「進撃の巨人」ドット・ピクシスの名言・台詞まとめました

アニメ「進撃の巨人」ドット・ピクシスの名言・台詞をまとめていきます。

進撃の巨人

5話

「こりゃ上手い酒ですな。戦場での友として謹んで頂戴いたしますぞ」

 

「トロスト区では今まさに兵達が身命を賭して戦っておるのですぞ」
「そしておそらく多くの者が命を落としております。儂らがおしゃべりしとる、今この時にも」

 

10話

「よさんか。相変わらず図体の割には子鹿のように繊細な男じゃ」
「お前にはあの者の見事な敬礼が見えんのか?」

 

「やはり見当たらんか。超絶美女の巨人になら、食われてもいいんだがの~」

 

「お主自身が確証を得られん以上はとりあえず、頭に入れておくと言った所かの。しかし、物事の真意を見極める程度のことは出来るつもりじゃ」

「お主らの命は、わしが保障しよう」

 

「助かりたい一心、何より信用できる言葉だ」

 

「お主はやるのかやらんのか、どっちだ!?」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

11話

「時は一刻を争う。活躍してもらうぞ、若き兵士達よ」

 

「巨人に地上を支配される前、人類は種族や理の違う者同士で、果てのない殺し合いを続けていたと言われておる。その時に誰かが言ったそうな」

「もし人類以外の強大な敵が現れたら、人類は一丸となり、争いを止めるだろうと。お主はどう思うかの?」

 

「ああ、そろそろ一つにならんとな。戦うことも難しいじゃろうて」

 

「儂が命ずる! 今この場から去る者の罪を、免除する」
「一度巨人の恐怖に屈した者は、二度と巨人に立ち向かえん。巨人の恐ろしさを知った者は、ここから去るがいい」

「そして、その巨人の恐ろしさを、自分の親や兄弟、愛する者に味あわせたい者も、ここから去るがいい!」

 

「儂を含め、人類全てに罪がある!」

「人類が滅ぶのなら、それは巨人に食いつくされるのが原因では無い。人間同士の殺し合いで滅ぶ。我々はここより奥の壁で死んではならん。どうかここで……ここで死んでくれ!」

 

「困ったの、お主らそんなに巨人に負けるのが好きか?」

「儂は嫌いじゃぞ、儂は負けることが何よりも嫌いじゃ。だがあに図らんや、生まれてこのかた負け続けておる」

「儂は巨人に勝ちたい。あの木偶の坊どもに、何としても勝ちたいんじゃ!」

 

「ならば彼に賭けるしかなかろう。おぬしらの言う恐ろしく曖昧な根拠だけが、巨人に勝ちうる唯一の可能性なんじゃからな」

 

「お主らは駐屯兵団の中でも、精鋭中の精鋭じゃ。人類の命運は託したぞ」

 

「案ずるな、お主は酒の味が分かる」
「美酒も悪酒も、どちらの味もの。任せたぞ!」

 

「巨人が出現して以来、人類が巨人に勝ったことは一度も無い。巨人が進んだ分だけ、人類は後退を繰り返し、領土を奪われ続けてきた」

「しかし、この作戦が成功した時、人類は初めて、巨人から領土を奪い返すことに成功する」
「その時が、人類が初めて、巨人に勝利する瞬間であろう」

「それは、これまで人類が奪われてきたものに比べれば、たとえようも無く小さなものかもしれん。しかし、その一歩は、我々人類にとっての、大きな進撃になる」

 

12話

「失ったのでは無いぞ。兵は勝手に死んだ訳では無い、儂の命により死なせたのじゃ。今こそ人類存亡の瀬戸際、人類が生きながらえるためなら儂は、殺戮者と呼ばれることも厭わん」

 

「精鋭班に関しては、現場に権限を委任しておる。ただ腕が立つだけでは無い、人類の命運を託した精鋭の中の精鋭じゃ。そう簡単に負けを認めることは許されんぞ」

「死んでいった兵を無駄死にさせんために、生ある限りあがき通すことじゃ」

進撃の巨人 Season2

33話(8話)

「美女に世話してもらえるのなら、望む所じゃ」

 

「だがあれで中央の連中は考えるであろうぞ。古臭い慣習と心中する覚悟が、自分にあるのかをのう」

 

進撃の巨人 Season3

40話(3話)

「いつかその日が来ると思うとった。この狭い世界の中に人を留め続けることに限界を迎える日が。そしてその時が来れば、わしも王に銃口を向けねばなるまいと」

 

「ようは、また全て賭け事なのか……」

 

42話(5話)

「我々が調査兵団に同調すると思われるのは心外ですな。人同士の殺し合いほど愚かな話は無い。この狭い人の世に一度火を放てば、燃え尽くすまでそう時間はかからんでしょう」

「先のトロスト区防衛戦においては、そう兵士に言い聞かせ、大いに死んでもらったものです」

 

「先程、駐屯兵団と調査兵団は同調していないと申し上げましたが、一言いい忘れましたわい。あなた方にも同調していないと」

「わしは、このエルヴィンと同じ思いを持ちながらも、結局はあなた方政府に任せる方が、人類のためになるのではという迷いがあった」

「おそらくわしらよりずっと、壁や巨人に詳しいでしょうからな」

「もしあなた方が、より多くの人類を救えるのであれば、エルヴィンを処刑台に送ってもよいと思っておった。当然、場合によっては、わしらも首を差し出す覚悟もあった」

「じゃが、今あなた方が答えをくれましたわい。たとえ巨人の力や成り立ちに関して無知であろうと、我々の方があなた方よりは、多くの命を生かせましょう」

 

「どうやら理解しておられぬようですな。これはただの脅しでは無い、クーデターじゃ!」

 

「そもそも偽の王であればなおのこと。我々は真の王を立てるつもりです」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

43話(6話)

「わしはお主と違って賭け事は好まん。またお主らと違って、己よりも生き残る人類の数を尊重しておる。お主の提案に乗ったのはそれが人類にとって最善だと思うたからじゃ」

「その結果、王政に付くべしと風が吹けば、ザックレーと争うことも覚悟しとった」

「とまあ、わしらクーデター直後のお仲間同士でさえこの有様じゃ。いつか人は争いを止めるとか誰かが謳っておったが、それはいつじゃ?」

 

59話(22話)

「ならばまた民を騙すか? レイス王がやったように、何も知らない民をこの壁の中で飼おうと言うのか?」
「ならば、我々には何の大義があって、レイス王から王冠を奪ったのだ?」

 

進撃の巨人 The Final Season

68話(9話)

「諸君らには借りしかない、無知な我々を希望へと導いてくれた。諸君らの有志を疑うことは、悪魔の所業に等しくあろう」

 

69話(10話)

「一つ確かなことがある。我々は海でつながる世界において、よちよち歩きを始めた赤ん坊にすぎん。今は黙って、耳を貸すのみとしよう」

 

71話(12話)

「上手い嘘のつき方を知っとるか? 時折、事実を混ぜてしゃべることじゃ」

 

「これはもう儂らの負けじゃ。エレンに降参しよう」

 

「多くの兵に兵団を見限る決断をさせた、我々の敗因はこれに尽きる」

 

「服従では無い。イェーガー派に、ジークの居場所を教えることを条件に交渉を図る。我々は従来通り、地ならしの実験を見守り、これにエルディアの存続を委ねる」

「ただし、我々の親玉を殺された件を、ここに不問とする。これで数百、数千の同志が殺し合わずに済むのなら」

 

75話(16話)

「果たして、端から毒を盛ったワインを振る舞う客人を信用しなかった我々は、懸命であったのやら、愚かであったのやら……」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

→進撃の巨人
→進撃の巨人(2期)
→進撃の巨人(3期)
→進撃の巨人(4期)
→進撃の巨人(エレン)
→進撃の巨人(ミカサ)
→進撃の巨人(アルミン)
→進撃の巨人(リヴァイ)
→進撃の巨人(エルヴィン)
→進撃の巨人(ハンジ)
→進撃の巨人(ライナー)
→進撃の巨人(ベルトルト)
→進撃の巨人(アニ)
→進撃の巨人(ジャン)
→進撃の巨人(コニー)
→進撃の巨人(サシャ)
→進撃の巨人(クリスタ)
→進撃の巨人(ユミル)
→進撃の巨人(ハンネス)
→進撃の巨人(リコ)
→進撃の巨人(ペトラ)
→進撃の巨人(ガビ&ファルコ)
→進撃の巨人(ジーク&ピーク)
→進撃の巨人(イェレナ)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました