「刃牙シリーズ」範馬勇次郎の名言・台詞まとめ

マンガ「グラップラー刃牙」、アニメ「バキ」「範馬刃牙」範馬勇次郎の名言・台詞をまとめていきます。

グラップラー刃牙

5巻

「刃牙は腐ってもオレの子だ。あのていどで音を上げるような鍛えかたはしとらんわッ」

 

「武術における敗北は死を意味する。その真意を心で感じとれ……」

 

「気づくまでの犠牲が多すぎる。巨漢を処するために身体の末端を攻撃することは基本中の基本だ!!」

「わたしならあのマウント斗羽を10秒で絶命できる!」

 

「斗羽は倒れん。ノックダウンするか否かは、打たれた瞬間の気合で別れる。打たれる覚悟で臨む斗羽は、難攻不落の要塞だ!!」

 

「あい変わらずおそい拳だ……たどりつくまでに眠っちまうところだった」

 

バキ

17話

「伝えることがある。貴様が色と戯れる日々に、もの知らぬ浅はかな者共があれこれと世話を焼きたがるだろう。毒にも薬にもならぬ駄菓子のごとき助言、要らぬ世話を」

「一切聞く耳を持つな」
「禁欲の果てにたどり着く境地など、たかが知れたもの。強くなりたくば食らえ!」

 

24話

「勝負とはいえルールはねえ。ならば決着はどうつける?」
「双方が勝手に決めりゃいい」

 

「屈服しねえ以上は、俺との勝負に立ったってこと。勝手に決着つけさせてもらったぜ」

 

バキ(2期)

1話

「あらかじめ断っておく。俺の拳は刃引きをしちゃいねえ、本身でいかせてもらう」

 

「こんな煎餅ほどの土の塊を、何枚割ったところでなんの目安にもなるまいが」
「(瓦の)試し割り…くだらぬショーだ」

 

「教えてやるよ。丹念に積み上げた上達の実感だった100年余りが、取るにもたらぬ錯覚の歴史だったことを」

 

3話

「未熟ではある…しかし、貴様は間違ってはいない」

 

4話

「挑発するにせよ言葉を選べ。かりそめにも、この俺が怖気づくなどと」
「三流拳法家に勝ったぐらいで、拳の底を見たかのごとき言動」
「青二才…失せろ!」

 

「中国連合対日米勝ち残り組、5対5マッチだってよ。ここまで魂胆が見え透いてるとよう…気の毒すぎて、とてもツッコめねえよ」

 

5話

「珍しいな。こうして俺とお前が同じ方向を見て、並んで立つなど…何年ぶりのことだ?」

 

「上手に(技を)調理するんだ。美味けりゃ食ってやる」

 

「アホが…武術をなめるからだ!」

 

7話

「いや~、所詮はお遊びだぜ、中国拳法なんてものはよ」

 

「闘争とは力の解放だ。力みなくして解放のカタルシスはありえねえ」

 

8話

「脱力だの消力(シャオリー)だの、そんなものはお前達で共有したらいい」
「俺を除く全て」

 

12話

「極、近い将来…あいつは俺に牙をむく」
「そして18歳の小僧ながら、そうするにふさわしい力を持ち始めている」
「お前が今から闘う相手は、そんな男だ!」

 

「飯を食らい、気を食らい、喜びを食らい、悲しみを食らい、愛を食らい、嘲りを食らい、女体を食らい…」

「繰り返すうち、取るに足らぬはずだった脆弱なる子猫はいつしか、俺の視線をまともに受け止める獅子へと進化を遂げ、更なる変貌を諦めず、さらなる熟成を諦めず…」

「やがて俺のエサとして完成を見る」

 

範馬刃牙

3話

「想像上のカマキリだと?」
「百聞は一見にしかず、百見は一触にしかず。殺されもせぬ、食われもせぬ。いかに巨大化しようが想像はあくまでも想像。実物の子犬にも劣る代物よ」

 

8話

「俺だけ仲間外れかよ…」
「息が詰まるぜ」

 

12話

「生涯最大の敵ときやがった。親孝行ここに極まるだぜ」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
グラップラー刃牙 全42巻セット (コミック)

 

→グラップラー刃牙(マンガ)
→バキ
→バキ(2期)
→範馬刃牙
→刃牙シリーズ(範馬刃牙)
→刃牙シリーズ(愚地独歩)
→刃牙シリーズ(オリバ&ゲバル)

→マンガの名言インデックス
→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました