「Dr.STONE(ドクターストーン)」1~6話の名言・台詞まとめました

アニメ「Dr.STONE(ドクターストーン)」1~6話の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
Dr.STONE 1-19巻セット (コミック)

Dr.STONE

→Dr.STONE(7~15話)
→Dr.STONE(16~24話)

1話

「その日、世界中の人間は全て……石になった」

 

「聞いてくれ、千空。俺は決めた! 今日こそ今から、この5年越しの想いを、杠に伝える!!」(大木大樹)

 

「うるせーな。1ミリも応援してねえよ、このデカブツ」
「そもそも5年も何も言わねえとか、バカ、どんだけ非合理的だ!?」(千空)

 

「ありがとう、千空。だがすまん、こんなインチキには頼れん!」(大樹)

 

「で、何だいね、大樹くん。話ってのは?」(小川杠)

 

「想いを伝えることで、杠と友達ですら無くなるのが怖かった。俺は、ずっと腰抜けだった」
「だが、今日こそは!?」(大樹)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「死んでないぞ、俺は! 少しでも油断すると吸い込まれる。起きろ、俺。杠なら大丈夫、きっと無事でいるはずだ。腰抜けのまま終われるか!? 今度こそ、杠に伝える!!」(大樹)

 

「生き延びてやるぞ、気合で! 何週間だろうが、何ヶ月だろうが、言う、必ず、絶対に!」
「死んでも生きてやる!!」(大樹)

 

「はい。そして、ここにもう一人、その考え無しの恥ずかしい子がいます」(杠)

 

「杠……見間違う訳も無い。何千年経とうが。生きてたんだな、あの日から、ずっと」(大樹)

 

「すまん、俺は守れなかった。いや、どっちかっつうと、杠に守られてたのは俺だ。杠がいたから、生きてられたんだ、ずっと。絶望的な暗闇で一人、何百年、何千年、ずっと」

「よし、やっと言えるぞ。聞いてくれ杠、あの日の続きを。もう、遥か遠い昔の、あの日の続きを……大好きでした、何百年も、何千年も……」(大樹)

 

「助けるからな杠。やり方は今はまるで分からん。だが、必ず!!」(大樹)

 

「やっと起き上がったか、このデカブツ」(千空)

 

「今日で西暦5738年の10月5日だ。どんだけ寝坊してやがんだテメエ。こっちはもう半年以上前から起きて働いてんだよ」(千空)

 

「(あの日から)ざっくり3700年は経ってる」(千空)

 

「何で分かるんだ、そんな正確な日付が?」(大樹)
「あっ、ただ数えてただけだ。他に方法あんのかよ?」(千空)

 

「もしも意志の力で起きれても、裸一貫で冬に目覚めりゃ食料調達で即ゲームオーバーだ。春スタートが生き残りの絶対条件、正確な暦はどうしても必要な情報だった」(千空)

 

「マンパワーが足りねえ。俺一人じゃ生活基盤作成だけで一日が終わる。こっから先の文明に進むにはどうしても体力バカが欠かせねえ」
「ずっと待ってたんだよ大樹、テメエを。100億%生きてるって分かってたからな」

「杠に言うって決めた男が、志半ばで、たかだか数千年ポッチ踏ん張れねえ訳ねえ。テメエはあんな玉じゃねえだろ!?」(千空)

 

「頭を使うことは千空、お前に任せる。体を使うことは、俺に任せろ!」(大樹)

 

「人類が石の時代から近代文明まで、200万年。そこを一気に駆け上がる。世界を取り戻してやる。石化や復活の原理も、科学的に突き止めて」(千空)

「杠も、助け出す!」(大樹)

 

「俺ら高校生のガキ2人で、ゼロから文明を作り出すんだよ。このストーンワールドの、アダムとイブになってやる。唆るぜ、これは」(千空)

 

「2人ほぼ同時ってのが妙じゃねえか。3700年の半年差だぞ。偶然には必ず合理的な理由がある」(千空)

 

「科学では分からぬことも、この世にはあるってことか?」(大樹)
「だから仮説と実験繰り返してんだろうが。地道なもんだ科学は」(千空)

 

「科学では分からないこともある、じゃねえ。分からねえことにルールを探す。そのくっそ地道な努力を、科学って呼んでるだけだ」(千空)

 
スポンサーリンク
→Amazon端末ならFireタブレット
→Amazon Fire TV Stick(テレビで映画)

2話

「合理的に考えろ。俺は頭、てめえは体を使う。片方が欠ける訳には行かねえだろうが。逃げる時は必ず、俺ら2人同時にだ!」(千空)

 

「詳しい説明は、うん、ゆっくり聞くよ。ただ一つ約束する。君らにはもう、二度と危険ってやつは訪れない。これからは、この俺が戦うからだ」(獅子王司)

 

「身を守るためとはいえ、俺がこの手で殺めたんだ。うん。全てを糧にすることで、自然の輪廻に感謝したい、それだけだよ」(司)

 

「俺は武力、狩猟担当だね」
「俺が仲間になったからには、二度と獲物に不自由はさせない」(司)

 

「さぁーて、楽しいクイズの時間だぞ。科学文明にまず欲しい、一番重要なもんは何だ?」
「炭酸カルシウム」(千空)

 

「千空、君は素晴らしい男だ。俺の復活直後もそうだ。とっさに冷静な情報伝達、君より切れる男を見たことがない。尊敬するよ、心から」(司)

 

「千空。君は心の汚れた年寄り達まで、全員助けるつもりかい?」(司)

 

「うん。彼等も最初はしおらしく感謝するだろうね」

「だが、文明が戻れば必ず老いた金持ちや権力者達が、そこは俺の土地だった、家賃を寄越せ、税を払えと、また貧しい若者から未来を奪い取るだろう」

「もうそんな世界に戻しちゃいけない」(司)

 

「ここはストーンワールド、まだ何のけがれもない楽園だ。純粋な若者だけを復活させて、このまま誰のものでもない自然と共に生きていく」

「人類を浄化するチャンスなんだ。君もそう思わないか、千空?」(司)

 

「全然、1ミリも思わねえな」
「科学の力で人類全員、もれなく助けてやるよ」(千空)

 
スポンサーリンク
→アフィリエイトを始めるならA8.net
→アニメ好き異性との出会い【ヲタ婚】

3話

「分かった、説明はいらん。千空、お前がそういうならそうなんだろう」(大樹)

 

「獅子王司はいい奴で、人殺しだ」(千空)

 

「分かんないよ、何も。起きたばっかだもん。でも、はーん、さてはアレだこれ。大樹くんが、助けてくれたんだね。わーお、ありがとう」(杠)

 

「殺してるっていうのは、うん、捉え方の問題だね。間引いているんだ、新しい世界のために」(司)

 

「俺は人を殴らん! だが俺をいくら殴っても蹴っても構わん! その代わり、石像を壊すのはやめろ! 人を殺すのは、悪いことだ!!」(大樹)

 

「大樹、君の主張を整理すると。自分は手を出さず殴られ続ける、よって石像は壊すな、そういうことかい?」
「意味が分からない? 何の取引にもなってない?」(司)

 

「このストーンワールドでバケモンを止める方法は一つだ」
文明を進めて、科学の武器を作る!」(千空)

 

「司が気づかねえ内に科学の武器を完成しちまえば俺らの勝ち。その前にバレたら俺らの負け。これはそういうレースなんだよ」(千空)

 

「違う、泣いてない。いや、泣いてなくはないんだけど。違うんだよ、大樹くん」

「私、まだ今日起きたばっかで、何か全然現実感ないっていうか。でも、この鎌倉の大仏様みたら、ホントに日本だったんだなって。ホントに何千年も経っちゃったんだなって」

「お母さんや、お父さんや、みんなのこととか、急に……」(杠)

 

「人類史上最大の発明品」
「違う。銃、つまり火薬を作る」(千空)

 

4話

「杠。石化している間、俺は、ずっと続きを話そうと思っていた。何百年も、何千年も」
「だが今、この逃げ場も無い極限のストーンワールドで、それを伝えるのは、男として卑怯な気がしてならん」(大樹)

 

「俺たちは文明を取り戻す。人類をみな助ける。その時こそ、3700年越しで、俺の話の続きを聞いてくれないか、杠」(大樹)
「うん、分かった。戻せるよ世界、絶対」(杠)

 

「(火薬で)取引する。司は話の通じねえ殺人鬼じゃねえ」
「戦況しだいで取引の余地はあるってことだ。火薬武器さえありゃ、優位に立てる」(千空)

 

「ああ。唆るぜ、これは。このストーンワールドに、俺らの他に誰かいる」(千空)

 

「どっちを取る。安全か、未来か?」(千空)

 

「もし、科学の武器を作り、旧世代を蘇らせれば、既得権益を求めて争いだし、たちまち汚れた世界へと逆戻りだ。それを食い止めるためなら、俺が力で統べることも厭わない」(司)

 

「君は自分を合理的というが、大切な友人がいる。俺には取り巻きは山程いるが、大切な人間などいない。だから千空、俺の勝ちだ」(司)

 

「言っちゃダメだよ、千空くん。復活液のレシピ聞き出さないうちは、司くんは千空くんのこと、殺せないんだから。私は全然大丈夫」
「でも、千空くんだけは、みんなの未来のために、絶対死んじゃダメだから!」(杠)

 

「ありがとう、千空。これで、君を生かしておく理由が無くなってしまった」(司)

 

「今ここで、誓ってくれないか、科学を捨てると?」(司)
「無理だな、それだけは」(千空)

 

「千空。もしも俺達が、3700年前に出会っていたら、この星が、ストーンワールドになる前に出会っていたら、初めての友達になれたのかもしれない」(司)

 
 
管理人の別サイトに興味がありましたら
→本の名言サイト
→ユーチューブ(名言セリフの部屋)

5話

「心配ないぞ、杠。俺は冷静だ」(大樹)

 

「大丈夫だよ、大樹くん。あの時、3人で約束したんだから。上手くいくよ、きっとそういうのって!」(杠)

 

「科学は全てのものを、平等にする!!」(大樹、杠)

 

「全員が助かるルールを、一から探す」(千空)

 

「千空は自殺しない。誰かの犠牲にもならん。全員が助かる何かに賭けたはずだ!」(大樹)

 

「宇宙に行ける程の科学文明、俺がゼロから築いてやるよ」(千空)

 

「出来んのは、ただ地道な工夫。それこそが文明」(千空)

 

「俺は、この地球上で今たった1人の、人間だ」(千空)

 

6話

「唯一はっきりしてんのは、人間と燕だけがピンポイントで狙われたってことだ。一見むちゃくちゃなファンタジーだが何かルールがある。だったら俺は戦える」

ルールを探すのが科学だ!」(千空)

 

「忘れんな。どんなに石化がファンタジーだろうがな、科学の基礎だけは絶対に揺らがねえ!」(千空)

 

「うん。おかえり、千空くん」(杠)

 

「石化のせいでこんなに苦労してるのに、その石化のおかげで治るとはなあ」
むしろ、この石化こそ、まさにその医者がわりの命の石、ドクターストーンじゃないか!」(大樹)

 

「俺はずっと考えてた。誰が人類を石化した? 誰の攻撃だ? いや、本当にこれは、攻撃なのか?」(千空)

 

「ホントのホントにめちゃくちゃ大変だ。でもやる」
「手芸は根気ですから」(杠)

 

「何か、すごいあっさり……男同士は、ドライですな?」(杠)
「ああ。千空は合理的だからな。当分、会わんことにはなるな」(大樹)

 

「必ず立ち上げる、科学の王国を」(千空)

 

「問答無用。自己紹介なら地獄でしろ!」(コハク)

 

「全て見ていたぞ。女を人質にし、あまつさえその身代わりとなった紳士な男を、無慈悲に葬った。会話までは聞けなかったが、君の背景など聞く気も無いな!」

「あの紳士な妖術使いの男に、魂尽きるまでわび続けろ!」(コハク)

 

「科学も無い、純粋な原始の人類だ。いつでも統べられる、いつでも殺せる、攻撃する意味が無い」(司)

 

「素晴らしい」
「いや、そのアルキなんとかの知恵がじゃない。
君のその、一歩一歩問題解決へと楔を打ち続ける、揺らがぬ信念がだよ」(コハク)

 

「私の名はコハク。どうやら私は、君のことがめっぽう好きになってしまったようだ」(コハク)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
Dr.STONE 1-19巻セット (コミック)

 

→Dr.STONE(7~15話)
→Dr.STONE(16~24話)
→Dr.STONE(2期)
→Dr.STONE(千空)
→Dr.STONE(大木大樹)
→Dr.STONE(小川杠)
→Dr.STONE(獅子王司)
→Dr.STONE(コハク)
→Dr.STONE(クロム)
→Dr.STONE(あさぎりゲン)
→Dr.STONE(百夜&リリアン)
→Dr.STONE(氷月)
→Dr.STONE(西園寺羽京)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました