「文豪ストレイドッグス」中島敦の名言・台詞まとめました

アニメ「文豪ストレイドッグス」中島敦の名言・台詞をまとめていきます。

文豪ストレイドッグス

1話

「しかし、もはや生きたければ、盗むか、奪うしかない」

 

8話

「その時、唐突にあるアイデアが浮かんだ。馬鹿げたアイデアだ。でも頭から離れない」

「もし僕が、ここにいる乗客を、彼らを救い、無事家に帰せたら、そうしたら……僕は、生きていてもいいってことにならないだろうか?」

 

10話

「勝負だ、芥川!」

 

「お前の言う通りだ、僕は弱い。けど一つだけ長所がある」
「お前を倒せる!」

 

「誰かに生きる価値があるかどうかを、お前が決めるな!?」

「どうして彼女に、もっと違う言葉を掛けてやれなかったんだ。人は誰かに生きていいよと言われなくちゃ、生きていけないんだ。そんな簡単なことが、どうして分からないんだ!!」

 

12話

「君は思い違いをしている。僕は強くも人気者でも無い。むしろ生きることはずっと呪いだった。だから他人をねたみ恨む気持ちはよく分かる」

「本当は君にこの作戦を失敗して欲しくない。居場所を失って欲しくない。でも、僕は弱くて未熟だから他に方法が思いつかない」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

文豪ストレイドッグス 2nd SEASON

20話

「でも孤独は、僕達を永遠に支配する王様では無かった。孤独は、時に消え時に現れるただのおぼろ雲だ。地上にも僕達と同じ傷を抱えた人がたくさんいる」

「その人達を見捨てれば、君は……君は過去の自分も見捨てることになる。それでもいいのかい?」

 

「昔、私は自分のしたことについて後悔したことは無かった。しなかったことについてのみ、いつも後悔を感じていた」

 

「頭は間違うことがあっても、血は間違わない」

 

23話

「何が強者だ!? 金や異能力は、地上の街を吹っ飛ばすためにあるんじゃない! 人の強さは、悲しみの縁でもがく人に差し伸べるためにあるんだ!」

 

文豪ストレイドッグス 3rd SEASON

36話

「まずい。人の顔色をうかがって生きてきた僕には、ささやかな特技がある」
「絶対に触れてはならない部分に触れられた人間の、スイッチの切り替わる音が聞こえるのだ」

 

「助けなきゃいけないと思うから」
「正しいことをなすべきだから」

 

37話

「分かった、でも条件がある。6ヶ月間、お前は誰も殺すな。そうすれば単純な事実に気づくはずだ」
「太宰さんに認められるために必要なもの、弱さと強さは見た目通りじゃ無いこと、本当はお前の方が、僕の前にいることに」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
文豪ストレイドッグス 第1巻 [Blu-ray]

 

→文豪ストレイドッグス
→文豪ストレイドッグス(2期)
→文豪ストレイドッグス(3期)
→文豪ストレイドッグス(太宰治)
→文豪ストレイドッグス(国木田独歩)
→文豪ストレイドッグス(江戸川乱歩)
→文豪ストレイドッグス(与謝野晶子)
→文豪ストレイドッグス(福沢諭吉)
→文豪ストレイドッグス(泉鏡花&尾崎紅葉)
→文豪ストレイドッグス(谷崎潤一郎&宮沢賢治)
→文豪ストレイドッグス(芥川龍之介)
→文豪ストレイドッグス(中原中也)
→文豪ストレイドッグス(森鴎外)
→文豪ストレイドッグス(織田作之助&坂口安吾)
→文豪ストレイドッグス(フランシス・F)
→文豪ストレイドッグス(フョードル・D)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました