「僕のヒーローアカデミア」切島鋭児郎(きりしまえいじろう、レッドライオット)の名言・台詞まとめ

アニメ「僕のヒーローアカデミア」切島鋭児郎(きりしまえいじろう、レッドライオット)の名言・台詞をまとめていきます。

僕のヒーローアカデミア

9話

「(大変そう?) バカ、おめえ」
「これ(レスキュー)こそヒーローの本分だぜ」
「鳴るぜ、腕が!」

 

11話

「待て待て、ダチを信じる!」
「男らしいぜ、爆豪」
「乗ったよ、おめえに!」

 

12話

「コミックかよ…ショック吸収をないことにしちまった」
「究極の脳筋だぜ」

 

僕のヒーローアカデミア(2期)

16話

「轟の野郎、わざと倒れるタイミングで」
「俺じゃなかったら死んでるぞ!」

 

「(体が鋼?) ”個性”だだかぶりかよ」
「ただでさえ地味なのに!」

 

僕のヒーローアカデミア(3期)

45話

「(目の前にいる人?) じゃあ、今度は助けよう」

 

「んなもん分かってるよ!」
「でもさ、なんも出来なかったんだ」

 

「ダチが狙われてるって聞いてさ、なんも出来なかった!」
「しなかった!」

 

「ここで動かなきゃ俺は、ヒーローでも男でもなくなっちまうんだよ!」

 

46話

「(助けに)行くなら即行…今晩だ」
「重傷のおめえが動けるかは知らねえ」

 

「それでも誘ってんのは、おめえが一番悔しいと思うからだ」
「今晩、病院前で待つ」

 

「要は隠密活動!」
「それが俺ら卵の出来る、ルールにギリ触れねえ戦い方だろ!」

 

「迷うくらいなら、そもそも言わねえ!」
「あいつはヴィランのいいようにされていいタマじゃねえんだ」

 

僕のヒーローアカデミア(4期)

68話

「クラスの連中と実力も経験値も開いちまって」
「だからせめて、並び立てるよう差を埋めたいんす!」

 

「せめてな、仲間助ける姿勢貫けよ!」

 

「人撃っといて自分だけビビって逃げるなんて、男らしくねえよ!」
「観念しろ!」

 

「こんなの大通りに出したら惨劇じゃ済まねえぞ」
「ここでケリをつける!」

 

「(俺は)ぜってえブレねえ馬だ」

 

「上げる…もっと…もっとだ」
「身も心も! もっと硬く! 固めて!」
「絶対倒れぬ…壁となれ!」

 

「個性伸ばしの圧縮訓練で到達した、現時点での最高硬度!」
「烈怒頼雄斗安無嶺過武瑠(レッドライオットアンブレイカブル)!」

 

「この状態を維持できる時間は30~40秒程度」
「ただその間俺は、絶対倒されねえ!」

 

「俺を見ろーーっ!」

 

「後ろの人達まだ逃げれてねえ」
「店ん中にだってきっとまだ人がいる」

 

「こいつの刃を俺だけに向かわせろ!」

 

「俺は硬化の男! 小細工よりゴリ押しで、圧倒しろ!」
「必殺! 烈怒頑斗裂屠(レッドガントレット)!」

 

70話

「俺等の力が少しでもその子んためになるなら」
「やるぜ! イレイザー・ヘッド」

 

71話

「忠義やねえや、そんなもん!」
「子分に責任押しつけて逃げ出そうなんて、男らしくねえ!」

 

72話

「その拳…砕けても知らねえぞ!」

 

「何やってんだよ…」

 

「強くなった気になって、飛び出て」
「自慢の必殺技はあっさり破られて、足手まといになっちまって…」

 

「何もねえのかよ、地味野郎!」
「”硬化”破られたら、なんも出来ねえのかよ!」

 

「なんも出来ねえのかよ…」

 

「あの頃と、何も変わってねえじゃねえか」
「何も…」

 

「心に漢気(おとこぎ)がありゃ”個性”なぞ関係ねえ!」
「漢気ヒーロー紅頼雄斗(クリムゾンライオット)ならば、そう言うだろう!」

 

「本当に怖え時、本当に命を懸けて動かなきゃいけねえ時、てめえの本性が現れる」
「命と向き合って、その上で一歩踏み出せる人間がヒーローになれるんだ」

 

「俺はヒーローどころか、男でもなんでもねえ」

 

「もうぜってぇ後悔しねえ」
「俺は、守れるヒーローになる」
「情けねえ自分との決別だ!」

 

「今までも怖え思いはたくさんしてきた」
「でもそれ以上に、いつも怖かったんだ」

 

「もう二度と…二度と後悔しねえ!」
「俺は…守れるヒーローに!」

 

「割れたそばから固めてけ!」
「耐えろ! 守れ! 殉じろ!」

 

78話

「(大丈夫?) まだまだだわ」

 

僕のヒーローアカデミア(6期)

121話

「俺は…烈怒頼雄斗(レッドライオット)」
「俺の後ろに血は、流れねえ!」

 

「芦戸。おめえの漢気(おとこぎ)は、俺が受け取った!」

 

136話

「倒れねえーーっ!」

 

「緑谷! 俺昔な、とある話に打ちのめされた!」
「おない年の奴が、ダチを助けるために駆け出したって」

 

「あれ、お前なんだろ?」

 

「特別だとか、力だとか、関係ねえ!」
「あん時のお前が、今の俺達の答えだと思うぜ」

 

僕のヒーローアカデミア(7期)

142話

「緑谷を止めに行った時、誰か1人でも無個性を責めたかよ」
「涙こらえて隠し事してた奴、嫌いになったかよ!」

 

「あの時、みんな言ったよな!」
「”責任を分けてくれ”って」
「”1人で行かせない”って」
「”余計なお世話はヒーローの本質だ”って」

 

「◯◯! まだ終わってねえんだよ!」
「一緒に踏ん張れるんだよ、俺達!」

 

147話

「うちの轟が漢(おとこ)見せたんだ」
「この防衛戦、ぜってえ守りきる!」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

僕のヒーローアカデミア 全5巻セット [Blu-ray]
コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→僕のヒーローアカデミアのインデックス