「コードギアス 反逆のルルーシュ」ルルーシュ・ランペルージの名言・台詞まとめました

アニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ」ルルーシュ・ランペルージの名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
コードギアス 反逆のルルーシュ Blu-ray BOX

コードギアス 反逆のルルーシュ

1話

「それにぬるいんだよ貴族って。特権に寄生しているだけだからな」

 

「所詮、自己満足。どれだけ背伸びしたって、どうせ、世界は変わらない」

 

「王様から動かないと、部下が着いて来ないだろ」

 

「何だこれは? スザクも、この子も? そして終わるのか、俺も? 何一つ出来ないまま、あっさりと? ナナリー!」

 

「いいだろう。結ぶぞ、その契約!」

 

「どうした、撃たないのか? 相手は学生だぞ。それとも気づいたか。撃っていいのは、撃たれる覚悟がある奴だけだと」

 

「ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる。きさま達は、死ね!」

 

「あの日から、俺はずっと嘘をついていた、生きてるって嘘を」

「名前も嘘、経歴も嘘、嘘ばっかりだ。まったく変わらない世界に飽き飽きして、でも嘘って絶望で諦めることも出来なくて。だけど手にいれた、力を。だから!?」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

2話

「俺を巻き込んだ借りを返してもらおうか」

 

「(私が)誰でもいい。勝ちたければ、俺を信じろ!」

 

「私を信じたからには勝たせてやる」

 

「以外と疲れる。しかし、やりとげる決意が必要だ。これは命を賭けたゲームなんだからな」

 

「識別信号は諸刃の剣だ。それに、テロリスト共が俺の指示に従うのなら、条件はクリアしたも同然」

 

「何だ? もっとも愚かな手を打ったな」

 

「これで、チェックだ!」

 

「学ばないとな。実戦の要は人間か」

 

「戦闘中に人助けとは? ふん。戦術的勝利なんかはいくらでもくれてやる。しかし!?」

 

「戻ってまいりました、殿下。全てを変えるために」

 

3話

「なら知っていることを話せ。俺の前では、誰も嘘はつけない」

 

「しかし……綺麗事で世界は、変えられないから」

 

「そうだ。俺達には選択できる未来が限られている」
「作らねば。ナナリーだけでも幸せなに過ごせる世界を」

 

「大丈夫、俺は嘘をつかないよ。お前にだけは……」

 

4話

「違うな。テロでは、ブリタニアは倒せないぞ」
「テロでは、子供っぽい嫌がらせに過ぎない」

 

「相手を間違えるな。敵はブリタニア人ではない、ブリタニアだ!」
「やるなら戦争だ! 民間人を巻き込むな! 覚悟を決めろ! 正義を行え!」

 

「分かった、見せよう。ただし、見せるのは顔では無い、力だ。不可能を可能にして見せれば、少しは信じられるだろう」

 

「そうだ。引き返すべき道は、いらない!」

 

「奴等のやり口は分かったろう、枢木一等兵。ブリタニアは腐っている。君が世界を変えたいなら、私の仲間になれ」

 

「これは戦争だ。敵将を討ち取るのに、理由がいるか?」

 

「交渉ごとにブラフは付き物。結果的には、誰も死んでいない」

 

5話

「答えたくなければ答えなければいい。私のようにな」

 

「同志とか言いたがる連中ほど、疑惑というトゲで簡単に分裂するものだからな」

 

「いや、この騒ぎは手段に過ぎないよ。世界は、もっと大きな混乱に叩き込まれる」

 

「相手は、世界の3分の1以上を占める帝国だ。慎重すぎるってことは無い」

 

「簡単だ。誰かが勝てば、戦いは終わる」

 
スポンサーリンク
→Amazon端末ならFireタブレット
→Amazon Fire TV Stick(テレビで映画)

6話

「あいつ(スザク)は大丈夫だ。その……友達、なんだ」

 

7話

「そうだ、弱者は全て失い這いつくばる。ブリタニアってのはそういう国だ、そういう世界だ」

 

「だとしたら、ナナリーはどうなる? 弱いから諦めなくてはならないのか? 俺だけは絶対に認めない! そんな世界は、俺が消し去ってや……」

 

「俺は、お前に会うまでずっと死んでいた。無力な屍のくせに、生きてるって嘘をついて。何もしない人生なんて、ただ生きてるだけの命なんて、緩やかな死と同じだ」

「また昔みたいになるくらいなら」

 

「同じだ。クロヴィスがコーネリアになっても、ブリタニアは変わらない」

 

「制圧された? こんな簡単に……ゲームにすらなっていないぞ!?」

 

「これが組織? 違い過ぎる……」

 

「だったらそろえてやるさ。ブリタニアに負けない俺の軍を、人を、国を!」

 

8話

「違う! 私達はレジスタンスでは無い」
「私達が目指すもの、それは、正義の味方だ!」

 

「コーネリア、どちらを選ぶ? 死んだクロヴィスと、生きているユーフェミアを?」

 

「日本解放戦線が私を同志として受け入れるか、それとも邪魔者として扱うか? いずれにせよ、ゼロに会いたいという誘惑、この心の動きに勝てるはずが無い」

 

「人々よ、我等を恐れ、求めるがいい! 我等の名は、『黒の騎士団』」

 

「私は戦いを否定しない。しかし、強い者が弱い者を一方的に殺すことは、断じて許さない!」
「撃っていいのは、撃たれる覚悟のある奴だけだ!!」

 

「力ある者よ、我を恐れよ! 力なき者よ、我を求めよ! 世界は、我々黒の騎士団が、裁く!!」

 

10話

「思ったより簡単だったよ。ブリタニアは嫌いだが、テロという手段には賛成できない。それが大多数のイレブンの意見だからな」

 

「日本人ってやつはスタンピードに弱いからな。肯定できる隙間さえ作ってやれば」
「みんな大好きだろ、正義の味方は」

 

「紅蓮弐式はカレン、君のものだ」
「君がエース・パイロットだ。私は指揮官、無頼は使うが戦闘の切り札は君だけだ。それに、君には戦う理由がある」

 

「扇、私を信用できないか?」
「なら答えは一つだ」

 

「これで我々が勝ったら奇跡だな」
「メシアでさえ奇跡を起こさなければ認めてもらえなかった。だとすれば、我々にも奇跡が必要だろ」

 

「既に退路は断たれた。この私抜きで勝てると思うのなら、誰でもいい、私を撃て!」

 

「黒の騎士団に参加したからには、選択肢は二つしかない。私と生きるか、私と死ぬかだ!」

 

「さすがはコーネリア、理にかなった布陣だ。しかし、優れているがゆえに読みやすい。お前の位置すらもな」

 

「背水の陣と逆落とし。古典的戦法がこんなに有効だとはな」

 

「条件は全てクリアされた、駒もそろった。後は相手の本陣にチェックをかけるだけだ」

 

11話

「そうだ動け! この戦いに生き残れば、お前達は戦士になれる。その先にこそ!」

 

「だから、一度しか言わないぞ。ありがとう」

 

12話

「誓うよ、俺は変わらない。何があろうと、いつまでもお前のそばにいるよ、ナナリー」

 

「必要だ。シーツー、お前が」

 

「ぬるいな。それに、やり方も考え方も古い。だから、あなた方は勝てないのだ!」

 

「(望みは)ブリタニアの崩壊を」
「出来る! なぜならば、私にはそれをなさねばならぬ理由があるからだ」

 

「それ(修羅の道)が、我が運命ならば」

 
スポンサーリンク
→アフィリエイトを始めるならA8.net
→アニメ好き異性との出会い【ヲタ婚】

13話

「流した血を無駄にしないためにも、さらなる血を流してみせる。だが強制はしない。カレン、引き返すなら今だ」

 

「結果は全てにおいて優先する」

 

14話

「忘れるんだ、嫌なことは全て忘れてしまえばいい」
「出来る。俺が全部忘れさせてやる!」

 

「亡くしてから、初めて分かることってあるんですね」
「自分がどれだけ、彼女の笑顔に救われてきたかって。もうあんな風に口喧嘩することも、笑いあうことも出来ないんだなって」

 

「今は、(好きだったかも)もう分かりません」

 

15話

「シーツー、俺はギアスに負けたりはしない。この力を支配して使いこなしてみせる。この世界を変えてみせる」

「俺の願いもお前の願いも、まとめて叶えてみせる。奴に果たせなかった契約を、俺は実現してやる。だから」

 

17話

「物語は必要だからな。日本にも、ブリタニアにも」

 

「ならばその命、私がもらおう」

 

「あれ(厳島の奇跡)は奇跡では無い。情報収集を踏まえた、戦術的成功だ。だからお前が欲しい!」

 

「甘えるな!」
「お前は責任を取らなければならない。奇跡の責任を!」

 

「足掻け、藤堂! 最後までみっともなく足掻いて、そして死んでいけ! 奇跡の藤堂という名前がズタボロになるまで」

 

「民衆のためにこそそれが必要だ。もっとも、私は正夢にしてしまうだろうがな」

 

18話

「必要なのは、結果を出せる能力だ。人種も、過去も、手段も関係ない!」

 

「部下に死を命じるのか!?」

 

「その方が楽だからな、人に従ってる方が! お前自身はどうなんだ!?」

 

19話

「スザク、すまない。お前にだけは使うつもりは無かったのだが」
「生きろ!!」

 

20話

「では聞こう!? お前達は、誰かがブリタニアを倒してくれるのを待つつもりか? 誰かが自分の代わりにやってくれる、待っていればいつかはチャンスが来る」

「甘えるな! 自らが動かない限り、そんないつかは絶対に来ない!」

 

「我ら黒の騎士団は、不当な暴力を振るう者全ての敵だ」

 

21話

「なんて気楽なんだ。ミスした所で誰が死ぬ訳では無いってのは」

 

「止めろ、ユフィ。そのケースは考えた。しかし、それはただの夢物語だ!」

 

「やられた。これではどちらを選んでも、黒の騎士団は潰れてしまう。存在意義が無くなる。まさか、こんな手でいとも簡単に……」

「そうやって君は何もかも手に入れる気か? 俺達の居場所すらまとめて」

 

22話

「人は理屈では無く、奇跡に弱いものなんだよ」

 

「しかし、無茶なやり方なのに、結局全てを手に入れてしまう。考えてみれば、君はいつも副総督や皇女殿下である前に、ただのユフィだったな」

 

「分かっていて俺は契約した。これがやばい力ということくらい……なのに!?」

 

23話

「さようなら、ユフィ。多分、初恋だった……」

 

「私は今ここに、ブリタニアからの独立を宣言する。だがそれは、かつての日本の復活を意味しない。歴史の針を戻す愚を、私は犯さない」

「我等がこれから創る新しい日本は、あらゆる人種・歴史・主義を受け入れる広さと、強者が弱者を虐げない、矜持を持つ国家だ。その名は、合衆国日本!」

 

「それは頼もしい。しかし残念ながら、私は既に悪魔と契約してしまった。今さら神とは仲良く出来ませんよ」

 

「聞くがよいブリタニアよ、我が名はゼロ。力ある者に対する、反逆者である!」

 

「スザク、俺の手はとっくに汚れてるんだよ。それでも向かってくるなら構わない、歓迎してやるさ。俺達は友達だからな」

 

「あの日から、俺はずっと望んでいたのかもしれない、あらゆる破壊と喪失。そう、創造の前には破壊が必要だ。そのために心が邪魔になるのなら、消し去ってしまえばいい」

「そうだ、俺はもう進むしかない。だから!」

 

24話

「コーネリア。正面からの戦いにとらわれた、お前の負けだ」

 

「偽善なる遊びに付き合う暇は無い。さらばだ、枢木スザク」

 

25話

「違うな、オレンジ君。もう当たっている」
「潰れろ、古き者よ」

 

「取り返す。誰が相手だろうと、ナナリーを!」

 

「1人じゃ無いだろ。俺達は共犯者、お前が魔女ならば、俺が魔王になればいいだけだ」

 

「そうだ、俺がゼロだ。黒の騎士団を率い、神聖ブリタニア帝国に挑み、そして世界を手に入れる男だ」

 

「バカめ。理想だけで世界が動くものか!」

 
 
管理人の別サイトに興味がありましたら
→本の名言サイト
→ユーチューブ(名言セリフの部屋)

コードギアス 反逆のルルーシュ R2(2期)

1話

「無力が悪だと言うのなら、力は正義なのか? 復讐は悪だろうか? 友情は正義たりうるだろうか?」

 

「あの日から、俺の心には納得が無かった。噛み合わない偽物の日常、ズレた時間。別の記憶を植え付けられた、家畜の人生。しかし、真実は俺を求め続けて……」

「そう。間違っていたのは俺じゃない、世界の方だ!」

 

「世界は変わる、変えられる」

 

「いいだろう。何故ならば、私はゼロ。世界を壊し、世界を想像する男だ!」

 

2話

「君の心は君自身のものだ。ゼロへの忠誠も、憧れも全て」
「カレン、誇りに思っていい。君が決めたんだ、君が選んだんだ、この、私を」

 

「カラレス総督が出てきたのだろう、脱出は難しい。だから……私の勝ちだ」

 

「違うな! 間違っているぞ、卜部。切り捨てるという発想だけでは、ブリタニアには勝てない」

 

「ふざけるな……スザクじゃあるまいし? 戦略が戦術に潰されてたまるものか!」

 

「脱出ルートを絞ったのが過ちだったな。君の居場所を教えているようなものじゃないか」

 

「日本人、私は帰って来た!」

 

「聞け、ブリタニアよ! 刮目せよ、力を持つ全ての者達よ! 私は悲しい。戦争と差別、振りかざされる、強者の悪。間違ったまま垂れ流される、悲劇と喜劇」

「世界は、何一つ変わっていない。だから、私は復活せねばならなかった。強き者が、弱き者を虐げ続ける限り、私はあらがい続ける!」

 

「私は、ここに合衆国日本の建国を、再び宣言する!」
「人種も主義も、宗教も問わない。国民たる資格はただ一つ、正義を行うことだ!」

 

3話

「相手は実の子供ですら道具として使う男だ。俺の記憶が、俺がゼロに戻ったと知られたら、ナナリーが危ない。下手には動けない」

「欺くんだ、俺を監視している連中を。それから……」

 

「俺のせいだ……俺のせいでシャーリーは記憶を!?」
「会長もリヴァルも記憶を、勝ってに作り変えられて。いつまでもこのままじゃいけない。全てが終わったら、きっと君を……」

 

「パニックというのは、こうやって作るんだよ」

 

4話

「ナナリーがいるべき所を奪い取った偽物め。さんざん使い倒して、ボロ雑巾のように捨ててやる」

 

5話

「諦めろ。学校ではこの人(会長)がルールだ」

 

6話

「戦う? ナナリーと? それは何の冗談だ?」

 

「このままでは、昔のように、ナナリーがまた政治の道具に?」
「そうさせないために俺は行動を起こした! そのための黒の騎士団だ! ナナリーのためのゼロなんだ!」

 

「俺はナナリーが幸せに過ごせる世界を作る。そのためにもブリタニアを破壊する!!」

 

7話

「ナナリーが望む世界、ナナリーが選ぶ明日。しかし、それには俺が、ゼロが邪魔だ」

 

「ナナリーの身の安全は保障されている。ブリタニアの正規軍と、スザクがいる。最悪の敵だが、それだけに信じられる」

 

8話

「そうだな。戦術目標は変わったが、戦略目的は同じだ」

 

「ゼロの真贋は中身では無く、その行動によって測られる」

 

「最悪の敵だからこそ、俺にはよく分かる。そして、これはナナリーのことを理解しているからこそ出来た判断でもある。だから、今は感謝しよう、枢木スザク」

「そして忘れるな、あの約束を」

 

9話

「(ディートハルトは)逆に読みやすくなった。あの男は、ゼロという記号を神にしようとしている。行動はそこから推測できるだろう」

 

10話

「星刻に教えてやれ。戦略と戦術の違いを!」

 

「ディートハルト、仕掛けの準備は?」
「全てそろった。最高のステージじゃないか!」

 

「勝ってみせる。この絶望的な状況からでも!」

 

11話

「いいや。戦局を左右するのは戦術ではなく、戦略だ!」

 

「天子よ! あなたの未来は、あなた自身のものだ!」
「力の源は心にある。大宦官たちに対して決起した人々と、私たち黒の騎士団も、心の力で戦ってきた」

 

13話

「ダメだ、離さない!」
「俺はもう……俺はもう失いたくないんだ! 何一つ、失いたくない、シャーリー」

 

14話

「これが王の力だというのなら、力ある者は1人で十分だ。ロロはもちろん、ギアスという力、罪、存在そのものを、この世界から消してやる!」

 

「もう遅い! すでにこれは俺とお前との戦争となった!!」

 

15話

「そんな顔で死ぬな!? 最後ぐらい笑って死ね!! 必ず俺が笑わせてやる、だから!!!」

 

16話

「姉上。俺はただ、妹を助けたいだけなんです」

 

17話

「そうだ、全ての罪は俺にある。だが、ナナリーは関係ない!」

 

「奇跡なんて無い。全ては計算と演出、ゼロという仮面は記号なんだ。嘘をつくための装置にすぎない」

 

「残念ですが兄上、私はもう信じることは止めたのです。友情は裏切られたから」

 

「そうだ、俺が間違っていた。情けなどに頼ろうとしたのがいけなかったんだ。冷徹・非情、自らを完全な状態に置かねば、ナナリーは取り返せないんだ!」

 

19話

「カレン、君は生きろ」

 

「ああ、そうだよ。お前の兄は、嘘つきなんだ」

 

「ナナリー、ロロ、シャーリー、黒の騎士団、俺は全てを失った。これが残された結果、いや報いか?」

「でも、だからこそ、ありがとうロロ。お前がつないだこの命、俺にはまだ、なさねばならないことがあったんだよな。そう、俺には!」

 

「我が父、シャルル・ジ・ブリタニアよ。俺の地獄への道行きには、お前も一緒に来てもらう。それが!!」

 

20話

「止められるものなら止めてみよ。我が絶望に、敵う者がいるのなら!」

 

「違うな。間違っているぞ、シャルル・ジ・ブリタニア。決着をつけるべきは神では無い。この、俺だ!」

 

21話

「俺はお前を、お前の考えを認めない。人はなぜ嘘をつくのか? それは何かと争うためだけじゃない、何かを求めるからだ」

「ありのままでいい世界とは、変化が無い、生きると言わない、思い出の世界に等しい、完結した閉じた世界。俺は嫌だな」

 

「やはりそうか。お前達はそれをいいことだと思っている。しかし、それは押し付けた善意だ。悪意となんら代わりが無い」

「そんな(分かる)時は来ない!」

 

「違う!! お前達が言っているのは自分に優しい世界だ! でも、ナナリーが望んだのはきっと、他人に優しくなれる世界なんだ!」

 

「勝ち負けじゃ無い! これは願いだ!!」

 

「それでも俺は、明日が欲しい!!」

 

「お前達は知っているのか? ナナリーの笑顔の意味を?」

「なぜ分からないんだ? ナナリーは目も見えず、歩くことも出来なかった。だから、世の中には自分1人では出来ないこともあるって知っていたんだよ」

「ナナリーは……ナナリーの笑顔は、せめてもの感謝の気持ちなんだ!」

「それを嘘だとは言わせない! 言わせてなるものか!!」

「現実を見ることも無く、高みに立って俺達を楽しげに観察して……ふざけるな! 事実は一つだけだ。お前たち親は、俺とナナリーを捨てたんだよ!!!」

 

「だとしても、お前の世界は俺が否定する。消え失せろ!!」

 

22話

「だがらこそ分からせる必要がある。血統書や過去の栄光にすがる、愚かさと浅ましさを」

 

「序の口だよまだ。これから俺は、多くの血を流す。虐殺皇女の名前が霞み、人々の記憶から消え去るほどに」

 

「ユフィだけじゃない、ナナリーも、俺達は失った、失い過ぎた。それでも明日を迎えるためには、まず世界征服から」

 

「ああ、ゼロレクイエムのために」

 

「世界を統べる資格とは何ですか?」
「壊す覚悟!」「世界を、自分自身すら!!」

 

23話

「お前のため? 我が妹ながらずうずうしいことだ」

「人からお恵みをいただくことが当たり前だと考えているのか? 自らは手を汚さず、他人の行動だけを責める。お前は俺が否定した古い貴族そのものだな」

「誰のためでも無い。俺は、俺自身のために世界を手に入れる。お前がシュナイゼルと手を組み、我が覇道の前に立ちはだかるというのなら容赦はしない。叩き潰すだけだ」

 

「もう、(ナナリーも)特別扱いは出来ない。消えていった数多の命のためにも、俺達は止まる訳にはいかないんだ」

 

「黒の騎士団。敵に回すとこれほど厄介な相手だったか?」

 

24話

「(フレイヤによって)戦術が意味をなさない」

 

「らしくないな、魔女のくせに。シーツー、お前がくれたギアスが、お前がいてくれたから、俺は歩き出すことができたんだ。そこから先のことは、全て俺の」

 

「策では無い。俺が読んだのはあなたの本質だ」

 

「やはりあなたは優秀だよ、優秀すぎるが故に見えていない。そう、皇帝シャルルは昨日を求めた、あなたは今日を、だが俺は明日が欲しい」

 

「俺の存在を否定する権利は、お前には無い」

 

25話

「いやダメだ。ナナリーの意思まで捻じ曲げたら、俺は!?」

 

「ナナリー。お前はもう立派に自分の考えで生きている。だからこそ俺も、俺の道を進むことが出来る」

 

「なあスザク。願いとは、ギアスに似ていないか? 自分の力だけでは叶わないことも、誰かに求める」

「そう、俺は人々の、願いという名のギアスにかかる。世界の明日のために」

 

「これは、お前にとっても罰だ。お前は、正義の味方として、仮面をかぶり続ける。枢木スザクとして生きることは、もう無い。人並みの幸せも、全て世界にささげてもらう、永遠に」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
コードギアス 反逆のルルーシュ Blu-ray BOX
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 Blu-ray BOX

 

→コードギアス 反逆のルルーシュ
→コードギアス 反逆のルルーシュ R2
→(劇場版)コードギアス 反逆のルルーシュ
→コードギアス(スザク)
→コードギアス(C.C.)
→コードギアス(カレン)
→コードギアス(ナナリー)
→コードギアス(シャルル)
→コードギアス(シュナイゼル)
→コードギアス(コーネリア&ユーフェミア)
→コードギアス(ミレイ&シャーリー)
→コードギアス(藤堂&星刻)
→コードギアス(ディートハルト)
→コードギアス(ロイド&セシル)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました