「映画 この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説」の名言・台詞まとめ

アニメ「映画 この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説」の名言・台詞をまとめていきます。

映画 この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説

「0点だよ……」(佐藤和真、カズマ)
「はぁ!? 少なく見積もっても120点でしたよ、今日の爆裂は!」(めぐみん)

 

「ねえ、借金また増えちゃったんじゃない? どうすんのよ!? もうバイトは嫌なの!!」(アクア)

 

「全てをイラつかせるアークプリースト、全てをパーにするアークウィザード、全て生臭いクルセイダー。頼りにならない仲間と共に俺の冒険は今、クライマックス!」(カズマ)

 

「アニメやゲームの主人公なら、そろそろモテモテになってもいい頃なのに……」(カズマ)

 

「私……私、カズマさんの子供が欲しい!」(ゆんゆん)
「モテ期、入りました!」(カズマ)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「どうしたというのです、ゆんゆん」(めぐみん)
「これがどんな男か知っているのか!?」(ダスティネス・フォード・ララティーナ、ダクネス)
「正気に戻って下さい」(めぐみん)

 

「私とカズマさんが子供を作らないと世界が、魔王が!?」(ゆんゆん)

 

「そうかそうか世界が、大丈夫だ。世界も魔王も俺に任せとけ。俺とゆんゆんが子作りすれば、魔王がどうにかなり世界が救われるっていうんだな?」

「困っている人の頼みを断る訳がないじゃないか」(カズマ)

 

「せっかくやってきたモテ期なんだよ!? 邪魔すんな」(カズマ)
「逆ギレ……知り合いが変な男に引っかかろうとしてたなら、口の一つも出しますよ!」(めぐみん)

 

「ねぇ、そんなの困るんですけど? 私そんなの困るんですけど!? 私としてはそんな悠長なこと言ってないで、とっとと魔王を倒して欲しいんですけど!?」

「カズマの子供が大きくなるまで待てっていうの!? 3年くらいでまからない? まからないならその占いは無かったことにしてちょうだい!」(アクア)

 

「お、お前という奴は、普段は優柔不断なくせに、今日はどうしてそんなに男らしいのだ!?」(ダクネス)

 

「我々は、魔王も恐れる紅魔族ですよ。里のみんながそうやすやすとやられるとは思えません」

「それに、族長の娘であるゆんゆんがいる以上、紅魔の里に何かあっても、血が絶えることだけはありません。なのでこう考えればいいのです」

「里のみんなは、いつまでも私達の心の中に、と」(めぐみん)

 

「何よ、お客様は神様でしょ!? 私は本物の神様だけど。神様相手にふさわしい態度を示しなさいよね!」(アクア)

 

「待て、オークといえば女騎士の天敵だ。性欲絶倫で、女と見るや即座に襲いかかるあのオークのオスが!?」(ダクネス)
「もういません」(めぐみん)

 

「紅魔の里近くに住むオーク達、ご近所のよしみで、今回は見逃してあげるわ。さあ、立ち去りなさい!」(ゆんゆん)

 

「先程はよくもネタ魔法と言ってくれましたね? ネタ魔法の破壊力を久しぶりに見せつけてあげます」

「エクスプローーージョン!!」(めぐみん)

 

「見ましたか、我が奥義・爆裂魔法を! さあこれでもネタ魔法と言いますか? どうですカズマ、今の爆裂魔法は何点です・か!?」(めぐみん)

 

「3億と屋敷の話をした途端、待遇がよくなってしまった……でもまぁ、里の方も問題なさそうだし、めぐみんが回復したら変な騒動になる前にすぐ帰ろう」(カズマ)

 

「まずは布団に入って落ち着こうか……」
「そうじゃない!? なんて狡猾な罠だろう! 俺は無意識の内にめぐみんの隣に添い寝していた!?」(カズマ)

 

「痴漢冤罪みたいなもんだ。何もしていないのにそんな展開が予想できるというなら……逆転の発想として、冤罪ではなくしてしまうことにしよう」(カズマ)

 

「おい、俺が何かするような奴だと思うのか? 今まで何も無かったんだぞ」(カズマ)

「そうですね、ごめんなさい。起きたらこんなことになっていたのでちょっと混乱してしまいました。カズマはこんな時、何かをしてくるような人ではないですもんね」(めぐみん)

 

「紅魔の里の魅力が分かった所で、更にとっておきの場所に案内してあげます!」
「ようこそ、我が魔法学園・レッドプリズンへ!」(めぐみん)

 

「カズマは学校のことになると途端に辛辣よね。馴染めなかった古傷が痛むのね」(アクア)

 

「何だこの女は!? いったい何がしたいんだ!?」(シルビア)
「私の目が黒い内は、ここは通さぬ!」(ダクネス)

 

「カズマ、もう来てしまったのか!? 期待のオークがメスしかいないと聞いてがっくりきていた所に、魔王軍の幹部は女ときた。どうなっているのだ今回の旅は!?」(ダクネス)

 

「この男、土壇場でヘタレましたよ」(めぐみん)

 

「お礼ですか……そうですね」

「あの時、路頭に迷っていた爆裂魔法しか使えない魔法使いを拾ってくれて、ありがとう」
「魔法を使って動けなくなると、いつも背負って帰ってくれて、ありがとう」

「いつも迷惑ばかりかけているのに、パーティーに残らせてくれて、ありがとう」

「お礼を言っただけですよ。自分でお礼を言えといっといて、何を照れているのですか?」(めぐみん)

 

「まあ、何だかんだいいながら、お前らにも助けられてるからな。お前ら風にいうと……」

「我が名は、佐藤和真。アクセル随一の最弱職にして、やっかいごとばかり巻き込まれる者。やがて大金を手にし、お前らと面白おかしく暮らす予定の者!」(カズマ)

 

「今後ともよろしく頼むよ」(カズマ)
「こちらこそ、今後ともよろしくです」(めぐみん)

 

「先程の感謝の気持ちを返して下さい!」
「先程のいい雰囲気を返して欲しいですよ!」(めぐみん)

 

「やっぱりダクネスに、本気でそんなことが出来そうな展開になると、冗談でごまかそうとするヘタレ、と言われるだけはありますね」(めぐみん)

 

「美女だからって手加減してもらえると思うなよ! 俺は真の男女平等の名の元に、相手がクソ女ならドロップキックだってかませる男だぁぁぁーーー!!!」(カズマ)

 

「ちゅんちゅん丸です」
「その刀はちゅんちゅん丸だと言いました。そんなグラムとかいうどこの馬の骨とも分からない魔剣と一緒にしないで下さい!」(めぐみん)

 

「待て! 人質ならこの私が!?」(ダクネス)

 

「ここ最近の俺は一体どうしたのだろう? ゆんゆんに子作りしようと言われた所から始まり、オークにめぐみんにシルビア、オークは罰ゲームのたぐいだが……」

「それにしたっておつりが来るレベルの幸運だ。やはりモテ期到来なのだろうか? それとも、俺の唯一の取り柄の高い幸運が火を吹いたのだろうか?」(カズマ)

 

「あなた、人としてそれでいいの?」(シルビア)

 

「安心しろ、お前の家族は私が守る。それが騎士の役割だろ?」(ダクネス)

 

「悪くない。むしろこんな展開、嫌いじゃない」(あるえ)

 

「ねえ、勝手に盛り上がってるけど、私そんな危ないことしたくないんですけど!? 私の仕事は安全な所からの支援なんですけど!?」(アクア)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「友達を、見捨てられないから」(ゆんゆん)

 

「我が名はゆんゆん! アークウィザードにして、上級魔法を操る者! 紅魔族随一の魔法使いにして、やがてこの里の長となる者!」(ゆんゆん)

 

「赤き瞳は、決して邪悪を許しはしない!」
「それが、赤の宿命!!」(ゆんゆん)

 

「スコープセット! 間に合った、これで終わらせてやる!!」(カズマ)

 

「真打ち登場!!」
「我が名はめぐみん。我は至高にして全能の支配者。その天なる力の高みより命ずる者なり!」(めぐみん)
「そんなネタ魔法止めなさい! 年頃の娘がはしたない!」(ゆいゆい)

 

「来るべし、来るべし! 炎の軍勢よ、我が求めに応じ、その力を示せ!」
「エクスプロォォォーーージョン!!!」(めぐみん)

 

「シルビア! 俺の名前を覚えとけ! あの世に行ったら、他の幹部達によろしくな!」
「俺の名は!」(カズマ)

 

「我が名はこめっこ! 紅魔族随一の魔性の妹、魔王軍の幹部より強き者!」(こめっこ)

 

「悲惨な戦いだったわ。私はもう二度と人を傷つけないと誓うわ」(アクア)
「おい止めろよ。そういうフラグみたいなこと言うの!」(カズマ)

 

「ちょっと! カズマの小狡いパテントでたっぷり贅沢させてもらえるんじゃなかったの!?」(アクア)

 

「ねえ、よく分からないけど、カズマのせいでまた失敗したのね! 嫌よ、馬小屋暮らしに戻るのは!」(アクア)

 

「こっからが、本当の戦いだぜ!」(カズマ)

 

「カズマさんとの付き合いも長いけど、ホント無茶するわね」(アクア)
「大丈夫さ。俺には女神がついてるんだろ? ありったけのやつ頼んだぜ、相棒!」(カズマ)

 

「めぐみん。カズマさんは、めぐみんの爆裂魔法を信じてる。そうじゃなきゃ、こんな作戦立てないよ」
「めぐみんはもう、爆裂魔法を信じてないの?」(ゆんゆん)

 

「我が名はゆんゆん。紅魔族随一にして、最高の魔法使い!」(ゆんゆん)

「我が名はめぐみん。紅魔族随一にして、最強の魔法使い!」
「ゆんゆんがあの時、私に爆裂魔法への道を行かせてくれたから、今日の私がいるのです!」(めぐみん)

「めぐみんがいてくれたから、ライバルとして今日までこれた!」
「ライト・オブ・セイバァァァーーー!!!」(ゆんゆん)

「吹けよ嵐! 響けよ爆炎! 爆裂魔法はロマンなんです! どんな不可能も可能にする、最強の魔法なんです! エクスプロォォォーーージョン!!!」(めぐみん)

 

「カズマが心のバリアを破ったわ」(アクア)

 

「これが俺の、モテ期だぁぁぁーーー!!!」(カズマ)

 

「すごくひどいことをお願いしてもいいですか? これからは足手まといにならない魔法使いになります」(めぐみん)

「俺に上級魔法取得のボタンを押してくれって?」
「ロマンとやらはどうしたんだよ?」(カズマ)

「卒業です。爆裂魔法は封印するんです。紅魔族随一の魔法の使い手、上級魔法を操る者! 今後はこれでいくとします」

「上級魔法を使えるようになれば、ゆんゆんよりも潜在魔力が高い私の方が、絶対に紅魔族随一です。ゆんゆんに、紅魔族一の使い手の座は渡しませんよ」(めぐみん)

「アホだなぁ」(カズマ)

 

「なぁ、めぐみん。ちょっと一発撃ってくれよ」
「今日はまだ一日一爆裂やってないだろ?」(カズマ)

「いいでしょう! 私の最後の爆裂魔法、それはもう凄いのをお見せしようではないですか!」(めぐみん)

 

「さよなら、エクスプロォォォーーージョン!!!」

 

「我が名はめぐみん! アークウィザードにして、爆裂魔法を操る者! アクセル随一の魔法の使い手にして、いつか、爆裂魔法を極める者!!」(めぐみん)

 

「優秀な魔法使いを欲しいかって? 魔王軍の幹部相手に爆裂魔法一つで翻弄したり撃退したり、こんな魔法使いが他にいるというなら連れて来い」(カズマ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
映画 この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説 [Blu-ray]

 

→この素晴らしい世界に祝福を!
→この素晴らしい世界に祝福を!2

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました