「うらみちお兄さん」の名言・台詞まとめ

アニメ「うらみちお兄さん」の名言・台詞をまとめていきます。

うらみちお兄さん

1話

「大丈夫。これ、ただの酒焼け」(表田裏道)

 

「しんどい、つらい、何もしたくないって人?」
「は~い……そっか、お兄さんだけか……」(裏道)

 

「大人だって、時にはシンプルにムカつくという動機で動くのも、心の健康のために必要なことなんだよ」(裏道)

 

「素晴らしい! 良い子のみんなは飲み込みが早いね! 本当は乗り気じゃないことにも、全力で取り組むその姿勢。就活の時とか、絶対に役立つから、大事にしようね!」(裏道)

 

「お兄さんの大好きな良い子っていうのはね、良いパンチを隠し持った強い子の略だからね」(裏道)

 

「人生なんて人それぞれなんだから、毎晩とくに面白くもない深夜ドラマ見ながら、安いカップ酒あおってる独り身のお兄さんを、不幸せと思い込まない方がいいよ」

「勝手な思想は、時として人を殺すんだよ!」(裏道)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「最近、大声出すとさ、何か持っていかれるんだよ」
「生気……」(裏道)

 

「諦めても終わらせてはもらえない試合だってあるんだよ……人生とか、ね」(裏道)

 

「朝が、来てしまった……」(裏道)

 

「明らかにこちらを意識したムカつく様子の奴がいても、構う元気すらない。末期症状だ……とても切なくなってきた」(裏道)

 

「人間って、戦うことを止めた時から、老いていくのだろうと思う」(裏道)

 

「恐れるべきは、感情の起伏が、ワンテンポ遅れるようになってきたこと……」(裏道)

 

2話

「そんなみんなにも、将来どうしても元気が出ない日がきっとあるはずだけど、そんな日に押し付けられる『ボジティブ』という聞こえのいい言葉の皮をかぶった『現実逃避』『責任放棄』、そんなものに惑わされてはいけないよ」(裏道)

 

「何も状況は変わっていないのに、一時的に解き放たれた気分になるあれは……きっと心の防衛本能」(裏道)

 

「はるこちゃん。表づらや面白さだけで、男を選んじゃダメよ!」
「見た目とか愛嬌だとかそんなもの、その魅力に反して将来的には一切、何の役にも立たないの!」

「はるこちゃん、どうか無駄な苦労はしないで!」(多田野詩乃)

 

「1人でいる沈黙に耐えられない時、無い?」(詩乃)
「そんなん毎日ですけど」(裏道)

 

「自分だけが窮屈なのではと感じている、よい子のみんな、大丈夫! 泳ぐ水槽は狭すぎても広すぎても、死んじゃうからね! 世の中が上手く調整してくれてるんだね!」(裏道)

 

「どこも痛くない時の幸せってさ……どこか痛い時にしか気づけないものだよね」(裏道)

3話

「またやるのかな、あのコーナー?」
「不評だといいな」(裏道)
「絵的にはただボール遊びしている変態ですもんね」(蛇賀池照)

 

「世界中で誰よりもよく理解しているはずの自分のことも信用できないのに、他の何者かを信じる余裕なんて、全くない」(裏道)

 

「ふと、俺は何をやっているんだろうとか、こんなことをしている場合なのかとか、何をしていても思う時はある」

「別に俺がどこで何をしていようと、世の中なんにも変わらないし」

「明らかに無駄な時間を消費している最中の罪悪感は、他の誰でもなく、自分に対してのものなのだが、かといって有意義な時間の使い方も分からない」

「なんか、もう生き方が分からない……だったらせめて、この時間だけでも、無駄なままで終わらせたくない……報われたい」(裏道)

 

4話

「よい子のみんなはバイキンダーのように、何かに固執しないとポリシーすら貫けないような腰抜けになってはいけないよ!」

「誰かと張り合うことだけを目標にしてしまったら、その誰か以上のところへは行けないからね」(裏道)

 

「馴れ合ったり孤独を恐れながら、高みを目指すことは出来ないって覚えておこうね!」(裏道)

 

「池照お兄さん。誰かのためになんて、頑張ろうとしなくていいんだよ」(裏道)

 

「何でそんなに結婚にこだわるかって? 何で結婚しないのって、聞かれ続けるのが苦痛になってきたから」(詩乃)

 

5話

「よい子のみんなも、二日酔いと寝不足のダブルコンボには、十分気をつけようね」(裏道)

 

「悩みってさ……いつのまにか漠然とした不安に変わってるんだよな」(裏道)

 

「俺、この公演が無事に終わったら、有給取るんだ」(池照)
「現実見ろよ。有給みたいなシステムがそもそもねえよ」(裏道)

 

「他人に干渉することだけを優しさと呼ぶのなら、よい子のみんなは、無理に優しい人になろうとしなくていいと思うよ!」(裏道)

6話

「今日は比較的、気持ちが穏やかだ。なぜかというと、明日から2連休だから」(裏道)

 

「(予定は)大有りだよ。休息という、何よりも大事な予定がね」(裏道)

 

「ほら、女子達を見習って無理やり楽しまないと。レッツ接待」(熊谷みつ夫)

 

「バレてた?」
「はしゃいでないとやってらんなくて……」(詩乃)

 

7話

「許されることなら、この世の全てを切り刻みたい。だけどポイントは法に触れないラインまで。この自制心と理性まで切り刻んでしまった時……それが、僕の破滅の時です!」(池照)

 

「他人からの期待を上手く消化できない真面目な善人は、プレッシャーに押し潰されて、おかしくなっちゃうことがあるんだよ!」(裏道)

 

「みんな、誰かのために生きようとしちゃダメ。お姉さんみたいになるわよ」(詩乃)

 

「人より出来るのってもちろんいいことだけどさ、出来ない方が気楽に生きられることだって、たくさんあるんだよ」(裏道)

 

8話

「お兄さんくらいの年になるとさ、思わず限界を超えて、ぶっ倒れたりしないようにかな、一日のさ、テンションの割り振りって決まってくるものなんだけど……」

「その機能が時々、バグる……」(裏道)

 

「こんな純粋無垢で心やさしい子達が、将来パチンコで散財したり、合コンで振られて酔いつぶれた挙げ句、道端で居眠って職質されたりするかもしれないんだと思うと……」

「涙が……」(裏道)

 

「理屈とか正論とか、社会において何の役にも立たないですよね」(熊谷)

 

「会社勤めもガールズバー勤めも、忖度なしではまともに成り立たないのか?」
「会社の理不尽に屈指なければ、またはクソ客のクソ話にも面白がるふりをしなければ、生きてはいけないのか?」(熊谷)

 

「よい子のみんなが、これから知っていく難しい言葉のほとんどはね、上手に言い訳するためにあるんじゃないかなって、お兄さんはたまに思うよ」(裏道)

 

「人はどうしても、一度だけしか生きられないし、間違いかどうかも分からないことも、間違えたと思い込んでしまったりするけど……」

「最終的に少しでも幸せだと思えるなら、きっと間違ってなんかいないんだよね」(裏道)

 

「誰かのために生きることは出来なくても、誰かのせいにしない生き方を選べたら、素敵だね」(裏道)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

10話

「池照お兄さん、今は危険だわ! ポテンシャルだけで無茶するのは!」(詩乃)

 

「ハラスメントは、独り歩きどころか何かもう、そこらじゅうを全力疾走してる感じだよね」(裏道)

 

「人を傷つけるって、自分自身も傷つけることだから、それさえ知ってれば、その時が来た時、自分でも考えられるんじゃないかな」(裏道)

 

11話

「人生においても、危険運転する人は必ずいるんだけど、そういう人の道を正そうとしても、ケガするだけだからね!」

「善意や親切心は、受け取れる状態だけの相手だけに使うようにしようね!」(裏道)

 

「よい子のみんなが今持っている夢は、抱え続けるのも、どこかに置いて行くのもいいことだと、お兄さんは思うよ」(裏道)

 

12話

「(悪化するのが)怖くないのか? 何もかもお終いになるかもしれないんだぞ」(裏道)

 

「この人には体操しか無いのかもしれない? 不器用な笑顔を見て、ふとそう思った」(兎原跳吉)

 

「俺は真面目じゃないよ。真面目って人にいわれたことをやるだけとは違うだろ」(裏道)

 

13話

「なんか今日は最終回っぽいイベントが起こりそうで、全然起こらないな」
「でもまあ、気づきにくいけど、何も変わらない日常が幸せってことだよ」(裏道)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
うらみちお兄さん 1巻 (Kindle)

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました