「Fate(フェイト)」モードレッドの名言まとめました

アニメ「Fate/Apocrypha(フェイト・アポクリファ)」モードレッドの名言をまとめていきます。

Fate/Apocrypha

1話

「仕置の時間だ。まがいものにふさわしい最後を遂げるがよい」

 

2話

「次に俺を女と呼べば、俺は自分を制御できん。分かったか?」

 

「ああ、俺は円卓の騎士なんかに収まる器じゃない。このモードレッドこそが、かの騎士王の唯一にして正当なる後継者」

 

「当然だろ。俺は父上を超える唯一の騎士だからな」

6話

「あいにくと、こいつは俺のマスターでね」

 

「ぬかせ、アサシン風情が。貴様など英雄ではない、ただの殺人鬼だろうが」

 

「終わりだ、アサシン。今の内に思う存分、泣き叫べ。首をはねられりゃ、悲鳴もあげられなくなるってもんだ」

 

9話

「やれやれ。俺抜きで開戦するとは、ふざけているにも程がある。まあいい、主役は遅れて登場する。王は戦場に悠々と参陣するのが世の道理だ」

 

13話

「バカか、てめえ! 俺のマスターをたぶらかそうとした時点でな、問答無用で敵なんだよ!」

 

19話

「だったら分かっただろ。人間は人間、状況次第で善にも悪にもなる畜生共だ。所詮は少しばかり賢いだけの獣に過ぎん」

「我欲にかられ行動するくせに、受けた恩は忘れ、恨みはいつまでも忘れない。守ってやる価値など銅貨1枚も無い」

 

「そんなこと俺にだって分かるわけねえだろ。正しい選択かどうかなんて関係ない。俺は俺のやりたいようにやる、それだけだ。その責任は取るけどな」

 

「俺は王になるべき存在だ。王が民草と共に泣き、笑えば救えるのか? そうじゃねえだろ」

 

23話

「当たり前だ。王を倒すのはいつだって反逆者って決まってるからな」

 

「俺は、王にならなきゃいけないと思っていた。だが、良き王になって何をしたいのか、それだけが分からねえ」

 

「俺の望み……俺の望みは、一体なんだっけ?」

 

「そうか、簡単なことだった。俺の望みは、王になることじゃなかった。俺は、父上の孤独を癒したかっただけだ」

「笑えず泣けないあの方に、俺が王になれば苦しまなくていいと思い込んでいた。俺はあの人が捨ててしまったものを拾っていれば、ただそれだけでよかったんだよ」

 

「俺は、ここが終点で構わない」
「どうだ、いいサーヴァントだったろ、俺」

 

「だけどようやく分かった。父上は、星に輝く宝石を求めたんじゃない。道端に転がる石を慈しむために、王になったんだ」

「だから俺は、先帝の剣なんて夢はもう見ない。もう、必要ないんだ」

 

「楽しかったぜ、マスター。父上の最後も、きっと……」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Fate/Apocrypha Blu-ray Disc Box I

 

→Fate(セイバー)
→Fate(アーチャー)
→Fate(ギルガメッシュ)
→Fate(イスカンダル)
→Fate(ジャンヌ)
→Fate(アストルフォ)
→Fate(アタランテ)
→Fate/stay night [Heaven’s Feel]
→Fate(間桐桜)
→Fate/Grand Order –
→Fate/Grand Order(マシュ)
→Fate/Grand Order(アナ)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました