アニメ「本好きの下剋上」の名言まとめました

アニメ「本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~」の名言をまとめていきます。

本好きの下剋上

1話 本のない世界

「死ぬ間際、私は祈った。神様、生まれ変わっても、本がたくさん読めますように」

本を偏愛する大学生・本須麗乃は、図書館への就職が決まるも事故で命を落とす。
そして死ぬ間際に祈ったのは、本がたくさん読める世界に生まれ変わることだった。

「本があればな……そうだよ! 本さえあれば、どんな環境にも、我慢できる」
「ううん、我慢する!」

転生した麗乃は幼い少女・マインとして、知らない母親・エーファと出会う。
本当の母親を思い出し悲しくなるが、本さえあれば我慢できることを思い出す。

「本のためだから仕方ないよね~」

熱を出して寝ていたマインだが、さっそく起き出して本を探し出す。
マインにとって本のためなら、あらゆることが許された。

「お願いします。あの本に触らせて下さい」
「買えないのは分かりきってるから、触るだけでいいんです」
「インクの匂いだけでも満喫したいんです!」

エーファと一緒に市場に来たマインだが、刺戟が強すぎて倒れてしまう。
休憩するために入った店で本を見つけたマインは、土下座で触りたいことをお願いする。

「こうなったら手段は選ばない。絶対に本を手にいれてやる! 負けるもんか!」

お願いしたマインだが高価なものとして、本に触ることも出来ない。
さらに街に本屋が無いのを知り、自分で作ることを決意する。

2話 生活改善と石板

「一度座り込むと立ち上がれない。本当に弱いな、この身体」

父親の忘れ物を届けるため姉トゥーリと外に出たマイン。
しかし階段を降りるだけで疲れてしまい、一度座ると立ち上がれないほどだった。

「なんじゃこりゃ~!?」
「いい歳してそんなことされた経験ないから、対処に困る~!」

よく知る男の子達と合流して歩くマイン。
同じ歳の少年ルッツに髪を褒められるが、慣れないため真っ赤になり脳内で転げ回る。

「貧乏なんて嫌いだ~!」

父親がいる門に来た時、紙を見たためおねだりするマイン。
しかし羊皮紙は1枚で1ヶ月分の給料なのを知り、脳内で貧乏が嫌いなことを叫ぶ。

「そうだ! 機械が無い時代はどうしてたっけ?」
「古い文明……エジプト文明……パピルス!」

紙から作ろうとするマインだが、力の無い自分では難しいと考える。
しかし町の習慣を見ている時、古い文明での紙の作り方にヒントを得る。

「文字が書けるだけでこんなに嬉しいんだから、本が読めたら、もっと嬉しいと思う」

父親の仲間から黒板のように何度も書き直せる石板をもらったマイン。
「マイン」という文字も教えてもらい、改めて本が読みたいことに思いを馳せる。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
「本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません」 Blu-ray BOX

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク