「約束のネバーランド」ソンジュ&ムジカの名言・台詞まとめ

アニメ「約束のネバーランド」ソンジュ(黒色)&ムジカ(青色)の名言・台詞をまとめていきます。

約束のネバーランド(2期)

1話

「よかった、薬草がちゃんと効いたのね。でも無理は禁物、また倒れたら大変よ。よく逃げて来たわね、あの農園から。ここにいれば安全よ」

 

「向こうにいるわ。ちょうど食事の支度が出来たの、行きましょう」

 

2話

「おい、ムジカ、行き過ぎだ。また道、間違えただろ?」
「それで迎えに来てくれたの。タイミング最悪よ、そんなもの持ってきて」

「バカ言え。向こうのちびっ子が間違って触ったらあぶないだろうが」
「こいつらどうした、顔色悪いぜ?」

 

「鬼、ねえ……そう呼ばれた頃もあったな」

 

「怖がらせてしまってごめんなさい。でも、あなた達に危害を加えるつもりは無いの」

「私はムジカ、こっちはソンジュ、私達は人間を食べない。だからあなた達のことも食べるつもりは無いのよ、安心して」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「みんな、(食事は)行き渡ったわね」
「御恵み、清き糧、今この幸いを祝わん。天と地、命に感謝し」
「いただきます」(ソンジュ&ムジカ)

 

「気にするな、お前達の警戒は正しい。鬼にとって人肉は特別、ことに脳はな。ほとんどの鬼は人間と見りゃ、つば垂らしてかぶりつく。全部敵だと思うくらいがいい」

 

「信仰のためさ。信仰のために人間を食わないと決めている。ただし人間だけ……人間以外は何でも食うがね」

「俺達はいわゆる社会の異端者。農園、彼等の利益や権威なぞ、一切知ったこっちゃないのさ」

 

「俺がお前達を助けたのは単純な興味。こうして久々に、人間と話をしてみたかったからだよ。きょうび生きた人間なんて、農園の内側くらいでしかお目にかかれないからな」

 

「何も起きていない」
「30年という数字が、どこから出てきたかは知らんが、世界はもうずっと昔からこのままだ」

 

「ここは地球で、今は紛れもなく2046年、人間の暦の一つでな。一つ昔話をしよう」

「かつて世界は今よりずっと広かった。その広大な世界で、鬼はあまたいる人間を狩り食らい暮らしていた」

「食う者と、食われる者、鬼を恐れひれ伏す人間もいれば、憎み逆に狩り殺す人間がいた。彼等はやがて食われるよりも多くの鬼を殺し、鬼もまた人間を憎むようになった」

 

「終わらない殺し合い、果てのない恐怖、互いに嫌気がさしたころ、人間側から一つの提案が持ち出された」

「約束をかわそう。人間は鬼を狩らない、だから鬼も人間を狩らない、お互い世界を住み分けよう。全ての始まりはこの、約束だ」

「これにより世界は二つに切り分けられ断絶した。ここはその時分かれた鬼側の世界」
「約束からおよそ1000年、世界の姿はほぼ変わらない」

 

「取り決めから1000年、二つの世界を行き来した者はいない」

 

「明日からは、この森の抜け道を教えよう。出口まで無事送る」

 

「その間、少しだが覚えるといい」
「俺とムジカで教えよう。この外の世界を生き抜く、最低限の知識と、技術を」

 

「問題は追手だ」
「それでいい、常に気配を探れ。敵が潜んでいないか、いたらどう逃げるか?」

 

「戦わなければ守れない。仲間も、お前自身も」

 

「上手く仕留めた。次は儀程(グプナ)だ」
「気をつけて持て。ヴィダという吸血植物だ。これを獲物の胸に刺せ。」

「神に糧を捧げる。神が受け取ったら花が開く。そしたらその肉は食べてもいい、それがグプナ、俺達の伝統的な肉の屠り方だ。これは血抜きも兼ねている、やると肉が長く持つ」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

3話

「確かに、この千年で私達はだいぶ無秩序な姿になってしまった」

「私ね、人間を見たのも、人間と話をしたのも、エマ達が初めてだったの。敵でも食糧でもない、他のどの生き物とも違った」

「エマ達と出会えて、話が出来てよかった。友達になれてよかった」

 

「万が一、鬼に出くわしたら、逃げろ。どうしても逃げられない時は、奴等の顔の中心、目を狙え」

 

「元気でね。みんな、どうか元気で」

 

「これはお守り。持っておいて、きっとあなた達を守ってくれる」
「時々は思い出してね、私達のこと」

 

「えらく情が移ったな、ムジカ」
「ソンジュこそ、あの子達は脱走者よ。農園に突き出せば半年は楽に暮らせるわ」
「あいつらは農園には渡さない」

 

「どうして? 好奇心でだなんて嘘なんでしょ? なぜあの子達を助けたの?」
「そりゃ、いい子達だったろ」

 

「そりゃそうさ、あいつらは最高級品。最上級農園の脳味噌だぞ」
「勘違いするな、あいつらを食べはしないよ。でも」

「もしあいつらが農園の外で増えりゃ、この世代以降は全て野生の人間、天然物だ。そうして天然物が増えれば、いずれそいつらを食える」

 

「ソンジュは人間を食べたいのね?」

「ああ。原初信仰の教義上、狩猟という形で神が創り出した命をいただくのなら、神への反逆には当たらない。天然物なら俺は食うぜ。ああ、もう一度食いてえな、腹いっぱい人間をよ」

 

11話

「私も、エマみたいに世界を変えたい。私の持つ血の意味を、ずっと考えていたけれど、エマ達に出会って、ようやく分かったわ。この世界を変えるためだって」

「だからもし、エマ達が残るなら、私も力になりたい」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
約束のネバーランド 全20巻セット (コミック)

 

→約束のネバーランド
→約束のネバーランド(2期)
→約束のネバーランド(エマ)
→約束のネバーランド(ノーマン)
→約束のネバーランド(レイ)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました