「進撃の巨人」イェレナの名言・台詞まとめ

アニメ「進撃の巨人」イェレナの名言・台詞をまとめていきます。

進撃の巨人 The Final Season

68話(9話)

「ハンジさん、お招きいただき光栄です。お茶、しましょう」
「会いたかったよ、エレン」

 

「諜報などと、呼べるような代物ではありません。マーレに故郷を奪われ、兵士として徴用された我々は、とても非力で……あの大国に抗う気概は、失われつつありました」

「彼に、導かれるまでは。マーレや世界の人々が、悪魔と呼んで恐れる巨人、私には全く別のものに見えた。神です」

「無力な私達に、希望を見せてくれました。私達は、ジーク・イェーガーの命を受け上官を撃った、反マーレ義勇兵です。その目的は、全エルディア人の解放!」

 

「でも海の向こうにいる人達は、敵だけじゃなかった。そして、世界はずっと複雑で、知らないことだらけだった」

 

「この3年間、エルディア人の友人であることを証明してきたつもりでしたが、残念です。私達が持ち込んだこの銃は、エルディア人に自由をもたらす銃なのに」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

71話(12話)

「私は思っていた、あなた方は世界を知らない。このまま議論を先送りにし続けていけば、手遅れになると」

 

「ピクシス司令、今我々が目にしているものが何かお分かりですか? 我々は、歴史が変わる瞬間に立ち会っているのです。2人の兄弟によって、世界は生まれ変わります」

「私はそれを、彼等の近くで見ていたいだけなのです」

 

75話(16話)

「味方になることを拒んだのは、あなた方ではございませんでしたか?」

 

「全てが遅い、ジークは十分あなた達を待った。その慈悲に対し、あなた達は寝首をかこうと応じた。ジークは世界を救う神でありますので、罰が下ることでしょう」

 

「万全、絶対、そんなもの、どこの国にも存在しません。どの国も様々な問題を抱えています」

「ただ一つ確かなものは、強大なる巨人の驚異、血と涙の歴史に、終止符を打つ者が存在したという真実です」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

→進撃の巨人
→進撃の巨人(2期)
→進撃の巨人(3期)
→進撃の巨人(4期)
→進撃の巨人(エレン)
→進撃の巨人(ミカサ)
→進撃の巨人(アルミン)
→進撃の巨人(リヴァイ)
→進撃の巨人(エルヴィン)
→進撃の巨人(ハンジ)
→進撃の巨人(ライナー)
→進撃の巨人(ベルトルト)
→進撃の巨人(アニ)
→進撃の巨人(ジャン)
→進撃の巨人(コニー)
→進撃の巨人(サシャ)
→進撃の巨人(クリスタ)
→進撃の巨人(ユミル)
→進撃の巨人(ピクシス)
→進撃の巨人(ハンネス)
→進撃の巨人(リコ)
→進撃の巨人(ペトラ)
→進撃の巨人(ガビ&ファルコ)
→進撃の巨人(ジーク&ピーク)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました