「ゆるキャン」大垣千明の名言まとめました

アニメ「ゆるキャン」大垣千明の名言をまとめていきます。

スポンサーリンク

(アマゾンだけでなくネトフリやdアニメもテレビで見れます)

ゆるキャン

2話 ようこそ野クルへ!

「問題ないぞ、各務原。部室がいくら狭かろうが、活動場所は結局、外だ!」

 

「お前ら、雑誌読んで満足すんなよ。道具は使ってなんぼ何だからさ」

 

「各務原、お前その本に載ってるテントの価格、読み上げてみろ」
「だろ!? これくらいしか買えるやつ無かったんだよ!!」
(野クルには980円の激安テントしかなかった)

 

4話 野クルとソロキャンガール

「低体温症で死ぬ。最悪の場合だけどな」
(野クルには夏用シュラフしか無いため)

 

「普通に寒い。特に肩から上が」(夏用シュラフチャレンジ、まずはそのまま)

「全体的に、まんべんなく寒い」(ニット帽とマフラーを装着)

「さっきより、暖かくな……やっぱり良く分かんね!」(アルミホイル追加)

「おっ! これなかなか暖かいわ!」(プチプチシート追加)

「おーーー!!! これマジ暖かいぞ!!!」(ダンボール追加)

 

「これ、トイレ行く時どうすんの?」
ていうか、バッチリ梱包されて、あたしはこれからどこへ発送されるんだ……」
(暖かくはなったが実用性は無かった)

 

「オーーー!!! このくつろぎスペース。温泉に浸かった客を完全に落としにかかる、悪魔の刺客たち。ここで一度くつろいだら、二度と起きては帰れまい」
(キャンプ前に温泉施設の休憩所を見て)

6話 お肉と紅葉と謎の湖

「へえ~、今週はしまリンとキャンプ行くのか。ていうか二週連続って、ストロングスタイルだな、お前」

 

「年季の入ったワンポールテント、焚き火台に木製ローチェアー。何か、コーヒーのCMとかに出て来そうだな」
「ああ、肉うまそ~! スキレット料理っていいよな~。5割増しでうまそうに見えるし、オシャレだし……」
(下見の時に1人でキャンプする渋い親父を見つける)

 

8話 テスト、カリブー、まんじゅううまい

「さみいから入ってみたけど、こん中も冷てえ~!」「中で動いて、摩擦で温めれば!」
(寒いので部室でシュラフに入る)

 

「ぶっちゃけ、木皿と鉄鍋とネイティブ柄の布があれば、おしゃれキャンプなんだと思う」
「それにな、スキレットで焼いた肉ってめっちゃうまいんだぜ! 肉、食うかい」
(見かけより安いものでそれっぽくそろえる)

 

「テスト直前に最大限のパフォーマンスを爆発させる。それがあたしのやり方だー!」

 

「ホントだ~! 熱い料理がダメ、においの強い料理がダメ、熱湯がダメ、水につけて置くのもダメ……って、何に使えばいいんだよ!!!」
(せっかく購入した木皿の使いみちが限定されてるのを知る)

 

「いーじゃん。少しくらい苦労した方が、記憶に残るってもんだぜー」

 

「だが気をつけろよ、なでしこ。店内には、高額商品が待ち構えている。やばいと思ったら、速やかに外の空気を吸うんだ!」
(アウトドア用品店「カリブー」に来て)

 

「地面からの冷気を防ぐ効果もあんだよ。冬キャンプでマットは必需品だぞ!」

 

9話 なでしこナビと湯けむりの夜

「気付いたら、一家全員分作ることになっとるがなー! どうする? ハードル上がったこの状況で適当なもん出していいのか!?」

「いや待て! 私だって山梨県民。県民の本能が、本物のほうとうの味を知っているはず! 私にだって、本場の激ウマほうとうが作れるはずだーー!!」
(なでしこ一家全員分を作ることになりプレッシャーを感じる)

 

10話 旅下手さんとキャンプ会議

「じゃ~ん、焚き火台だ! 年末セールで4500円で買ってやったぜ!」
「いや~、最初はバイト代入った勢いで、込み込み3万円の焚き火台セット買おうとしたんだが……ポチろうとした瞬間に鼻血が出てな」
(次のクリスマスキャンプに向けて)

 

11話 クリキャン!

「暖房効いてる店内で食うアイス、うま~!」

 

12話 ふじさんとゆるキャンガール

「来年も、よろしくな」
(部員が増えないので、来年も使う狭い部室に)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

アマゾンリンク
ゆるキャン△ 1 [Blu-ray]

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました