「十二国記」の名言まとめました

アニメ「十二国記」の名言をまとめていきます。

十二国記

1話 月の影 影の海 一章

「どうして? 面白いじゃない!」(杉本優香)

 

「私には、剣を振るう趣味は無い」(景麒)

 

「何があるの、ここに!?」
「友達や学校じゃなくて、あなたはここで何をしたいのよ!」(優香)

 

2話 月の影 影の海 二章

「嫌な夢だったわ。全部、夢ならよかったのに」(中嶋陽子)

 

「冗祐、止めて。人殺しは、嫌!」(陽子)

 

「まあ、これだけ奇妙なことが次々に起こるんだから、顔が変わるくらいどうってこと無いか」(浅野郁也)

3話 月の影 影の海 三章

「人は死ぬものだ。だが儂は世界を守らねばならん」(塙王)

 

「凄い。獣になるような人ならやっぱり意味があるのよ。私達が連れてこられたことに」
「ここはそう、私の世界」(優香)

 

4話 月の影 影の海 四章

「私達、試されてるのかも?」「妖魔は私達を狙ってた。学校でも、森の中でも」
「もしかしたら、景麒の差し金で……」(優香)

 

「あんたのいい子づらに振り回されるのは、もうたくさん!」
「裏切られて、カッとなるくらいなら最初から信じなければいいのよ!」(優香)

 

5話 月の影 影の海 五章

「ごめん? 謝るのは私の方よ。ごめんなさい、巻き込んでしまって、私の物語に」(優香)

 

「私は、もう前の世界に関わりなど無い。この世界が私の世界」(優香)

 

「ねえ中島さん、こんなマンガ見たことあるでしょ。突然、街を破壊する怪物が現れて、みんなを苦しめる。この世界にとって、あなたがその怪物なのよ!」(優香)

 

「友達? あんた何か友達じゃない!」(優香)

 

6話 月の影 影の海 六章

「お前は3日間眠っていた。どうにかする気なら、その間にしてら。その剣だって隠してるぞ。そういうことで、おいらをちょっとだけ信用しねえか」(楽俊)

 

「信用なんかしない。世話になる振りをして、体力を取り戻すだけだ。人の言葉を喋っても、あれはネズミだ」(陽子)

 

「悟った、あたしは1人だ。帰る所も、行く所も無い」(陽子)

 

「だから生きてやる。誰にも望まれない命なら、あたしだけでも惜しんでやるんだ」(陽子)

 

「私はネズミを信じない。だから裏切りようもない」(陽子)

 

「巧王は海客が国を滅ぼすとおっしゃってるらしいが、おいらに言わせれば迷信だ。なのに殺されるなんて、おいらは好かねえ。」(楽俊)

 

「自分のためだと言われた方が、あたしも気がとがめない」(陽子)

 

「そんなのは、本人がどれだけ努力したかの問題だろ。神様に願ってどうするんだ。試験なら勉強すれば受かる、金なんてのは稼げば貯まる。何をお願いするんだ?」(楽俊)

 

「ここには神も妖魔もいる。だからこそ、人は神様に祈っても何にもならないことを知っている。運も神頼みも無いから、自分のために生きるんだ」(陽子)

 

「決まってるだろ、生きるためだ。ただ死にたくないだけだ」(陽子)

 

7話 月の影 影の海 七章

「何か言ってる、ネズミが。あたしがみんなを助けたいだって、何のために」
「お前たちが教えてくれたんだ。人は結局、自分のために生きてるんだ。誰であろうと、他人のために生きることなど、出来るはずもない」

「だからあたしは、あたしが生き残るために!」

「あたしは……あたしは、獣だ!!!」(陽子)

 

「善意で無くてもよかったんだ。あたしを助けてくれたことには、変わりはない」

「裏切られたっていいんだ! 裏切られたって、裏切った奴が卑怯になるだけだ!」

「私は死なない! 卑怯者にもならない!」

「善意で無ければ信じられないか? 相手が優しくしてくれなければ、優しくしてはいけないのか? そうではないだろ? あたしが相手を信じることと、相手があたしを裏切ることとは、何の関係もなかったんだ」

「そうだ、あたしは1人だ。だから、あたしのことは、あたしが決める。あたしは、誰も優しくしてくれなくても、どんなに裏切られたって、誰も信じない卑怯者にはならない!」(陽子)

 

「世界も他人も関係ない。あたしは優しくしたいからするんだ! 信じたいから信じるんだ!」(陽子)

 

8話 月の影 影の海 八章

「売り飛ばす人は、もっと親切な顔をしています」(陽子)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
十二国記 Blu-ray BOX

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました