「Engage Kiss(エンゲージ・キス)」の名言・台詞まとめ

アニメ「Engage Kiss(エンゲージ・キス)」の名言・台詞をまとめていきます。

Engage Kiss

1話

「それでも…俺はもうやるべき仕事しかやらないって決めたの」(緒方シュウ)

 

「俺にとって何が過去で何が将来かは俺が決める」(シュウ)

 

「ごめんなさい、私がいけないの。しばらく顔出せなかったし、学校がテスト期間だったなんて言い訳にもならないよね。なら言わなくてもいいよね。何言ってんだろうね、私」

「そりゃあなたも私のことなんか忘れちゃうよね。私なんて生きてる価値ないよね。ホントどうしようもないよね!」(キサラ)

 

「もう…シュウ君はそういう優しすぎるところがいけないんだよ」(キサラ)

 

「あれ、なんだろう? 他の女の匂いがする…」(キサラ)

 

「入札は自由競争でしょ? 俺にとってはこんな仕事、食後の運動みたいなもんってことっすよ」(シュウ)

 

「しょうがないじゃない…シュウ君、私がいないと何も出来ないんだから」(キサラ)

 

「するの?」
「2人の愛の力でパワーアップってことだね」(キサラ)

 

「役立たずの年増女は、存在そのものが邪魔なんですけど!?」(キサラ)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

2話

「だって…一緒に暮らす以上は、シュウ君の健康もお財布もしっかり面倒見てあげないといけないから」(キサラ)

 

「それはかなり日陰の女っぽくていいかも?」(キサラ)

 

「そ…そんな怖くないよ。普段はとっても優しいんだよ」(キサラ)

 

「何が楽園だよ?」
「こんな悪魔だらけの街が、楽園が…俺の家族を皆殺しにしたってのかよ?」(シュウ)

 

3話

「分かってるって。都市レベルでの隠蔽ってやつを見せてやるよ…この私が」(蜂須賀凛花)

 

「決まってるよ…それでも俺の目的のためには、こいつの情報が必要だからさ」(シュウ)

 

「まぁ警察は役に立ちませんからね、特に悪魔退治には。シティの独立を恐れた諸外国に押し付けられた、重火器法のせいでね」(マイルズ・モーガン)

 

「毒を制すための毒でも、毒に変わりはないんですよ」(モーガン)

 

「なんとかしないとね。たとえ悪魔の力を借りてでも」(夕桐アキノ)

 

「(全力?) なら…どこを差し出すの?」(キサラ)

 

「構わない…だって俺は決めたんだ。目的のためなら、他の何を失っても構わないって」(シュウ)

 

「最低…だね。目的のためには、愛していない女とも抱き合うなんて」
「愛してた女を助けるために、彼女との思い出すら捨てるなんて」(キサラ)

 

「邪魔」(キサラ)
「今? それともいつも?」(夕桐アヤノ)
「そんなの自分で考えて!」(キサラ)

 

「いや…考えるな。昔の俺がそうしろって言ってるんだ…それを信じるだけだ」(シュウ)

 

4話

「(派手?) 手抜き仕事で、一般人に被害を出すわけにもいかないでしょ」(アヤノ)

 

「あの時あなたがシュウ君に話した言葉は……今はもう、私の中にしかない」(キサラ)

 

「そんなの…死なせないために決まってるじゃない!」(アヤノ)

 

「(幸せ?) 別にいいよ…シュウ君の最後の女になれるなら」(キサラ)

 

5話

「だから俺は…絶対に諦めない! 生き方は…変えられない!」(シュウ)

 

「貴方の瞳に私が映ると、悪魔が現れるかもしれないから」(アヤノ)

 

「これもお楽しみのツケってやつかしらね?」
「全力で決着つけるよ」(キサラ)

 

6話

「残れないじゃん。何も覚えていないんだもん…」(キサラ)

 

「戦いに来たんじゃ…ない。契約、しに来たんだ」
「お前の力が…お前が欲しいんだ!」(シュウ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Engage Kiss 1巻 [Blu-ray]

 

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました