「ハイキュー!!」西谷夕(にしのやゆう)の名言・台詞まとめ

アニメ「ハイキュー!!」西谷夕(にしのやゆう)の名言・台詞をまとめていきます。

 

ハイキュー!!

8話

「いや、俺が烏野に来たのは…女子の制服が好みだったからだ、すごく!」
「もちろん、女子自体も期待を裏切らなかった」

 

「それになんつっても…男子が学ランだからだ!」
「黒のな!」

 

「うるせえ! 根性なしは根性なしだ!」
「旭さんが戻んないなら、俺も戻んねえ!」

 

「俺の仕事は、ただひたすらつなぐこと」
「空はスパイカー達の領域で、俺はそこで戦えないけど…」

 

「つなげば…つないでさえいれば、きっとエースが決めてくれる」

 

「壁に跳ね返されたボールも、今度こそつないでみせるから」
「だからもう1回…もう1回トスを呼んでくれ、エース!」

 

「だからよ、要するによ…」
「(レシーブは)サッと行って、スッてやって、ポン…だよ」

 

「エース? その身長で?」
「いいな、お前!」

 

「だよなあ! かっこいいからやりてえんだよな!」
「いいぞいいぞ! なれなれ! エースなれ!」

 

「エースって響きがもうかっこいいもんな」
「セッターとかリベロは、パッと見地味だもんなあ」

 

 

「けどよ…試合中、会場が一番ワッっと盛り上がるのは…」
「どんなすげえスパイクより、スーパーレシーブが出た時だぜ」

 

「高さ勝負のバレーボールで、リベロはちっちぇえ選手が生き残る」
「数少ないポジションなのかもしんねえ」

 

「けど俺は、この身長だからリベロやってるわけじゃねえ」
「たとえ身長が2メートルあったって、俺はリベロをやる」

 

「スパイクが打てなくても、ブロックが出来なくても」
「ボールが床に落ちさえしなければ、バレーボールは負けない」

 

「そんでそれが一番できるのは…リベロだ!」

 

「お前のおとりのおかげで誰かのスパイクが決まるなら…」
「お前のポジションだって重要さは変わんねえ」

 

「すみません。俺、練習試合出ません」
「俺もここで練習したい」

 

「けど俺も試合に出てこのチームで勝ったら」
「旭さんいなくても勝てるって証明になるみたいで…嫌です」

 

9話

「(何やってた?) う~ん、主にブロックフォローだな」
「ブロックされたボールを拾いまくる特訓」

 

「なかなか上手く出来ねえんだけど、ブロックフォローがちゃんと出来れば」
「お前らももっと安心してスパイク打てるだろ」

 

「俺がつないだボールを、あんたが勝手に諦めんなよ!」

 

「俺はリベロだ! 守備の要でチームの要だ!」
「けど…俺に点は稼げない…俺は攻撃が出来ない」

 

「でも、どんなにスパイクが決まんなくたって、責めるつもりなんか微塵もねえ」
「だけど、勝手に諦めんのは許さねえよ」

 

「(打ちたい?) それならいいです…それが聞ければ十分です」

 

11話

「半径500メートル以内に潔子さんがいる空間は、むさ苦しくねえんだよ!」

 

「強い方がコートに立つ!」
「これ当然です!」

 

「(オレンジ?) そりゃお前、俺は主役だからな!」

 

15話

「旭さん、俺も伊達工すげえ気になります」
「負けるつもりはないです、勝つことだけ考えてます」

 

「だからこそ…今は目の前の相手に集中しましょう」

 

16話

「よっしゃ! 心配することなんかなんもねえ!」
「みんな、前だけ見てけよ!」
「背中は…俺が守ってやるぜ」

 

20話

「1人サーブがすごい奴がいるとか、セッターが万能とか」
「それだけでずっと4強でいられるとは思えねえ」

 

「気抜いたら持ってかれる、気張るぜ!」

 

22話

「これはたくらんでる顔じゃなくて笑顔だぞ、多分」

 

23話

「野郎共ビビるなぁ!」
「前のめりで行くぜ!」

 

OAD

「難しいから、血が騒ぐんだろ!」

 

セカンドシーズン(2期)

1話

「今度は俺が守り勝~つ!」

 

10話

「ダメなもんはダメって言わないとダメっすよ、旭さ~ん!」

 

13話

「翔陽、空中戦だけがバレーボールじゃないぜ」

 

15話

「潔子さん…よく分かんないけど、俺等のことも叱ってもらえませんか」

 

烏野高校 VS 白鳥沢学園高校(3期)

1話

「いいか龍、想像してみろ」
「決勝戦、相手は白鳥沢」
「これだけの観客の中、活躍したらどうなると思う?」

 

「出たな、(ウシワカの)左」

 

2話

「3本ください」
「必ず、(ウシワカのスパイクに)慣れてみせます」

 

「白鳥沢にウシワカあり」
「なら…烏野には、俺ありっすから!」

 

「来い…来い…来い…来い来い、俺に来い!」
「さっ、来~い!」

 

5話

「バレーでデカい奴が有利なのはどうあがいても事実」
「そんで今、ここに奴よりデカい奴はいない」

 

「でもリベロには関係ない」
「唯一奴と対等なのは、俺なんです!」

 

9話

「(サンキュー?) 烏野には俺ありっすから!」
「でも、俺にも出来ないことがある」

 

「だから無理を承知で言います」
「太ももがはち切れようとも、空中戦は頼みます!」

 

TO THE TOP(4期)

1話

「やっぱ常に上に跳んでる奴は違うぜ」
「スパイク打つ時って、ボールに合わせようとするのが普通でしょ?」

 

「でも、翔陽は影山が絶対ボールを持ってくるって確信してるから」
「常に高く跳ぶことが最優先なんす」

 

「フォームとか助走とかそれって、ジャンプ力を伸ばす1つの要因だと思うんすよね」

 

8話

「俺もアンダーで全部取れるなら、それでいいと思ったし、出来ると思ってたんだよ」

 

「でも…もっと上がいる」
「選択肢が増えるって分かっててやんないなんて、つまんねえよ」

 

20話

「足が床に張り付く…自分の反応がいつもより遅いと分かる」
「そうか…俺は今、怖いと思っている」

 

21話

「宮侑のサーブの時、足が床に張り付いて、なんか懐かしい気がしたんです」
「”怖い”って思うことが」

 

「でも、じいちゃんが言ったんすよ」
「”怖がるのはもったいねえ”って」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 
 
 
アマゾンリンク
ハイキュー!! 全45巻セット (コミック)

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→ハイキュー!!のインデックス