「進撃の巨人」ハンネスの名言まとめました

アニメ「進撃の巨人」ハンネスの名言をまとめていきます。

進撃の巨人

1話 二千年後の君へ

「おう、今日は門兵だ。1日中ここにいる訳だから、やがて腹が減り、喉も渇く。飲み物の中にたまたま酒が混じっていたことは、ささいな問題に過ぎねえ」

 

「しかしなあ、エレン。兵士が活躍するってことは、それこそ最悪の時だ。俺達が役立たずのタダ飯食らいだってバカにされてる時の方が、みんなは平和に暮らせるんだぞ」

 

「見くびってもらっちゃ困るぜ、カルラ。俺は巨人をぶっ殺して、きっちり3人とも助ける!」

 

2話 その日

「エレン、お前が母さんを助けられなかったのは、お前に力が無かったからだ。俺が……俺が巨人に立ち向かわなかったのは、俺に勇気が無かったからだ!」
「すまない……」

 

4話 解散式の夜

「成長したと喜んでいいのかどうか……死ぬなよ」

 

9話 左腕の行方

「無事だ。強い子達だ、それぞれが生き抜く術を持っている。1人は高い戦闘技術、1人は強靭な精神力、そしてもう1人はとても賢い頭を持っている。無事だ、必ず生きている!」

 

進撃の巨人 Season2

33話 追う者

「まあ、いつものことじゃねえか。あの悪ガキの起こす面倒の世話をするのは、昔からお前らの役目だろ。腐れ縁ってやつだよ、全く。お前ら、時代とか状況は変わってるのに、ガキんちょのころのままだぜ、だろ!?」

 

「ただな。勝った所はついぞ見たことねえが、負けて降参した所も見たことが無かった。あいつは時々、俺でもおっかねえと思うぐらい執念が強え。何度倒されても、何度でも起き上がる」

「そんな奴がだ、ただ大人しく連れ去られていくだけだと思うか? いいや、力の限り暴れまくるはずだ。ましてや敵はたったの2人だ。相手が誰であろうと手こずらせ続ける、俺やお前らが来るまでな。エレンはいつもそうだろ!?」

「俺は、あの日常が好きだ。エレンに言わせりゃ、そんなもんはまやかしの平和だったのかもしれんが、やっぱり俺は、役立たずの飲んだくれ兵士で十分だったよ。あのなんでもない日常を取り戻すためだったら、俺は何でもする。どんだけ時間が掛かってもな」

「俺も行くぞ。お前ら3人がそろってねえと、俺の日常は戻らねえからな」

 

34話 開口

「あいつは絶対諦めねえ。だから俺達は焦らず、その代わり絶対に行くんだよ! あの時みたいにな」

 

37話 叫び

「こんなことがあるか、なあ、お前ら! 見てろよ、お前らの母ちゃんの仇を、俺がぶっ殺す所を!!!」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
「進撃の巨人」Season1 Blu-ray BOX
「進撃の巨人」Season 2 Vol.1 [Blu-ray]

 

→進撃の巨人
→進撃の巨人(ミカサ)
→進撃の巨人(アルミン)
→進撃の巨人(リヴァイ)
→進撃の巨人(エルヴィン)
→進撃の巨人(ハンジ)
→進撃の巨人(ピクシス)
→進撃の巨人(サシャ)
→進撃の巨人(アニ)
→進撃の巨人(ジャン)
→進撃の巨人(リコ)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました