「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(俺ガイル)」平塚静の名言まとめました

アニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(俺ガイル)」平塚静(先生)の名言をまとめていきます。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1話 こうして彼らのまちがった青春が始まる。

「砕け散るのは君の方だ」

 

「君の目は、死んだ魚のような目だな」

 

「女性に年齢の話をするなと教わらなかったのか?」

 

「異論・反論・抗議・質問・口答えは一切みとめねえ!」

 

「安心したまえ。この男のリスク・リターンの計算と自己保身に関してだけは、なかなかのものだ。刑事罰に問われるような真似だけは決してしない。彼の小悪党ぶりは信用してくれていい」

 

「古来より、互いの正義がぶつかった時は勝負で雌雄を決するのが少年漫画の習わしだ」

2話 きっと、誰しも等し並みに悩みを抱えている。

「屁理屈は止めろ。まるで君は群れることを罪悪のように言うがな」

 

「勝敗の裁定は、私が独断と偏見で下すから安心しろ。ここんとこに閉まってある」

 

「まあ、持つ者は持つ者で、それなりの苦悩があるのだよ。ホントはとても優しい子だ。優しくて往々にして正しい。ただ世の中が優しくなくて正しくないからな。さぞ生きづらかろう」

 

「君たちはひねくれているから、うまく社会に適応できそうもない所が心配だよ。だから一ヶ所に集めておきたくなる」

 

「けれど君達は見ていて面白い。だから手元に置いておきたいだけなのかもしれんな」

 

4話 つまり、彼は友達が少ない。

「撃滅のセカンドブリッドを食らいたくなかったら、それ以上は口にしないことだ」

 

5話 またしても、彼は元来た道へ引き返す。

「殴る前に一応聞いてやろう」

 

「これから(迷惑)掛けるかもしれないだろ!」

 

6話 ようやく彼と彼女の始まりが終わる。

「来ないのなら同じだよ。やる気が無い者にかまってやるのは義務教育まで。意思なき者は去るほか無い」

 

「心外だな。私なりの優しさのつもりだがね」

スポンサーリンク

7話 ともあれ、夏休みなのに休めないのは何かおかしい。

「逆に聞こう。一体いつから、千葉駅に向かうと錯覚していた」
「千葉駅かと思った……残念、千葉村でした~! まさに外道!」

 

「違うよ、仲良くする必要は無い。上手くやれと言っているんだ。敵対でも無視でも無く、さらっと無難にやり過ごす術を身につけ給え。それが、社会に適応するということさ」

 

「これでも大学時代はよくサークルでバーベキューをしたものさ。私が火をつけている間、カップル達がイチャコライ……チッ、気分が悪くなった」

 

8話 いずれ彼ら彼女らは真実を知る。

「そうだな、君は最低だ」
そんな方法を思いつく時点で最低だよ。だが、最低にいるからこそ、どん底に落ちた人間に寄り添えるのかもしれない。そういう資質は貴重だ」

 

12話 それでも彼と彼女と彼女の青春はまちがい続ける。

「比企谷。誰かを助けることは、君自身が傷ついていい理由にはならないよ」

 

「例え、君が痛みに馴れているのだとしてもだ。君が傷つくのを見て、痛ましく思う人間もいることにそろそろ気づくべきだ、君は」

 

13話 だから、彼らの祭りは終わらない。

「こういう仕事は若手におはちが回ってくるものだ。ほら、私、若手だから、若手だから」

 

「最近はどこもうるさくてな。何かと規制が多いのだよ」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。Blu-ray BOX

 

→俺ガイル
→俺ガイル(比企谷八幡)
→俺ガイル(雪ノ下雪乃)
→俺ガイル(由比ヶ浜結衣)
→俺ガイル(比企谷小町)
→俺ガイル(雪ノ下陽乃)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました