「かげきしょうじょ!!」の名言・台詞まとめました

アニメ「かげきしょうじょ!!」の名言・台詞をまとめていきます。

かげきしょうじょ!!

1話

「受かった。これで二次も受かったら、2年間は、男のいない生活!」(奈良田愛)

 

「おばあちゃん、心配しないで下さいね。せっかく女の子に生まれたのだから、さらさは精一杯がんばろうと思いますよ!」(渡辺さらさ)

 

「日本全国から1135人。一次を突破したのは、彼女たち200人。壮観だよね、ここから勝ち残れるのは、たったの40人」(奈良田太一)

「合格したら、悪夢のようなヒエラルキー社会の始まりなのにな」(安道守)

 

「別に、何を言われたって私は平気。ずっと前から、何も感じない訓練をしてきたんだもの……平気」(愛)

 

「確かに規格外ですよ。けど、創立100年目の100期生ですから、先生方も冒険してみちゃいかがですかね?」(安道)

 

「最後は君だ。でけえな、おい?」(穴井一尉)
「ひどいセクハラですね?」(さらさ)

 

「待って下さい! 不意打ちとは卑怯なりです!」
「これなら、一歩も動きませんよ!」(さらさ)

 

「(自衛隊には)入りません。さらさは紅華で、オスカル様になるのです!」(さらさ)

 

「分かってんのか!? オスカルになるってことはな、紅華歌劇団のトップに君臨するってことだ!」(安道)

「そうなんですね! ではなります! さらさはトップになりますよ!」(さらさ)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

2話

「問題児の渡辺さんは?」(杉本紗和)
「起きませんでした」(愛)

 

「いいえ、自衛隊よりもずっと怖い人達よ」(紗和)

 

「予想通りうざい子」(野島聖)
「組んだ相手次第で予科生活が地獄になるのにね」(中山リサ)

 

「先輩は、私押しじゃないですよね?」(愛)

 

「役を争う戦争は、歌劇団に入ってからじゃない。ここに入学した時からもう始まっているの!」(聖)

 

「なれないよ!」
「あんたはオスカルに、絶対なれない!」(リサ)

 

「だって、この子がオスカルをやるには背が高すぎる。この子以上に身長の高いアンドレ役が現れない限り、不可能」(リサ)

 

「女の集団で孤立するのは致命的よ、って本当のこと言ったら、この子どうなっちゃうのかな?」(リサ)

 

「それだけですか?」
「じゃあさらさは、その伝説を覆します!」(さらさ)

 

「さらさが男の子だったら無理かもですが、せっかく女の子に生まれて、選ばれてここに入学できたんですから、絶対なれると同様に、絶対なれないなんてないと思うんです!」

「なのでさらさは、そんなフワッとした伝説になんて負けません!」(さらさ)

 

「そんなの、誰がいつ、どんな風に花開くかなんて、まだ誰も分からないじゃん」(リサ)

 

「けどお前達の道はたった二つ、伸るか反るか、続けるか辞めるかだ」(安道)

 

「トップになるのに必要なものは、努力、才能、生まれ持ったスター性。そして……チャンスを引き寄せる強運」(安道)

 

「渡辺さらさの舞台映えは、圧倒的だった……」(愛)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

3話

「興味なんかじゃないよ。あの人、無理やり私の視界に入ってくるから目障りなのよ、イラッとする」(愛)

「違うよ。それはきっと、愛の目が渡辺さんを追ってるんだ」(太一)

 

「太一は分かってない」
「あの人の、うだるようなウザさを」(愛)

 

「いい。あんた達のお客さんは、絶対的に女の方が多いの。女の審美眼は厳しいんだよ。ファンが紅華に求める、それは夢の世界、手の届かない美しさ」(橘)

 

4話

「愛はね、いつからか、いろんなことを自ら諦めて、自分の感情を外に出すのを止めてしまったんだ。今はただ、自分にとって楽な居場所を探し求めてる感じかな」(太一)

 

「なんだかもったいないです。だってさらさは、愛ちゃんを初めて見た時、不思議の国へ迷い込んだのかと思ったんです」

「さすがは紅華だと、舞台の真ん中に立つのは、きっとこういう人なんだって。さらさは、愛ちゃんと、この人と一緒の舞台に立ちたいと強く思ったんです!」(さらさ)

 

「でも、思いや願いは必ず叶うものではないので、もしかしたら見守るだけの、永遠の片思いになってしまうかもしれないけど、僕はそれはそれで美しいことだと思います」(白川煌三郎)

 

「違うの……ごめんなさい……」
「ありがとう……これが今の、私の精一杯なの……」(愛)

 

「ねえ、忘れたいのに、忘れられない嫌な思い出は、どうしたらいいの?」(愛)

「さらさはまだ15年しか生きていないので、まだまだ修行中の身ですが、忘れることは出来なくても、毎日楽しいことや夢中になれることを、新しく思い出にして、何度も何度も上書きしていって包み込んで行けば、少しずつ薄くなっていくのではないかと思ったりします」(さらさ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
かげきしょうじょ!! 1-11巻セット (コミック)

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました