「鬼滅の刃」冨岡義勇の名言まとめました

アニメ「鬼滅の刃」冨岡義勇の名言をまとめていきます。

鬼滅の刃

1話 残酷

 

「なぜかばう?」「それが妹か?」
(鬼化した禰豆子を炭治郎がかばうため)

 

「生殺与奪の権を、他人に握らせるな! 惨めったらしくうずくまるのは止めろ! そんなことが通用するなら、お前の家族は殺されていない」

「奪うか奪われるかの時に、主導権を握れない弱者が妹を治す、仇を見つける」
「笑止千万! 弱者には、何の権利も選択肢も無い。ことごとく力で、強者にねじ伏せられるのみ!」

「妹を治す方法は、鬼なら知ってるかもしれない。だが、鬼共が、お前の意思や願いを尊重してくれると思うなよ」
「当然、俺もお前を尊重しない。それが現実だ」

「なぜさっきお前は妹に覆いかぶさった。あんなことで守ったつもりか。なぜ斧を振らなかった。なぜ俺に背中を見せた」
「そのしくじりで、妹を取られている。お前ごと妹を串刺しにしても良かったんだぞ!」

 

「泣くな、絶望するな。そんなのは今することじゃない」

「お前が打ちのめされてるのは分かってる。家族を殺され、妹は鬼になり、つらいだろう、叫び出したいだろう」
「分かるよ。俺があと半日、早く来ていれば、お前の家族は死んでなかったかもしれない。しかし、時を巻いて戻す術はない」

「怒れ。許せないという強く純粋な怒りは、手足を動かすための、揺るぎない原動力になる」
「脆弱な覚悟では、妹を守ることも、治すことも、家族の仇を討つことも、出来ない!」

 

「感情に任せた単純な攻撃、おろか!」

 

「こいつらは、何か、違うのかもしれない」

 

15話 那田蜘蛛山

「無理な話だ。鬼が人を食らう限りは」

 

18話 偽物の絆

「俺は鬼を斬りに来ただけだ」

 

19話 ヒノカミ

「己のケガの程度も分からない奴は、戦いに関わるな」

 

20話 寄せ集めの家族

「俺が来るまで、よくこらえた。後は任せろ!」

 

21話 隊律違反

「人を食った鬼に、情けをかけるな。子供の姿をしていても関係ない。何十年と生きている、醜い化物だ」

 

「俺は……俺は嫌われてない」

 

「動けるか? 動けなくても、根性で動け。妹を連れて逃げろ」

 

26話 新たなる任務

「礼なら、仕事で返せばいい。俺たち鬼殺隊の使命は、鬼を討つ、以上だ」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
鬼滅の刃 1 [Blu-ray]

 

→鬼滅の刃
→鬼滅の刃(竈門炭治郎)
→鬼滅の刃(嘴平伊之助)
→鬼滅の刃(鬼舞辻無惨)
→鬼滅の刃(胡蝶しのぶ)
→鬼滅の刃(鱗滝左近次)
→鬼滅の刃(錆兎&真菰)
→鬼滅の刃(栗花落カナヲ)
→鬼滅の刃(甘露寺蜜璃)
→鬼滅の刃(珠世)
→鬼滅の刃(愈史郎)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました