にとっては些細なものなのかもしれないね」(ヒンメル)

 

「ヒンメル…老いぼれてる…」(フリーレン)
「50年ぶりだね。君は昔の姿のままだ…もう一生会えないのかと思っていたよ」(ヒンメル)

 

 

「(暗黒竜の角は)君にとっては軽い気持ちで預けた物かもしれないけど、僕にとっては大切な仲間から預かった大事な物なんだ」

「いつか君にこうして返すべき物だったんだ」(ヒンメル)

 

「懐かしいよ。こうしているとあのときに戻ったかのようだ」
「色々なところを旅したね。何もかもが新鮮で煌めいて見えた。その美しい思い出の中には、いつも仲間(きみ)達がいた」

「僕はね、全員が揃うこの日を待ち望んでいたんだ。ありがとう、フリーレン。君のおかげで最後にとても楽しい冒険ができた」

「(半世紀流星群) 綺麗だ」(ヒンメル)

 

「(悲しい?) …だって私、この人の事何も知らないし…」
「たった10年、一緒に旅しただけだし…」

「…人間の寿命は短いってわかっていたのに…なんでもっと知ろうと思わなかったんだろう…」(フリーレン)

 

「(死が怖い?) 私達は世界を救った勇者パーティーですよ。死後は天国で贅沢三昧に決まっています」

「そのために私は、あなた方と共に戦ったのです」(ハイター)

 

「さて。私もそろそろ行くよ」
「私はもっと人間を知ろうと思う」(フリーレン)

 

「(前衛?) 勘弁してくれ。もう斧を振れるような歳じゃないんだ」
「そんな顔をするな、フリーレン。人生ってのは衰えてからのほうが案外長いもんさ」(アイゼン)

 

「(あれから20年) まだ生きていたんだ、生臭坊主」(フリーレン)
「格好良く死ぬのも難しいものですな」(ハイター)

 

「ねぇ。先にひとつ聞いていい? 魔法は好き?」(フリーレン)
「ほどほどでございます」(フェルン)
「私と同じだ」(フリーレン)

 

「いずれでは駄目なのです。いずれでは、ハイター様が死んでしまう…」(フェルン)

 

「今、死ぬのは勿体ないと思いますよ」
「あなたの中にも大切な思い出があるとすれば、死ぬのは勿体ないと思います」(ハイター)

 

「ハイター様はずっと、私を置いて死ぬことを危惧しておりました」
「あの方は正しいことをしたのです。救ったことを後悔してほしくない」

「魔法使いでもなんでもいい。一人で生きていく術を身に付けることが、私の恩返しなのです」

「救ってよかったと、もう大丈夫だと、そう思ってほしいのです」(フェルン)

 

「お前が死ぬまでにやるべきことは、あの子にしっかりと別れを告げて、なるべくたくさんの思い出を作ってやることだ」(フリーレン)

 

「ねぇ、なんでフェルンを救ったの?」(フリーレン)
「勇者ヒンメルならそうしました」(ハイター)
「そうだね。じゃあ私も、そうするとするかな」(フリーレン)

 

「地味な仕事ばかりでございますね」(フェルン)
「冒険者なんてこんなものだよ」(フリーレン)

 

「じゃあフェルン、蒼月草を探しに行こうか」(フリーレン)
「ヒンメル様のためですか?」(フェルン)
「いや、きっと自分のためだ」(フリーレン)

 

「(もう半年) フリーレン様の魔法に対する執着は異常です。このまま何年でも何十年でも探し続けてしまう」

「フリーレン様は多くの人を救える力を持った魔法使いです。ありもしないもののために時間を使うだなんて、あってはならないことです」(フェルン)

 

「本当に(魔法収集は)ただの趣味だよ。前はもっと無気力にだらだらと生きていたんだけどね。私の集めた魔法を褒めてくれた馬鹿がいた。それだけだよ」(フリーレン)

「くだらない理由ですね」(フェルン)
「そうだね」(フリーレン)

 

「これ、私に何か隠しているときの顔だ」
「フリーレン様との付き合いは長い。こういうときは碌なことがない」(フェルン)

 

「そういえば今日は私の誕生日でしたね」
「フリーレン様はどうしようもないほどにぶい方のようなのではっきりと伝えます」

「あなたが私を知ろうとしてくれたことが、堪らなく嬉しいのです」(フェルン)

 

「知ろうとしただけなのに?」(フリーレン)
「フリーレン様は本当に人の感情がわかっていませんね」(フェルン)

 

「(旅の目的?) 特にないよ」
「でも、できる限りはヒンメル達との冒険の痕跡を辿っていきたいかな。風化する前にね」(フリーレン)

「それはフリーレン様にとって、大切なことなのでございますね」(フェルン)
「わからない。だから知ろうと思っている」(フリーレン)

 

「(クヴァールは)そう、強すぎた。強すぎたんだよ。だからこそ、その強さが仇になった」(フリーレン)

 

「ふと思ったのですが…」
「フリーレン様ってもしかして、すごくだらしがない人なのでしょうか?」
「毎朝フリーレン様のことを起こして、ご飯食べさせて服着せて、これ私、完全にお母さんですよね」(フェルン)

 

「(日の出?) 正直興味はないよ。だから見て確かめるんだ」(フリーレン)

 

「お前はいつか大きな過ちを犯し、人を知りたいと考えるようになる」
「そん時はここに帰ってこいって言ってんだ。手助けしてやる」
「この大魔法使い、フランメ様が」(フランメ)

 

2巻

「(弟子?) 時間の無駄だからね。色々教えても、すぐ死んじゃうでしょ」(フリーレン)
「フリーレン、人との関係はそういうものじゃない」(アイゼン)

「そういうものだよ。皆との冒険だって、私の人生の百分の一にも満たない」(フリーレン)

 

「面白いものだな」
「その百分の一がお前を変えたんだ」(アイゼン)

 

「フリーレン様、村の人達が困っていました」
「私はフリーレン様とは違っていい子なので」(フェルン)

 

「(大切な人の幻影を)撃てる?」
「私は命乞いする師匠(せんせい)の幻影を撃ったよ」(フリーレン)

 

「あいつ(シュタルク)は昔、故郷の村が魔族に襲われたとき、一人だけ逃げ出した臆病者だ。俺と同じだ」

「だからあいつには俺のすべてを叩き込んだ。今のあいつは誰かのために戦えるやつだ」(アイゼン)

 

「(戦う時に)必要なものは覚悟だけだったのです。必死で積み上げてきたものは決して裏切りません」

「シュタルク様はどうしようもない臆病者ですが、村を守りたいという覚悟だけはきっと本物だと思います」(フェルン)

 

「怖がることは悪いことではない。この恐怖が俺をここまで連れてきたんだ」(アイゼン)

 

「師匠(アイゼン)はお前のせいで勇者一行の冒険が、くだらない旅になったって言ってたぜ」
「くだらなくて、とても楽しい旅だったってよ」(シュタルク)

 

「くだらん。(冒険の途中で)こんなことをしていていいのか?」(アイゼン)

「アイゼンは辛く苦しい旅がしたいのかい?」
「僕はね、終わった後にくだらなかったって笑い飛ばせるような楽しい旅がしたいんだ」(ヒンメル)

 

「安心しました。シュタルク様って普通だったんですね」(フェルン)

 

「(銅像は)皆に覚えていて欲しいと思ってね。僕達は君と違って長く生きるわけじゃないから」

「でも一番の理由は、君が未来で一人ぼっちにならないようにするためかな」
「おとぎ話じゃない。僕達は確かに実在したんだ」(ヒンメル)

 

「お前達魔族は人の声真似をするだけの、言葉の通じない猛獣だ」(フリーレン)

 

「魔族との対話なんて無駄な行為だ」
「解決しないから無駄なんだよ。魔族は人食いの化け物だ。そいつらが人類と同じ言葉を使う理由を考えたことはある?」(フリーレン)

 

「奴らにとっての”言葉”は人類を欺く術だ。大魔法使いフランメは、言葉を話す魔物を”魔族”と定義付けた」

「その祖先は人(えもの)をおびき寄せるために物陰から『助けて』と言葉を発した魔物だよ」(フリーレン)

 

「言っておくけど私、強いよ」
「断頭台のアウラよりも」(フリーレン)

 

「…この程度で勝利を確信か。今の魔族は駄目だね。実戦経験が少なすぎる」(フリーレン)

 

「相手が強かったら戦わないの?」
「それに私は二人が魔族達(あいつら)より弱いなんて微塵も思っていないよ」(フリーレン)

 

「私だって強い相手との戦いは大嫌いだ。嫌なことは早めに終わらせないとね」(フリーレン)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
葬送のフリーレン 1-9巻セット (コミック)

 

→マンガの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました