「この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)」めぐみんの名言・台詞まとめ

アニメ「この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)」めぐみんの名言・台詞をまとめていきます。

 

この素晴らしい世界に祝福を!

2話

「この邂逅は世界が選択せし運命(さだめ)」
私は、あなた方のような者達の出現を待ち望んでいた」

 

「我が名はめぐみん」
「アークウィザードをなりわいとし、最強の攻撃魔法”爆裂魔法”を操る者!」

 

「あまりの強大さゆえ、世界に疎まれし我が禁断の力をなんじも欲するか?」
「ならば、我と共に究極の深淵をのぞく覚悟をせよ」

 

「人が深淵をのぞく時、深淵もまた人をのぞいているのだ」

 

「これ(眼帯)は我が強大なる魔力を抑えるマジックアイテム」
「もし外されることがあれば、この世に大いなる災厄がもたらされるであろう」

 

「(封印?) まあ嘘ですが」
「単にオシャレで着けてるだけ」

 

「変な名前とは失礼な」
「私から言わせれば、街の人の方が変な名前をしていると思うのです」

 

「(両親の名?) 母はゆいゆい、父はひょいざぶろー!」

 

「これが人類最大の威力の攻撃手段、これこそが究極の攻撃魔法!」
「エクスプロージョン!」

 

 

「我が奥義である爆裂魔法は、その絶大な威力ゆえ、消費魔力もまた絶大」
「要約すると、限界を越える魔力を使ったので、身動き1つ取れません」

 

「私は爆裂魔法をこよなく愛するアークウィザード」
「爆発系統の魔法が好きなんじゃないんです」

 

「爆裂魔法だけが好きなのです!」

 

「たとえ1日1発が限度でも、魔法を使ったあとに倒れるとしても」
「それでも私は爆裂魔法しか愛せない!」

 

「だって私は、爆裂魔法を使うためだけに」
「アークウィザードの道を選んだのですから!」

 

3話

「爆裂魔法を覚えたいなら、いくらでも教えてあげましょう」

 

「というか、それ以外に覚える価値のあるスキルなんてありますか?」
「いいえ、ありませんとも」

 

「さあ、私と一緒に爆裂道を歩もうじゃないですか!」

 

「レベルが上がってステータスが上がったから」
「冒険者から変態にジョブチェンジしたんですか?」

 

「我を差し置き最強を名乗る魔王」
「そんな存在は、我が最強魔法で消し飛ばしてみせましょう!」

 

「あれほどの敵の大軍を前にして、爆裂魔法を放つ衝動が抑えられようか」
「いや、ない!」

 

4話

「カズマがちゃんとした冒険者みたいに見えるのです」

 

「(1人で行けば?) そうしたら、いったい誰が私をおぶって帰るんですか?」
「1発撃ったら動けなくなるんですよ」

 

「燃え尽きろ、紅蓮の中で」
「最高…です」

 

「ナイス爆裂」
「カズマも爆裂道が分かってきましたね」

 

「カズマは結構えげつない口撃力がありますから」
「遠慮なく本音をぶちまけると大概の女性は泣きますよ」

 

「(やめろ?) 無理です」
「紅魔族は日に1度、爆裂魔法を撃たないと死ぬんです」

 

6話

「今までならば、何もない荒野に魔法を放つだけで我慢できていたのですが」
「城への魔法攻撃の魅力を覚えて以来、その…」

 

「大きくて硬いものじゃないと我慢できない体に…」

 

「なんという絶好のシチュエーション…感謝します」
「深く感謝しますよ、カズマ!」

 

8話

「行かせませんよ」
「何1人でスッキリしようとしてるんですか」

 

私達は、仲間じゃないですか」
トイレだろうとどこだろうと、行く時は一緒です」

 

10話

「(頭のおかしいの?) おい、待て!」
「それが私のことを言っているなら、その略し方はやめてもらおう」

 

「さもなくば、いかに私の頭がおかしいか、今ここで証明することになる」

 

「何を! 我が名をコケにするよりも」
「一番私に言ってはいけないことを口にしましたね!」

 

「見せてあげますよ」
「本物の爆裂魔法を!」

 

「さすがはリッチー、私を遥かに上回るレベル」
「悔しいです…」

 

「真打ち登場」

 

「先ほどは後れを取りましたが」
「あれはそう…ほんの少し調子が悪かっただけです」

 

「私が、真の爆裂魔法を見せてあげましょう!」

 

「ほかはともかく、爆裂魔法のことに関しては」
「私は誰にも負けたくないのです!」

 

この素晴らしい世界に祝福を!2期

1話

「ちょっと待って下さい」
「デストロイヤー戦においてカズマの機転がなかったら」
「もっと被害が出ていたかもしれません」

 

「せいぜい、カズマはセクハラとか小さい犯罪をやらかすくらいです」

 

「異議あり! カズマの性格が曲がっているのは認めます」
「ですが、こんな証言など証拠にもなりませんよ!」

 

2話

「(魔獣の名前?) ”ちょむすけ”です」

 

「(助ける?) いえ、アクアからでいいですよ」
「外は寒いですし、カエルの中はぬくいのです」

 

「既に爆裂魔法を放った私に出来ることは、こいつを足止めしておくぐらい」

 

「私だって死活問題だったんです」
「家庭の事情で彼女の弁当が生命線だったのですよ」

 

「私達、友達ですよね」
「友人というものは、苦難も分かち合うものだと思います」

 

「レディーファーストって知ってますか?」

 

「(スキルポイント?) 貯まりましたよ」
「もれなく全て、”爆裂魔法威力上昇”や”高速詠唱”につぎ込もうと」

 

3話

「(ダンジョン?) 嫌です」
「だって、ダンジョンなんて私の存在価値皆無じゃないですか!」

 

「爆裂魔法なんて使えないし、私もう本当にただの一般人」

 

6話

「今日よりこの剣は”ちゅんちゅん丸”です」

 

「おい、私の名前に文句があるなら聞こうじゃないか」
「帰ら
ないとか…バカな冗談言ってるからですよ」

 

次にそんなバカなダダこねたら、もっとすごいことしますからね」

 

7話

「先日のことは謝ります」
「だから、元のカズマに戻って下さい」

 

「今のカズマは、すごく気持ちが悪いです」

 

「お金の力で魔王を倒すとか、そんなものは認めません!」
「認めませんよ!」

 

「魔王っていう存在は、やがて秘められた力とかに目覚めたりなんかして」
「最終決戦の末に倒すのです!」

 

9話

「アクシズ教徒…怖いです」

 

「この隣は混浴です」
「目の前に混浴と男湯があるとすれば、(カズマは)どちらを選ぶと思いますか?」

 

「なんだかんだ言って、あれで結構頼りになる人ですからね」

 

「(いい街?) そうですねえ」
「景色はいいし、ご飯は美味しいのに…人間だけがダメですね」

 

10話

「いいんですか?」
「きっと、もっとひどいことになりますよ」

 

「カズマ!」
「いつもみたいに小狡いこと考えて、なんとかして下さいよ!」

 

「哀れな獣よ。紅き黒炎と同調し、血潮となりて償いたまえ!」
「うがて! エクスプロージョン!」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

この素晴らしい世界に祝福を! [Blu-ray]

 

→このすばシリーズのインデックス

→アニメの名言インデックス