「天気の子」の名言まとめました

アニメ「天気の子」の名言をまとめていきます。

天気の子

「あの景色、あの日見たことは全部夢だったんじゃないかと、今では思う。でも夢じゃないんだ。あの夏の日、あの空の上で僕達は、世界の形を、変えてしまったんだ」(森嶋帆高)

 

「東京ってこえぇな」(帆高)

 

「ねえ、今から晴れるよ」(天野陽菜)

 

「君だんだん圭ちゃんに似てきたよ。つまんない大人になりそ」(須賀夏美)

 

「なんだか、息苦しくて。地元も、親も……」(帆高)

 

「ただの空模様に、こんなにも気持ちは動くんだ。人の心は空につながっているんだと、僕は、初めて知った」(帆高)

 

「私、好きだな、この仕事、晴れ女の仕事。私ね、自分の役割みたいなものが、やっと分かった、ような気が、しなくもなくもなくもなくもなくもなくもない」

「だから……ありがとう、帆高」(陽菜)

「ただの、やはり物事には代償がある。天気の巫女には、悲しい運命があっての……」(神主)

 

「私は、早く大人になりたいです」(陽菜)

 

「もう大人になれよ、少年」(須賀圭介)

 

「人間、歳とるとさ、大事なものの順番を入れ替えられなくなるんだよな」(須賀)

 

「もしも、神様がいるのならば、お願いです、もう十分です、もう大丈夫です。僕達は何とかやっていけます。だから、これ以上僕達に何も足さず、僕達から何も引かないで下さい」

「神様、お願いです。僕達を、ずっと、このままでいさせて下さい」(帆高)

 

「人柱なんだって、私。夏美さんが教えてくれたの、晴れ女の運命。晴れ女は人柱になって消えることで、狂った天気を元に戻るんだって」(陽菜)

 

「どこ見てんのよ?」(陽菜)

 

「どうして君が泣くかな。晴れを願うほどね、身体が透明になってくの。このまま私が死んじゃったらさ、きっと、いつもの夏が戻ってくるよ。凪をよろしくね」(陽菜)

 

「でも、君が私の意味を見つけてくれて。誰かを笑顔に出来るのが嬉しくて、私は晴れ女を続けたの。君に会えてよかった」

「だから、泣かないで、帆高」(陽菜)

 

「もう二度と、晴れなくたっていい! 青空よりも、俺は陽菜がいい。天気なんて、狂ったままでいいんだ!」(帆高)

 

「まあ気にすんなよ、青年。世界なんてさ、どうせもともと狂ってんだから」(須賀)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
「天気の子」Blu-ray

 

→君の名は。
→秒速5センチメートル
→言の葉の庭
→赤髪の白雪姫
→暗殺教室
→色づく世界の明日から
→冴えない彼女の育てかた
→ささやくように恋を唄う
→涼宮ハルヒの憂鬱
→青春ブタ野郎はバニーガール先輩の
→宇宙よりも遠い場所
→とある魔術の禁書目録
→とある科学の超電磁砲
→とある科学の一方通行
→泣きたい私は猫をかぶる
→氷菓
→フルーツバスケット
→魔法科高校の劣等生
→やがて君になる
→やはり俺の青春ラブコメはまちがっている
→ようこそ実力至上主義の教室へ
→ReLIFE
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました