「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」グラハム・エーカーの名言・台詞まとめ

アニメ「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」グラハム・エーカーの名言・台詞をまとめていきます。

 

機動戦士ガンダム00

2話

「グラハム・エーカー、君の存在に心奪われた男だ!」

 

3話

「まさかな…よもや君に出会えようとは」
「乙女座の私には、センチメンタリズムな運命を感じられずにはいられない」

 

「それにしても若かったな」
「ソレスタルビーイングのパイロットは」

 

「(話した?) まさか」
「モビルスーツの動きに、感情が乗っていたのさ」

 

11話

「モビルスーツの性能差が、勝敗を分かつ絶対条件ではないさ」

 

12話

「あえて言わせてもらおう、グラハム・エーカーであると!」

 

18話

「そんな道理、私の無理でこじ開ける!」

 

「どれほどの性能差であろうと」
「今日の私は、阿修羅すら凌駕する存在だ!」

 

20話

「男の誓いに訂正はない」

 

25話

「やはり私と君は、運命の赤い糸で結ばれていたようだ」
そうだ、戦う運命にあった!」

 

「ようやく理解した」
「君の圧倒的な性能に、私は心を奪われた」

 

「この気持ち、まさしく愛だ!」

 

機動戦士ガンダム00 2期

1話

「そうか、現れてくれたか」
「自分が乙女座であったことを、これほど嬉しく思ったことはない」

 

15話

「邪険にあしらわれるとは…」
「ならば君の視線をくぎづけにする」

 

21話

「そうだとも…」
「もはや愛を超え、憎しみも超越し」
「宿命となった!」

 

「これが私の望む道、修羅の道だ!」

 

劇場版 機動戦士ガンダム00

「頼れる友だ」

 

「弔い合戦だ!」
「全機、フルブラスト!」

 

「ガンダムは撤退をしたか…」
「全機、目標との接触を避けて応戦せよ」

 

「人と人とが分かり合える道を模索し続ける」
「”ELS”にすらそれを行おうとするとは」

 

「”未来を切り開く”…それが君の戦いなのだな、少年」

 

「かつてガンダムを超えようと愚行を繰り返した男だ」

 

「だが、やはりその考えは間違っていた」
「私が超えなければならないのは、この少年だ」

 

「ソルブレイヴス隊に通告する」
「これから出向く戦場では、諸君らの命を懸けてもらうことになる」

 

「だが、あえて言おう…死ぬなよ」

 

「うろたえるな!」
「とはいえ…相手がガンダムタイプとは!」

 

「待ちかねたぞ、少年!」

 

「何を躊躇している!」
「生きるために戦えと言ったのは…君のはずだ!」

 

「たとえ矛盾をはらんでも存在し続ける」
「それが、生きることだと!」

 

「行け、少年! そして未来を切り開け!」

 

「少年!」
「未来への水先案内人は、このグラハム・エーカーが引き受けた!」

 

「これは、死ではない!」
「人類が生きるための!」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

機動戦士ガンダム00 1st&2nd [Blu-ray]
劇場版 機動戦士ガンダム00 [Blu-ray]

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→機動戦士ガンダム00のインデックス

→アニメの名言インデックス
→マンガの名言インデックス
→感想・あらすじのインデックス