「鬼滅の刃」栗花落カナヲの名言・台詞まとめ

アニメ「鬼滅の刃」栗花落カナヲの名言・台詞をまとめていきます。

 

鬼滅の刃

21話

「小さく、子供になった?」「逃げるばかりで少しも攻撃してこない、どうして?」
「考える必要は無い。言われた通りに鬼を斬るだけ」

 

「そう、けが人はみな家へ。付近の鬼は私が狩るから、安心して作業して」

 

25話

「痛い・お腹がすいた・悲しい・虚しい・苦しい・寂しい、そんな日々だった。だけどある日、プツンと音がして……何もつらくなくなった」

「貧しい暮らしの中、親に売られた時でさえ、悲しくは無かった」(過去の回想)

 

26話

「師範の指示に従っただけなので、お礼を言われる筋合いは無いから。さようなら」

 

「指示されて無いことはこれ(硬貨)を投げて決める。今あなたと話すか話さないか決めた。話さないが表、話すが裏だった。裏が出たから話した。さようなら」

 

「どうでもいいの。全部どうでもいいから自分で決められないの」

 

「(表裏)どっちだろう? 落ちた瞬間が背中で見えなかった……」

 

「なんで表を出せたの!? 投げる手元は見てた。小細工はしてなかったはず……」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
鬼滅の刃 全23巻セット (コミック)

 

→鬼滅の刃のインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました