「十二国記」の名言・台詞まとめました

アニメ「十二国記」の名言・台詞をまとめていきます。

十二国記

1話 月の影 影の海 一章

「どうして? 面白いじゃない!」(杉本優香)

 

「私には、剣を振るう趣味は無い」(景麒)

 

「何があるの、ここに!?」
「友達や学校じゃなくて、あなたはここで何をしたいのよ!」(優香)

 

2話 月の影 影の海 二章

「嫌な夢だったわ。全部、夢ならよかったのに」(中嶋陽子)

 

「冗祐、止めて。人殺しは、嫌!」(陽子)

 

「まあ、これだけ奇妙なことが次々に起こるんだから、顔が変わるくらいどうってこと無いか」(浅野郁也)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

3話 月の影 影の海 三章

「人は死ぬものだ。だが儂は世界を守らねばならん」(塙王)

 

「凄い。獣になるような人ならやっぱり意味があるのよ。私達が連れてこられたことに」
「ここはそう、私の世界」(優香)

 

4話 月の影 影の海 四章

「私達、試されてるのかも?」「妖魔は私達を狙ってた。学校でも、森の中でも」
「もしかしたら、景麒の差し金で……」(優香)

 

「あんたのいい子づらに振り回されるのは、もうたくさん!」
「裏切られて、カッとなるくらいなら最初から信じなければいいのよ!」(優香)

 

5話 月の影 影の海 五章

「ごめん? 謝るのは私の方よ。ごめんなさい、巻き込んでしまって、私の物語に」(優香)

 

「私は、もう前の世界に関わりなど無い。この世界が私の世界」(優香)

 

「ねえ中島さん、こんなマンガ見たことあるでしょ。突然、街を破壊する怪物が現れて、みんなを苦しめる。この世界にとって、あなたがその怪物なのよ!」(優香)

 

「友達? あんた何か友達じゃない!」(優香)

 

6話 月の影 影の海 六章

「お前は3日間眠っていた。どうにかする気なら、その間にしてら。その剣だって隠してるぞ。そういうことで、おいらをちょっとだけ信用しねえか」(楽俊)

 

「信用なんかしない。世話になる振りをして、体力を取り戻すだけだ。人の言葉を喋っても、あれはネズミだ」(陽子)

 

「悟った、あたしは1人だ。帰る所も、行く所も無い」(陽子)

 

「だから生きてやる。誰にも望まれない命なら、あたしだけでも惜しんでやるんだ」(陽子)

 

「私はネズミを信じない。だから裏切りようもない」(陽子)

 

「巧王は海客が国を滅ぼすとおっしゃってるらしいが、おいらに言わせれば迷信だ。なのに殺されるなんて、おいらは好かねえ。」(楽俊)

 

「自分のためだと言われた方が、あたしも気がとがめない」(陽子)

 

「そんなのは、本人がどれだけ努力したかの問題だろ。神様に願ってどうするんだ。試験なら勉強すれば受かる、金なんてのは稼げば貯まる。何をお願いするんだ?」(楽俊)

 

「ここには神も妖魔もいる。だからこそ、人は神様に祈っても何にもならないことを知っている。運も神頼みも無いから、自分のために生きるんだ」(陽子)

 

「決まってるだろ、生きるためだ。ただ死にたくないだけだ」(陽子)

7話 月の影 影の海 七章

「何か言ってる、ネズミが。あたしがみんなを助けたいだって、何のために」
「お前たちが教えてくれたんだ。人は結局、自分のために生きてるんだ。誰であろうと、他人のために生きることなど、出来るはずもない」

「だからあたしは、あたしが生き残るために!」

「あたしは……あたしは、獣だ!!!」(陽子)

 

「善意で無くてもよかったんだ。あたしを助けてくれたことには、変わりはない」

「裏切られたっていいんだ! 裏切られたって、裏切った奴が卑怯になるだけだ!」

「私は死なない! 卑怯者にもならない!」

「善意で無ければ信じられないか? 相手が優しくしてくれなければ、優しくしてはいけないのか? そうではないだろ? あたしが相手を信じることと、相手があたしを裏切ることとは、何の関係もなかったんだ」

「そうだ、あたしは1人だ。だから、あたしのことは、あたしが決める。あたしは、誰も優しくしてくれなくても、どんなに裏切られたって、誰も信じない卑怯者にはならない!」(陽子)

 

「世界も他人も関係ない。あたしは優しくしたいからするんだ! 信じたいから信じるんだ!」(陽子)

 

8話 月の影 影の海 八章

「売り飛ばす人は、もっと親切な顔をしています」(陽子)

 

9話 月の影 影の海 九章

「名前で呼んでくれんのか、嬉しいな」(楽俊)

 

「陽子がおいらを信じてねえのは分かってた。でも、いつか分かってもらえると思ってた」(楽俊)

 

「王は玉座に着くまでは唯の人です。麒麟が選べば、それが王なのです」(楽俊)

 

10話 月の影 影の海 十章

「私は私だ」「私は、私でしかない!」
「やっと分かったんだ。私はただ、私自身でいたいと。王であるとか海客だとか、そんなこと関係ない」(陽子)

 

「それは差別だ! 楽俊は私を海客だからと差別しなかった。なのに王だと差別するのか!?」(陽子)

 

「遠くなんか無い、楽俊の気持ちが遠ざかったんだ。私と楽俊の間には、たかだか2歩の距離しかないじゃないか!」(陽子)

 

「でも陽子を見捨てて危険じゃない所にいるより、陽子と一緒に危険な所に行く方が、自分にとって値打ちがあることだと思ったんだ」(楽俊)

 

「自らを統治できぬ者に、国土を統治できようはずも無い」(尚隆)

 

「そうですか? 私にはあなたが、あなた自身の王であるように見えない。己を知っている者は、己が王にふさわしいなどとは決して言わない」(壁落人)

 

11話 月の影 影の海 十一章

「俺1人生き延びて、小松を再興せよだと!? 笑わせるな!? 民を見殺しにしておいて、それはいったいどんな国だ!? 城の中に俺1人で、そこで何をせよというのだ!?」(小松尚隆)

 

「許すと言え。お前が期待を背負ってるなら、俺が国を背負ってる」(六太)

 

12話 月の影 影の海 十二章

「心を閉ざしていれば、通じる言葉も通じない」(壁落人)

 

「自分が愚かな人間だということを忘れぬことだ。そうすれば、お前の半身が助けてくれる」
「お前の麒麟がな」(尚隆)

 

「ただここにいると、私は私で無くなる。街で、私と同じ愚かな人の中で考えたいのです」(陽子)

 

「だが、ここは私達の世界じゃない。逃げてきた者には何も与えてはくれない」(壁落人)

 

「もう、逃げない」(陽子)

 

「手を出さないで。私に王の資格があるのかを知りたいんだ。誰にも守られずに」(陽子)

13話 月の影 影の海 終章

「私はこちらで多くのことを学んだ。その最たるものが、私は馬鹿だということだ」
「でもやっと、愚かでない自分を探そうとしている。これからなんだ、これから少しずつ努力して、少しでもマシな人間になれたらいいと」(陽子)

 

「お前は自分を愚かという。だがな、景麒がお前を選んだ以上、景麒にはお前の愚かさや浅ましさが必要なんだ。お前だけでも足りねえ、景麒だけでも足りねえ。お前らも言わば、半獣なんだ。2人で1人なんだよ」(楽俊)

 

「どっちを選んでもいいが、分からない時は自分がやるべき方を選んでおくんだ。同じ後悔するなら、軽い方がいいだろ」(楽俊)

 

14話 月の影 影の海 転章

「楽俊は、あたしがどんな国を作るか見てみたいと言ってくれた。それが出来るまで、あたしは後悔しないつもりだ、ありがとう」(陽子)

 

22話 書簡

「国の意義や王の威信は大事だ。こっちには身分ってもんがあって、これを軽視するのも揉め事の元だ。王様は偉そうで当然、偉そうに振る舞った分、重い責任を持つ。偉そうでない王様は、責任を果たすのを避けているみたいに見える」

「適度に偉そうにしていろよ」(楽俊)

 

「正直では無いのは確かかもな。でも、弱みを見せたくない訳でじゃあない。心配をかけたくないってことはあるけど」
「そうだな。きっと、背伸びがしたいんだ」(陽子)

 

「陽子は王です。強くなくちゃいけない」(楽俊)

 

24話 風の万里 黎明の空 二章

「国を治めるというのは、実はつらい」
「だが、民は迷う君主を信じはしない。統治に苦しむ王を、正直だなどと褒める官も無い。その姿を見せてはならぬ」(尚隆)

 

「だがな、問題が無くなってしまえば、飽きるだけだ。そうなればきっと、俺は雁を滅ぼしてみたくなる」(尚隆)

 

「私は良い国を作りたいと思う。けれど、良い国とはどういう国か、それすら私には分からない」

「誰も飢えない国であって欲しい。でも、私の生まれた国は豊かだったけど、良い国かと問われると、そうだとは言えない。豊かな分、たくさんのことが歪んでいた」(陽子)

 

「簡単なことだ」
「陽子ならどういう生き方をしたいか、そのために国がどうあれば嬉しいか、焦らず考えりゃいい」(六太)

 

「今だって……今だって許してなどくれちゃいないじゃない」
「100年以上毎日嘲られ、ひどい言葉で罵られて、この痛みはいつか消えるっていうの!」(大木鈴)

 

25話 風の万里 黎明の空 三章

「分からない、分からない、分からない。これが、景王か?」(陽子)

 

26話 風の万里 黎明の空 四章

「これでは同じだ」
「私はみなの顔色をうかがっている。景麒の、官達のため息を恐れて、彼等が満足する答えを探している。彼等に、媚びようとしている。これでは同じだ」(陽子)

 

「景麒。私は王宮を出ようと思う」(陽子)

 

27話 風の万里 黎明の空 五章

「景麒。私にはこの国の民が何を望み、何を考えているか分からないんだ」(陽子)

 

「だが、どうすればいい?」
「何が私の王の道なのだ。少なくとも、所官の顔色をうかがって、どうやれば上手く朝議を進められるか、それに苦悩することじゃない」(陽子)

 

28話 風の万里 黎明の空 六章

「俺達だけでも、信じといてやろうや。陽子を」(六太)

 

29話 風の万里 黎明の空 七章

「でも、いざ話そうとすると、自分が住んでいた国のことさえ、よく知らなかったんだなって」(陽子)

 

「国を豊かにしてやろう等と考えるのは後でいい。まず、国を荒らさないこと。そして自らを律して、少しでも長生きすること。これだけを考えるのだ」(遠甫)

 

30話 風の万里 黎明の空 八章

「知ってなきゃいけなかったんだ」
「公主の祥瓊より、おいらの方が遥かに芳に詳しい。それって、ボロを着るより恥ずかしいことだって分かるか?」(楽俊)

 

「でもな、努力も無しに与えられるってことは、その値打ち分のことを要求されているんだ」(楽俊)

 

「景王は、国と民に責任を負っている。責任を果たさずに手に入るものなんかねえんだよ。あったとしたら、それは何か間違ってる」
「間違ってることを盾にとっても、誰も認めてくれねえんだ」(楽俊)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

31話 風の万里 黎明の空 転章

「ある程度の厳しさも必要だろう。けど、物事には限度ってもんがあるからな。王が倒れたってことは、行き過ぎだったってことだろうな」(楽俊)

 

「そういう巡り合わせなんだって言ったろ」(楽俊)

 

「おいら、あいつを信じてる」(楽俊)

 

32話 風の万里 黎明の空 九章

「どんなに人道厚い主がいても、目が行き届かねば、役には立たんということだ。君主1人では政は立ち行かん」(遠甫)

 

「王なればこそ、法を歪めて処罰すれば、法が意義を失う」(遠甫)

 

34話 風の万里 黎明の空 十一章

「知らないことを知ってからなんて言ってたら、いつ戻れるか分からない。そのぐらいものを知らないことが分かった」(陽子)

 

「もう、誰も死なせない」(陽子)

 

36話 風の万里 黎明の空 十三章

「それは出来ない」
「私は王なんだ。至らない王だけど、私がいなくなったら、困る人が大勢いる」(陽子)

 

「私は王だ。民の命を背負っている」
「でも、今戦っているのは、王だからじゃない。誰かに、決められたからじゃない」
「それが私の、しなければならないことだからだ」(陽子)

 

「私はその人を助けたい。誰に言われた訳でもない。それは私の理由だ!」(陽子)

 

「浅野くん。役を求めていたのは、あなたの方だ」
「世界のせいにするな!」(陽子)

 

「世界は役割など与えてはくれない。誰にもだ」(陽子)

 

37話 風の万里 黎明の空 十四章

「どうせ玉座などというものは、血であがなうものだ。玉座を維持するためには、どこかで血を流さざろうえない」
「せめて、卑怯者にはなりたくないから」(陽子)

 

「お前のしたことが許せないからだ。それを知らずにいた、私自身もな」(陽子)

 

38話 風の万里 黎明の空 十五章

「我慢していれば、自分はなんて不幸なんだって、自分を慰めていればいい。街の人もきっとそう。大切な人を殺されるまで気が付かない」(鈴)

 

「人間って、不幸の競争をしてしまうわね。本当は死んでしまった人が、一番かわいそうなのに」
「誰かを憐れむと、負けたような気がしてしまうの。自分が一番かわいそうだって思うのは、自分が一番幸せだって思うことと同じくらい、気持ちがいいことなのかもしれない」(祥瓊)

 

「人が幸せになることは、簡単なんだけど難しい。そんな気がする」(陽子)

 

39話 風の万里 黎明の空 終章

「よい国っていうのは、何なんだろう?」(陽子)

 

「時に、私の思うままにならず、見るのがつらいものを見せる。それは、私の心なのです」
「心に鞘はいらない」(陽子)

 

「良心に恥じることがない者は狼狽するに及ばない」(陽子)

 

「他者に頭を下げさせて、それで己の地位を確認しなければ安心できない者のことなど、私は知らない。それよりも、人に頭を下げるたび壊れていく者の方が問題だと、私は思う」(陽子)

 

「人は誰の奴隷でも無い。そんなことのために生まれるのじゃ無い」(陽子)

 

40話 乗月

「人は変わることが出来るんです。幸いなことに」(桓魋)

 

41話 東の海神 西の滄海 一章

「緑に、なったよな……でも、戦が始まれば、20年前に逆戻りだ」
「戦は人を不幸にする。大人達だけじゃない、子供達まで」(六太)

 

「たくさん、人が死ぬ……」(六太)
「畢竟。王は民を搾取し、殺すものだ。そしてその数が少なければ少ないだけ、賢帝と呼ばれる。だが決して、無くなりはせぬ」(尚隆)

 

「嫌なら、目をつむって耳を塞いでろ。これは通らずには済まない道なのだからな」(尚隆)

 

「そのうちどこからか見つかるか、さもなければ勝手に帰ってくるだろう」
「そうでなければ、誰かが要求を突きつけてくる」(尚隆)

 

42話 東の海神 西の滄海 二章

「民の主は、民自身だけでいいんじゃないのか。上に権を置けば、権は民を虐げる」(六太)

 

「斡由に伝えろ。俺は自分の物をくれてやるほど、心広くは無い」(尚隆)

 

「今お前が言った7500の意味分かっているのか? それは物の数じゃない、命の数だぞ」(六太)

 

44話 東の海神 西の滄海 終章

「そんなことはせんよ」
「そいつにさせるより、俺がやった方が早いからな」(尚隆)

 

「そのために、俺はあるのだ」(尚隆)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
十二国記 Blu-ray BOX

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました