「ありふれた職業で世界最強」南雲ハジメの名言・台詞まとめ

アニメ「ありふれた職業で世界最強」南雲ハジメの名言・台詞をまとめていきます。

ありふれた職業で世界最強

1話

「どうやら僕には……ありふれた才能しか、無いみたいだ」

 

「餌だ……狩られるだけの獲物なんだ、僕も」

 

「僕の左手!? 僕の腕を食べたぁぁぁーーー!!!」

 

「こんな絶望しか無い所で、俺は何を望んでる? 生きて帰ること、家へ。それを邪魔する者は全て敵! そうだ……邪魔する者、理不尽をしいる全てを、俺は……殺す!」

 

「黙って俺の糧になれ!」

 

「あの化け物に、借りを返しに行くか」

 

「そうだ、俺は敵だ! ただ狩られるだけの獲物じゃねえぞ!?」

 

「帰る。絶対に生きて帰るんだ。それを邪魔する者は誰であろうと、どんな存在だろうと、必ず、殺す!」

 

2話

「悪いな。空気を読んで2体そろうのを待ってやるほど、できた敵じゃないんでね!」

 

3話

「そこまで落ちてねえよ。ひどい裏切りを受けたはずのお前が、俺に身を託すっていうんだ。答えなきゃ、男がすたる」

 

「気にするなよ、もうクラスメイトのことはどうでもいいんだ。復讐するつもりも無いしな」
「そんなことより、生きる術を磨くこと、故郷に帰る方法を探すこと。それに全力をそそがないとな」

 

「いいのか? マジで助かるわ!」

 

4話

「いいか、奴を殺して生き残る。そして地上に出て、故郷に帰るんだ。一緒にな!」

 

5話

「前にも言ったが、俺はこの世界がどうなろうと、知ったことじゃない。故郷に帰る、それだけだ」

 

「俺がユエを、ユエが俺を守る。それで俺達は最強だ」
「そして全てをなぎ倒して、2人で世界を越えよう!」

 

6話

「よく寝ぼけたことが言えるな!? お前より遥かにレベルの高いユエの前で!?」

 

7話

「存分に食らって死ね!」

 

8話

「俺はあんた達に興味が無い。関わりたいとも関わって欲しいとも思わない。いちいち今までのこととか、これからのこととかを報告するつもりも無い」

「あんたらがどこで何をしようと勝手だが、俺の邪魔だけはしないでくれ。さっきみたいに敵意を持たれちゃ、つい殺しちまいそうになる」

 

9話

「生き残ったことを喜んで何が悪い? その願いも感情も、当然にして自然にして必然だ! お前は人間として、極めて正しい」

 

「死んだ奴等のことが気になるのなら、生き続けろ! これから先は、あがいてあがいて生き続けろ!」
「そうすりゃ、いつかは今日生き残った意味があったって、そう思える日が来る、かもしんねえだろ?」

 

11話

「まぁ、どんな奴等が現れても、俺がぶっ殺してやるけどな」
「ああ。たとえ神であろうともだ」

 

「俺も行く。奴等はもう、俺の敵だからな!」

 

13話

「地獄に踏み入れたのは、お前の足だったようだな」

 

「敵だというなら、俺は神だって殺す。だが、その神に踊らされている程度の奴じゃ、俺には届かない」

 

ありふれた職業で世界最強(2期)

1話

「敵は全て殺す。たとえそれが……神だとしても」

 

2話

「たっぷり感謝してくれ。決してこの巨大な恩を忘れないようにな」

 

3話

「質問する前に、まず名乗ったらどうだ?」
「魔神族は、礼儀ってもんを知らないのか?」

 

「テンプレだから聞いてみただけだ。俺も興味ないし気にするな」

 

「それは俺の台詞だ」
「俺の前に立ちはだかったお前は敵だ。敵は全て殺す!」

 

「何勝ったこと前提で話してんだ?」
「俺はまだまだ戦えるぞ」

 

「俺は何も諦めていない」
「だが、1人じゃ無理なんだ。だからお前の力を貸して欲しい」

 

5話

「落ち込んでいる暇があったら、行動を起こせ。ここは大迷宮だぞ」

 

6話

「俺の大切に手を出したんだ。楽に消滅なんてさせない。あらゆる手段を尽くして、消えないようにしてやる」

 

8話

「犯罪者を見たらアクセルを踏め、教習所で習うことだろ?」

 

「やるからには容赦しない、奴等は皆殺しにする。慈悲なんてものは無い」

 

「まあ……先生を助ける過程で、その異変の原因が立ちはだかれば、相手が誰だろうがぶっ飛ばすけどな」

 

9話

「やれるものならやってみろ……神の木偶が!」

 

10話

「イレギュラーの牙も、なかなか悪くはなかったろ?」

 

11話

「てめえの気持ちだの動機だの、そんなくだらないことを聞く気はないんだよ」
「もう何もないなら……死ね」

 

「人のせいにするな。お前が堕ちたのはお前のせいだ。自分で何かを背負うことがないお前は、生粋の負け犬だ」

 

「(魔物の中で)生き残れるか、試してみな」

 

「俺がいつ、王国やらこいつらの味方だなんて言った?」
「戦争したきゃ勝手にやってろ。ただし、俺の邪魔をするなら、この通り全て消し飛ばす」
「失せろ」

 

12話

「先生には罪悪感をいだいて欲しい。その重さを背負っていて欲しい」
「正しく戦い、正しく背負って、正しく苦悩し、正しく弱音を吐く。とても人間らしくて、少し眩しく見える」

「俺にはもう感じることのないものだから」

 

「まぁ、どうしても苦しくて苦しくて折れてしまいそうな時は……他に誰もいなくて困り果てていたなら……背中ぐらい貸そう」

 

「力があるなら、か……そんなだから、いつもお前は肝心なところで地面に這いつくばることになるんだよ」

 

「力があるから何かをなすんじゃない。何かをなしたいから力を求め使うんだ」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
ありふれた職業で世界最強 1-9巻セット (コミック)

 

→ありふれた職業で世界最強
→ありふれた職業で世界最強(2期)

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました