「機動戦士ガンダムSEED(シード)」ラウ・ル・クルーゼの名言・台詞まとめ

アニメ「機動戦士ガンダムSEED(シード)」ラウ・ル・クルーゼの名言・台詞をまとめていきます。

機動戦士ガンダムSEED

1話

「(評議会からの返答?) 遅いな、私の勘がそう告げている」
「ここで見過ごさばその代価、いずれ我等の命で支払わねばならなくなるぞ」

 

「地球軍の新型機動兵器、あそこから運び出される前に奪取する」

 

2話

「どうやらいささかうるさいハエが1匹、飛んでいるようだぞ」

 

「私がお前を感じるように、お前も私を感じるのか?」
「不幸な宿縁だな…ムウ・ラ・フラガ」

 

「お前はいつでも邪魔だな、ムウ・ラ・フラガ」
「もっともお前にも私がご同様かな」

 

「この辺で消えてくれると嬉しいんだがね、ムウ!」

 

「今のうちに沈んでもらう!」

 

3話

「これほどまでの火力、モビルスーツに持たすとはな…」

 

「ミゲルがこれを持って帰ってくれて助かったよ」

 

「でなければ、いくら言い訳したところで」
「地球軍のモビルスーツ相手に機体を損ねた私は、大笑いされていたかもしれん」

 

「オリジナルのOSについては、君等も既に知っての通りだ」
「なのになぜ、この機体だけがこんなに動けるかは分からん」

 

 

「だが我々がこんなものをこのまま残し」
「放っておくわけにはいかんということはハッキリしている」

 

「捕獲できぬとなれば今ここで破壊する、戦艦もな」
「侮らずにかかれよ」

 

「行かせてやれ」
「かえって面白いかもしれん、地球軍のモビルスーツ同士の戦いというのも」

 

4話

「地球軍の新型兵器を製造していたコロニーの、どこが中立だ?」

 

「住民のほとんどは脱出している、さして問題はないさ」
「”血のバレンタイン”の悲劇に比べれば」

 

「そいつはおとりだな」
「いや、奴等はアルテミスに向かうよ」
「今ので私はいっそう確信した」

 

「(敵が友人?) そっかあ、戦争とは皮肉なものだ」

 

「分かった」
「そういうことなら次の出撃、君は外そう」

 

「そんな相手に銃は向けられまい」
「私も君にそんなことはさせたくない」

 

「君の気持ちは分かる」
「だが、聞き入れない時は?」

 

「先の言葉信じるぞ! アスラン・ザラ」

 

5話

「友軍の艦砲に当たるような間抜けは居ないさ」
「向こうは撃ってくるぞ」

 

7話

「(オーブが抗議?) 問題は…我々にとって何が重要なのかということだ」

 

「しばしの休暇といっても、そうくつろいでいる時間はないぞ」
「おそらくな…」

 

8話

「ラクス・クラインの捜索も無論続けるさ」
「だがたった1人の少女のためにあれを見逃す…というわけにもいくまい」

 

「私も後世、歴史家に笑われたくないしな」

 

9話

「我々は軍人だ、アスラン」
「いくらラクス嬢捜索の任務があるとはいえな」

 

「本命のご登場だ」
「雑魚にあまり時間をかけるなよ!」

 

「(人質?) 格好の悪いことだな」
「援護に来て不利になったらこれか」

 

10話

「やれやれ…小娘1人の命に大騒ぎか…」

 

「チャンスであることも確かさ」
「向こうのパイロットもまだ幼いようだな」

 

「困ったお嬢様だ!」

 

12話

「ストライク…討たねば次に討たれるのは君かもしれんぞ」

 

「知将ハルバートン…そろそろ退場してもらおうか」

 

13話

「戦艦とモビルアーマーでは、もはや我等に勝てぬと知っている」
「よい将だよ」

 

「あれを造らせたのも、彼だということだしな」
「ならばせめて、この戦闘でその自説、証明して差し上げよう」

 

「アスランとニコルは甘いな」
「人を残せば、そいつはまた新たな武器を手に…来るぞ!」

 

19話

「せいぜい思い上がれよ…パトリック・ザラ」

 

30話

「確かに犠牲も大きかったが、それもやむを得ん」
「それほどに強敵だったということだ、君の友人は」

 

「誰かに冒険譚を聞かせたくとも戦後まで待てよ」
「情報というのはどこから漏れるか分かったものではないのでね」

 

32話

「頭を潰した方が、戦いは早く終るのでね」

 

「さて…この舞台の主役、どれほどの大物か見せてもらうぞ」

 

「久しぶりだな、ムウ・ラ・フラガ」
「せっかく会えたのに残念だが、今は貴様に付き合っている時間がなくてね」

 

「ここに居るということは、貴様も地球軍では既に用済みか」
「落ちたものだな、”エンデュミオンの鷹”も」

33話

「生贄はユーラシアの部隊とあれ(アークエンジェル)か」
「いろいろと面白い構図だな、地球軍も」

 

「強固な守り手が立ち塞がるほど、その奥の宝への期待は高まる」
「頑張ってもらいたいものだな、足つきには」

 

「してやられましたな、ナチュラル共に…」
「ふっ」

 

35話

「君は既に死んだ身だよ、フレイ・アルスター」
「あの時私に撃たれていても、あのまま見逃していても、君は死んでいた」

 

「ここで私を撃っても、その直後に君は死ぬ」
「兵に撃たれてね」

 

「気に入らぬといってもあとはその銃口を」
「自分に向けて引き金を引くくらいしか出来ることはないな」

 

「戦場では命など安いものだ、一瞬で失われる」
「だが皆、母国のため、大義のため戦うのだ」

 

「しかし君には似合わんな、そんなことは…」
「軍服は着ていても君は兵士ではない」

 

「ほお、地球軍のモビルスーツ部隊」
「かえってありがたいですな」

 

「虎の子のモビルスーツ、共にグングニールの餌食にして差し上げよう」

 

「さて…新たな舞台の幕開けとなるかな」

 

38話

「銃を撃ち合うばかりが戦争ではないのだよ」

 

「私は鍵を探していた」
「そして拾ったのだ、おそらくな」

 

39話

「さまざまな人間の思惑が絡み合うのが戦争だ」
「何と戦わねばならぬのか…見誤るなよ」

 

「怖がることはない」
「私のそばにいれば安全だよ」

 

「私がちゃんと君を守る」
「だから安心したまえ、フレイ」

 

41話

「物事はそうそう頭の中で引いた図面通りにはいかぬものさ」
「ましてや人が胸の内に秘めた思惑など、容易に分かるものではない」

 

「その(戦争を終わらせる)ための最後の鍵は手にしたが」
「ここにあったのではまだ扉は開かんな」

 

「早く開けてやりたいものだがね」

 

42話

「ほう…今度は貴様がそれ(ストライク)のパイロットか、ムウ・ラ・フラガ!」

 

「ここでこうして貴様と戦えるとはな!」
「私も嬉しいよ、ムウ」

 

「貴様に討たれるならそれもまたとも思ったが…ここで!」

 

「だがどうやら、その器ではないようだ」
「しょせん子は親には勝てぬということかな」

 

「やはり運命は私の味方だ」

 

「今日こそつけるかね? 決着を!」

 

「ならば来たまえ!」
「引導を渡してやるよ、この私がな!」

 

「ここがなんだか知っているかね? ムウ」

 

「罪だな、君が知らないというのは」

 

「殺しはしないさ、せっかくここまでおいで願ったんだ」
「全てを知ってもらうまではね」

 

「君も知りたいだろう?」
「人の飽くなき欲望の果て、進歩の名のもとに狂気の夢を追った」
「愚か者達の話を」

 

「君もまた、その息子なのだからな」

43話

「それでは私のような者でも、つい信じたくなってしまうじゃないか」
「彼等の見た狂気の夢をね!」

 

「何を知ったとて、何を手にしたとて変わらない!」
「最高だな、人は」

 

「そして妬み、憎み、殺し合うのさ!」

 

「ならば存分に殺し合うがいい!」
「それが望みなら!」

 

「私にはあるのだよ!」
「この宇宙で唯1人、全ての人類を裁く権利がな!」

 

「私は、己の死すら金で買えると思い上がった愚か者」
「貴様の父、アル・ダ・フラガの出来損ないのクローンなのだからな」

 

「まもなく最後の扉が開く!」
「私が開く!」

 

「そしてこの世界は終わる、この果てしなき欲望の世界は」

 

「そこであがく思い上がった者達!」
「その望みのままにな!」

 

「もう誰にも止められはしないさ」
「この宇宙を覆う憎しみの渦はな!」

 

「さて、君にも手伝ってもらおう」
「最後の賭けだ…扉が開くかどうかのね」

 

46話

「使ってみせるさ」
「あの男に出来て私に出来ないはずはない」

 

47話

「私の(望み)ではない!」
「これが人の夢、人の望み、人の業!」

 

「他者より強く、他者より先へ、他者より上へ!」

 

「既に遅いさ、ムウ」
「私は結果だよ、だから知る!」

 

「自ら育てた闇に食われて人は滅ぶとな!」

 

48話

「また君か…」
「厄介な奴だよ、君は」

 

「知れば誰もが望むだろう、君のようになりたいと」
「君のようでありたいと!」

 

「故に許されない、君という存在を!」

 

「君の歌は好きだったがね…」
「だが世界は歌のように優しくはない!」

 

「これがさだめさ」
「知りながらも突き進んだ道だろう!」

 

「正義と信じ、分からぬと逃げ、知らず、聞かず!」

 

「その果ての終局だ!」
「もはや止める術(すべ)などない!」

 

「そして滅ぶ」
「人は…滅ぶべくしてな!」

 

「この憎しみの目と心と、引き金を引く指しか持たぬ者達の世界で」
「何を信じる? なぜ信じる?」

 

「(ほかは)知らぬさ!」
「しょせん人は己の知ることしか知らぬ!」

 

「もはや止める術はない!」
「地は焼かれ、涙と悲鳴は新たなる争いののろしとなる!」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

機動戦士ガンダムSEED Blu-ray BOX
コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→機動戦士ガンダムSEEDのインデックス