「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(俺ガイル)」由比ヶ浜結衣の名言まとめました

アニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(俺ガイル)」由比ヶ浜結衣の名言をまとめていきます。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1話 こうして彼らのまちがった青春が始まる。

「何ていうか、その、ヒッキーもクラスにいる時と全然違うし、なんつうかいつもはキョドりかたキモイし」

 

「格好いい……建前とか全然いわないんだ。何ていうか、そういうの格好いい」

 

「確かに言葉は酷かった。けど、でも本音って感じがするの。あたし、人に合わせてばっかだったから」

 

「一応、お礼の気持ち。ヒッキーも手伝ってくれたし」

2話 きっと、誰しも等し並みに悩みを抱えている。

「でも、ヒッキーとかゆきのん見てて思ったんだ。本音言い合って、お互い空気読んで、無理に合わせて無いのに楽しそうで、なんか合ってて……なんか私、今まで必死になって人に合わせてたの間違ってるかなって」

 

3話 たまにラブコメの神様はいいことをする。

「なんか、今までもみんなでやってたけど。この罰ゲーム、初めて楽しいって思った」
(雪乃との勝負に負けて)

 

「それは無いと思うよ。ゆきのん、頼って来る人を見捨てたりしないもん」

 

「2人そろうと、卑屈さと鬱陶しさが倍増する」
(八幡と材木座義輝の2人)

 

「ヒッキー、勝ったのに空気扱いって、ガチでかわいそう」

 

4話 つまり、彼は友達が少ない。

「女子から話、聞いてみる。クラスの人間関係なら、女子の方が詳しいし。共通の嫌な奴の話とかすると、結構、盛り上がっていろいろ話してくれるし」

 

6話 ようやく彼と彼女の始まりが終わる。

「な~んか難しくてよく分かんなくなって来ちゃった。もっと簡単なことだと思ったんだけどな」

 

「ありがとう、バカ!」

 

7話 ともあれ、夏休みなのに休めないのは何かおかしい。

「ヒッキーの大人のイメージって、そんな悲しいものなんだ」

 

「みんな多分そう。話しかけたくっても、仲良くしたくても、そう出来ない環境ってあるんだよ」

 

8話 いずれ彼ら彼女らは真実を知る。

「でも、1%でいいって考えると、少しは気が楽かもね。みんなと仲良くって、やっぱりしんどい時あるし」

9話 三度、彼は元来た道へ引き返す。

「それに、現地集合なんて味気ないし……」

 

「ヒッキーって、気い使えるんだ?」
「そういうことじゃ無くてさ。その、なんていうか……優しいというか」

 

「でもね、言えないことってあると思うんだ。タイミングを外すとどうしてもね、私もそうだったし」

 

「ヒッキーは助けるよ。だって、あたしのことも助けてくれたじゃん」(結衣)

 

10話 依然として彼らの距離は変わらずに、祭りはもうすぐカーニバる。

「あたし、思ってたより、ずっとゆきのんのこと好きなのかも」

 

11話 そして、それぞれの舞台の幕が上がり、祭りは最高にフェスティバっている。 

「それが問題なんじゃ無いの。ゆきのんが1人で背負い込むこと無いじゃん!」

 

「出来て無いのに? 私、ちょっと怒ってるからね」

 

「あのね、ゆきのん。あたしと、ヒッキーを頼って。誰かとかみんなとかとかじゃ無くて、あたし達を頼って」

 

「私ね、ゆきのんのことは待つことにしたの。ゆきのんは多分、話そう近付こうってしてるから、だから待つの。でも待っててもどうしようも無い人は待たない」

「違うよ。待たないで、こっちから行くの!」

 

12話 それでも彼と彼女と彼女の青春はまちがい続ける。

「そう言ってもらえるの、待ってたよ」

 

「じゃあ、終わるまで待ってるね!」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。Blu-ray BOX

 

→俺ガイル
→俺ガイル(比企谷八幡)
→俺ガイル(雪ノ下雪乃)
→俺ガイル(平塚静)
→俺ガイル(比企谷小町)
→俺ガイル(雪ノ下陽乃)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました