「東京喰種トーキョーグール」月山習の名言まとめました

アニメ「東京喰種トーキョーグール」月山習の名言をまとめていきます。

スポンサーリンク

東京喰種トーキョーグール

4話 晩餐

「本はいいよね。たった一文からでも、様々な夢想にふけることが出来る」
「本の世界に没頭してる時だけ、自分が何者なのかを忘れられる」
「つらく苦しい時に僕を支えてくれたのは、たくさんの物語だった」

 

「新しいごちそうの発見は、人の幸福にとって、星の発見以上のものだ!」

 

「隻眼、レア……ちぃぃぃんみ!!!」

 

「こんな珍しいもの、僕以外に食べさせてたまるか」

5話 残痕

「どうしたら、どうしたら、どうしたら金木くんを美味しくいただけるんだ?」

 

「正確に言えば、金木くんが食べながら、金木くんを食べたい。そうしたい!!」

 

「変態? 心外だな。仮にそう感じたのなら、金木くん、そうさせているのは君なのだから、君が責任を取り給え。君は自分がおいしそうなことに気づいた方がいい」

 

「まだまだぎこちない、よちよち歩きの雛のようだ。いいかい、これが、本物の拳。そして、これが、本物の蹴りだ」

 

「トレッビア~ン!! 何だこの味は! 舌の上で、深く絡み合う、ハーーーモニー!!」
「予想以上に最高だ。しかし、だからこそさらに上を求めたい。金木くんをこれで終わらせたくない」

 

「あの頃の君の冷たさは素晴らしかった。だが今はダメだ。何かが君の瞳に熱を灯してしまった。残念だよ、霧嶋さん。そんなもの、君に必要なかったのに」

 

「赫子(かぐね)がエンジンなら、人の肉はガソリン。お粗末な食事では、相応の力しか発揮できないものさ」

 

「僕のだぞ!!」

 

6話 驟雨

「またこんな君が見られるなんて。あの時の情熱が、蘇るようだ。金木くんの周りに、君の臓物を飾り付けてあげよう。思わぬオードブルに、感謝」

 

11話 衝天

「イートユアセルフ、君のアドバイスに従ったのさ。おかげでほら、この通り。そして意外な発見。僕は結構おいしかった」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
東京喰種トーキョーグール 【Blu-ray】 vol.1

 

→東京喰種トーキョーグール
→東京喰種(霧嶋董香)
→東京喰種(芳村)
→東京喰種(神代利世)
→東京喰種(ヤモリ)
→東京喰種(真戸呉緒)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました