「戦姫絶唱シンフォギア」の名言まとめました

アニメ「戦姫絶唱シンフォギア」の名言をまとめていきます。

戦姫絶唱シンフォギア

1話 覚醒の鼓動

「あたしとあんた。両翼そろったツヴァイウィングは、どこまでも遠くへ飛んで行ける!」(天羽奏)
「どんなものでも、超えてみせる!」(風鳴翼)

 

「おい、死ぬな! 目を開けてくれ!」
「生きるのを諦めるな!!」(奏)

 

「いつか、心と身体、全部からっぽにして、思いっきり歌いたかったんだよな。今日はこんなにたくさんの連中が聞いてくれるんだ」
だからあたしも、出し惜しみ無しでいく、とっておきのをくれてやる。絶唱……」(奏)

 

「私に出来ることを、出来ることがきっとあるはずだ」
「生きるのを諦めないで!」(立花響)

 

2話 雑音と不協和音と

「そうだ、何だかよく分からないけど、確かなのは、私がこの子を助けなきゃっていけないことだよね!」(響)

 

「愛想は無用よ。これから向かう所に、微笑みなど必要ないから」(翼)

 

「俺たちが守りたいのは機密などでは無い、人の生命だ」
「そのためにも、この力のことは、隠し通してもらえないだろうか」(風鳴弦十郎)

 

3話 夜にすれ違う

「力を合わせ、あなたと共に戦うことなど、風鳴翼が許せるはずがない!」(翼)

 

「覚悟を持たずに、のこのこと遊び半分で戦場(いくさば)に立つあなた」
「奏の……奏の何を受け継いでいるというの!」(翼)

 

「泣いてなんかいません!」
「涙なんて、流していません。風鳴翼は、その身を剣と鍛えた戦士です」
「だから……」(翼)

 

「あんた達が、誰かの約束を犯し、嘘の無い言葉を、争いの無い世界を、何でもない日常を、剥奪するというのなら」(響)

 

4話 落涙

「奴等を皆殺せるのなら、あたしは望んで地獄に落ちる!」(奏)

 

「2年前、私の不始末で奪われた物を忘れるものか」
「なにより、私の不手際で奪われた命を忘れるものか!」(翼)

 

「戦場で何をバカなことを!!」(翼、雪音クリス)

 

「私とて、人類守護の務めを果たす、防人。こんな所で、折れる剣じゃありません!」(翼)

 

「あのね、響。どんなに悩んで考えて、出した答えで、一歩前進したとしても、響は響のままでいてね」
「だって、響の変わりはどこにもいないんだもの。いなくなって欲しくない」(小日向未来)

 

「それでも、守りたいものを守れるように。私は、私のまま強くなりたい!」(響)

 

5話 なお昏き深淵の底から

「覚えて置いてね、クリス」
「痛みだけが人の心をつないで絆と結ぶ、世界の真実ということを」(フィーネ)

 

「あたしがそばにいるか遠くにいるかは、翼が決めることさ」(奏)

 

「心配しないで、奏。私、あなたが言うほど真面目じゃ無いから、ポッキリ折れたりしない」
「だからこうして、今日も無様に生き恥をさらしている」(翼)

 

「思いつきを数字で語れるものかよ!」(弦十郎)

 

6話 兆しの行方は

「暴走するデュランダルの力。怖いのは、制御できないことじゃない。ためらいもなく、あの子に向かって振り抜いたこと。私が、いつまでも弱いばっかりに!」(響)

 

「力の使い方を知るということは、すなわち戦士になるということ」
「それだけ、人としての生き方から遠ざかることなのよ。あなたに、その覚悟はあるのかしら?」(翼)

 

「知ってますか、翼さん」
「お腹すいたまま考えても、ロクな答えが出せないってこと!」(響)

 

「分かりあえるものかよ、人間が! そんな風に出来ているものか!」
「気に入らねえ、気に入らねえ、気に入らねえ、気に入らねえ! 分かっちゃいねえことを、ペラペラと知った風に口にするお前が!!」(クリス)

 

「最速で、最短で、真っ直ぐに、一直線に、胸の響きを、この想いを、伝えるために!」(響)

 

7話 撃ちてし止まぬ運命のもとに

「歌わせたな……あたしに歌を歌わせたな!?」
「教えてやる。あたしは歌が大嫌いだ!」(クリス)

 

「好きなこと? もうずっとそんなことを考えていない気がする。遠い昔、私にも夢中になったものがあったはずなのだが」(翼)

 

8話 陽だまりに翳りなく

「うん。私は、そういうの苦手みたい」
「今までの関係を壊したくなくて。なのに、一番大切なものを壊してしまった」(未来)

 

「翼さんはみんなを守って下さい。だったら私、前だけを向いていられます!」(響)

 

「助ける私だけが一生懸命じゃない。助けられる誰かも、一生懸命」
「本当の人助けは、自分一人の力じゃ無理なんだ。だから、あの日あの時、奏さんは私に、生きるのを諦めるなと叫んでいたんだ。今なら分かる気がする」(響)

 

「そうだ。私が誰かを助けたいと思う気持ちは、惨劇を生き残った負い目なんかじゃない!」
「2年前、奏さんから託された、私が受け取った、気持ち何だ!」(響)

 

9話 防人の歌

「俺がやりたいのは、君を救い出すことだ。引き受けた仕事をやり遂げるのは、大人の務めだからな」(弦十郎)

 

「昨日に翼さんが戦ってくれたから、今日にみんなが暮らせている世界です」
「だから、知らないなんて言わないで下さい」(響)

 

10話 繋いだ手だけが紡ぐもの

「いい大人は夢を見ない、と言ったな。そうじゃない、大人だからこそ夢を見るんだ」
「子供のころは、ただ見るだけだった夢も、大人になったら叶えるチャンスが大きくなる。夢を見る意味が大きくなる」(弦十郎)

 

「小日向未来は、私にとっての陽だまりなの。未来のそばが一番暖かい所で、私が絶対に帰ってくる所。これまでもそうだし、これからもそう。だから私は絶対に帰ってくる!」(響)

 

「どうして私にはアームドギアが無いんだろうって、ずっと考えてた」
「何もこの手に握ってないから、2人とこうして手を握り合える。仲良くなれるからね!」(響)

 

11話 月を穿つ

「知らいでか! 飯食って映画見て寝る! 男の鍛錬は、そいつで十分よ!!」(弦十郎)

 

「呪いを解く? それは、お前が世界を支配するってことなのか?」
「安い、安さが爆発しすぎてる!!!」(クリス)

 

12話 シンフォギア

「今日に折れて死んでも、明日に人として歌うために。風鳴翼が歌うのは、戦場ばかりじゃ無いと知れ!」(翼)

 

「よかった……私を支えてくれてるみんなは、いつだってそばに。みんなが歌ってるんだ。だから、まだ歌える、頑張れる、戦える!!」(響)

 

13話 流れ星、墜ちて燃えて尽きて、そして──

「歌は、戦う力だけじゃない。命なんだ!」(響)

 

「どうでもいいことだ」
「立花は、私の呼びかけに応えてくれた。自分から戻ってくれた。自分の強さに、胸を張れ!」(翼)

 

「何とかする。ちょ~っと行って来るから。生きるの、諦めないで!」(響)

戦姫絶唱シンフォギアG

1話 ガングニールの少女

「英雄!? 私たちが!? あいや~。普段誰も褒めてくれないので、もっと遠慮なく褒めて下さ~い! むしろ~、褒めちぎって下さ~い!!」(響)

 

「あなたのそういう所、嫌いじゃないわ。あなたのように誰もが誰かを守るために戦えたら、世界は、もう少しまともだったかもしれないわね」(マリア・カデンツァヴナ・イヴ)

 

2話 胸に力と偽りと

「このステージの主役は私。人質なんて、私の趣味じゃ無いわ」(マリア)

 

「貴様みたいなのはそうやって、見下ろしてばかりだから勝機を見落とす!」(翼)

 

「偽善者……この世界には、あなたのような偽善者が多すぎる!」(月読調)

 

「平気、へっちゃらです!」
「私のしてることって、偽善なのかな? 胸が痛くなることだって、知ってるのに」(響)

 

3話 終焉を望む者、終焉に臨む者

「それでも私たちは、私たちの正義とよろしくやって行くしかない」
「迷って振り返ったりする時間なんてもう、残されていないのだから」(マリア)

 

「だけどあたしも、もうちょっとだけ頑張ってみようかな」(クリス)

 

4話 あたしの帰る場所

「正義では守れないものを、守るために」(調)

 

「通じないなら、通じ合うまでぶつけてみろ!」
「言葉より強いもの、知らぬお前たちではあるまい!」(弦十郎)

 

「楽しいな。あたし、こんなに楽しく歌を歌えるんだ。そっか、ここはきっと、あたしが、いてもいい所なんだ」(クリス)

 

5話 血飛沫の小夜曲

「ギアをまとう力は、私が望んだものじゃないけど、この力で、みんなを守りたいと望んだのは、私なんだから」(セレナ)

 

6話 奇跡――それは残酷な軌跡

「頑張ってリハビリをして、元気になればきっと、お母さんもおばあちゃんも、喜んでくれると思っていたのに」(響)

 

「この拳も、命も、シンフォギアだ!!」(響)

 

8話 繋ぐ手と手…戸惑うわたしのため…

「涙など、剣には無用。なのに、なぜ溢れて止まらぬ。今の私は、仲間を守る剣にあたわずということか!?」(翼)

 

「死ぬ、戦えば死ぬ。考えてみれば当たり前のこと。でも、いつか麻痺してしまって、それはとても遠いことだと錯覚していた」
「戦えない私って、誰からも必要とされない私なのかな?」(響)

 

「行っちゃダメ! 行かないで!」
「この手は離さない。響を戦わせたくない。遠くに行って欲しくない!」(未来)

 

「今日はもう少しだけ、私に頑張らせて」(響)

 

9話 英雄故事

「少しずつ何かが狂ってる、壊れていきやがる。あたしの居場所を蝕んでいきやがる」
「やってくれるのは、どこのどいつだ! お前か? お前らか!?」(クリス)

 

「偽りの気持ちでは世界を守れない。セレナの思いを継ぐことなんて出来やしない。全ては力。力をもって貫かなければ、正義をなすことなんて出来やしない」(マリア)

 

「そうだ、うつむいてちゃダメだ。私が未来を助けるんだ!」(響)

 

「どいつもこいつもご陽気で。あたしみたいな奴の場所にしては、ここは暖か過ぎんだよ」(クリス)

 

「死ぬ気か、お前! ここにいろって、な? お前はここから、いなくなっちゃいけないんだからよ」(クリス)

 

10話 喪失までのカウントダウン

「だけど、未来。こんなやり方で作った世界は、暖かいのかな?」
「私が一番好きな世界は、未来がそばにいてくれる、暖かい陽だまりなんだ」
「たとえ未来と戦ってでも、そんなことさせない!」(響)

 

「死んでも未来を連れて帰ります!」(響)
「死ぬのは許さん!」(弦十郎)
「じゃあ、死んでも生きて帰って来ます!!! それは、絶対に絶対です!!!」(響)

 

11話 ディスティニーアーク

「案ずるな。1人でステージに立つことには慣れた身だ!」(翼)

 

「それでも私は、自分の気持ちだけは偽りたくない。偽ってしまったら、誰とも手をつなげなくなる」(響)

 

「敵とか味方とか言う前に、子供のやりたいことを支えてやれない大人なんて、格好悪くて適わないんだよ!」(弦十郎)

 

「戦いじゃありません、人助けです!」(響)

 

「でもあいつは、自分を偽って動いてるんじゃ無い。動きたいことに動くあいつが、眩しくて羨ましくて、少しだけ信じてみたい!」(調)

 

12話 撃槍

「あたしの十字架を、他の誰かに負わす訳にはいかねえだろ!」(クリス)

 

「首根っこ引きずってでも連れ帰ってやる。お前の居場所、帰る場所に」
「お前がどんなに拒絶しようと、私はお前のやりたいことに手を貸してやる。それが、片翼では飛べぬことを知る私の、先輩と風を吹かせる者の果たすべき使命だ!」(翼)

 

「まったくどうかしていやがる。だからこいつらのそばは、どうしようもなく、あたしの帰る場所なんだな」(クリス)

 

「意味なんて、後から探せばいいじゃないですか。だから、生きるのを諦めないで!」(響)

 

13話 遥か彼方、星が音楽となった…かの日

「生まれたままの感情を、隠さないで」(セレナ)

 

「お前を、世界を滅ぼした悪魔にも、理想に準じた英雄にもさせはしない」
「どこにでもいる、ただの人間として裁いてやる!」(弦十郎)

 

「それじゃ、マリアさんの命は、私たちが守ってみせますね」(響)

 

「英雄でない私に、世界なんて守れやしない。でも、私たち、私たちは、1人じゃ無いんだ!」(響)

 

「でもね。胸のガングニールは無くなったけれど、奏さんから託された歌は、絶対に無くしたりしないよ」(響)

戦姫絶唱シンフォギアGX

1話 奇跡の殺戮者

「私、シンフォギアをまとえる奇跡が、嬉しいんです!」(響)

 

「マリアさんが守っているのはきっと、誰もが笑っていられる、日常なんだと思う」(未来)

 

「キャロル・マールス・ディーンハイムの錬金術が、世界を壊し、万象黙示録を完成させる」
「俺が奇跡を殺すと言っている!」(キャロル・マールス・ディーンハイム)

 

2話 世界を壊す――その前に

「理由を言えば受け入れるのか?」
「お前と違い、戦ってでも欲しい真実が、俺にはある!」(キャロル)

 

「この動き、人間離れどころじゃねえ、人外そのもの。つまり、やりやすい!」(クリス)

 

「違う! そうするしか無かっただけで、そうしたかった訳じゃない。私は、戦いたかったんじゃ無い。シンフォギアで、守りたかったんだ!」(響)

 

「そのようなかわいげを、いまだ私に求めているとは。防人の剣はかわいくないと、友が語って聞かせてくれた!」(翼)

 

3話 装者たちの黄昏

「私たち、どこまで行けばいいのかな?」(調)
「行けるとこまで、です!」(暁切歌)

 

「大丈夫なものかよ!」(クリス)
(守らなきゃいけない後輩に守られて、大丈夫な訳ないだろ!)

 

「あなたみたい面倒くさいの戦わせる方法は、よ~く知ってるの」
「頭の中のお花畑を踏みにじってあげる」(ガリィ)

 

4話 ガングニール、再び

「私は知ってるよ。響の歌が、誰かを傷つける歌じゃないことを」(未来)

 

「私だから知ってる。だって私は、響と戦って、救われたんだよ!」
「だから怖がらないで!」(未来)

 

「ゴメン。私、この力と責任から逃げ出してた。だけどもう迷わない。だから聞いて、私の歌を!」(響)

 

5話 Edge Works

「やらせてあげて下さい」
「これは、あの日、道に迷った臆病者たちの償いでもあるんです!」(マリア)

 

「切ちゃんを置いて逃げるなんて出来ない」
「私の命は、切ちゃんに救われた命だもの。切ちゃんを救うために、全部使うんだ!」(調)

 

6話 抜剣

「さて、どうしてくれる先輩」(クリス)
「反撃、程度では生ぬるいな。逆襲するぞ!」(翼)

 

「ギアも可能性も、二度と壊させやしないから!」(響)

 

「この力が本当に誰かを救う力なら、身にまとった私たちだって、きっと救ってくれるはず。だから強く信じるんです!」
「信じよう、胸の歌を! シンフォギアを!」(響)

 

「それでも響は、傷つけ傷つく痛みに、隠れて泣いている。私は何も出来ないけれど、響の笑顔を、その裏にある涙も、拳に包んだ優しさも、全部、抱きしめてみせる」
「だから、負けるな!!!」(未来)

 

7話 輝きを継ぐ、君らしく

「やけっぱちで強くなれるなどと、のぼせるな!」
「外れ奏者にはがっかりだ!」(ガリィ)

 

「弱くても、自分らしくあること。それが、強さ!」
「そうだ。らしくあることが強さであるなら、私は弱いまま、この呪いに反逆してみせる!」(マリア)

 

8話 向き合う勇気

「拳でどうにかなることって、実は簡単な問題ばかりかもしれない」(響)

 

「マムが残してくれたこの世界で、格好悪いまま終わりたくない!」(調)
「だったら、格好良くなるしかないです!」(切歌)
「自分のしたことに向き合う強さを!」(調)

 

「足手まといにならないこと、それは強くなることだけじゃない。自分の行動に責任を伴わせることだったんだ」(調)

 

「ごめんなさいの勇気を出すのは、調一人じゃないですよ。調を守るのは私の役目です!」(切歌)

 

9話 夢の途中

「夢に敗れ、それでもすがった誇りで戦ってみたものの、どこまで無力なのだ、私は!」(翼)

 

「私はもう一度、夢を見てもいいのですか!?」(翼)

 

「貴様はこれを剣と呼ぶのか? 否! これは、夢に向かって羽ばたく翼!」
「貴様の哲学に、翼は折れぬと心得よ!!」(翼)

 

10話 こんなにも、残酷だけど

「一人ぼっちが、仲間とか友達とか、先輩とか後輩なんて、求めちゃいけないんだ」
「じゃないと、残酷な世界がみんなを殺しちまって、本当の一人ぼっちになってしまう。なんで、世界はこんなも残酷なのに、パパとママは歌で救おうとしたんだ」(クリス)

 

「一人じゃないですよ」(切歌)
「未熟者で、半人前の私たちだけど。そばにいれば、誰かを一人ぼっちにさせないくらいは」(調)

 

「そっか。あたしみたいのでも先輩やれるとするならば、お前たちみたいな後輩がいてくれるからなんだな」(クリス)

 

「世界は大切なものを奪うけれど、大切なものをくれたりもする」
「そうか。パパとママは、少しでももらえるものを多くするため、歌で平和を!」(クリス)

 

11話 へいき、へっちゃら

「私、お父さんから大切なものを受け取ったよ」
「受け取っていたよ!」(響)

 

「リンカー頼りの私たちだけど」(調)
「その絆は、時限式じゃ無いのです!」(切歌)

 

12話 GX

「無いことなど無い!」
「たとえ万策尽きたとしても、一万と一つ目の手立ては、きっとある!」(マリア)

 

13話 正義を信じて、握り締めて

「奇跡とは、はびこる病魔にも似た害悪だ。故に俺は殺すと誓った」
「だから俺は、奇跡をまとう者にだけは負けられんのだ!」(キャロル)

 

「つなぐこの手が、私のアームドギアだ!!」(響)

 

「そうかもしれない。だけどね、響が正しいと思って握った拳は、特別だよ」
「世界で一番優しい拳だもの。いつかきっと、嫌なことを、全部解決してくれるんだから!」(未来)

戦姫絶唱シンフォギアAXZ

1話 バルベルデ地獄変

「大丈夫だよ。何かをするのに、リンカーやギアが不可欠な訳じゃ無いんだよ!」(響)

 

「クソッタレな思い出ばかりが、領空侵犯して来やがる!」(クリス)

 

2話 ラストリゾート

「仲間を信じるのは、俺たちも同じだ!」(弦十郎)

 

「ボロボロで帰還しても、まだ負けたとは思ってない」
「誰も悪くないんだから、エルフナインが謝る必要は無いわ」(マリア)

 

「皆さん。もう一瞬だけ踏みとどまって下さい」
「その一瞬は、僕がきっと永遠にしてみせます!」(エルフナイン)

 

3話 歯車が描くホロスコープ

「そうしなければならない理由があるのかもしれない。だけど、そのためにたくさんの人を傷つけていいなんてことには、ならないよ」(響)

 

「無用だよ、理由の解明は。シンプルに壊せば解決だ、シンフォギアをね」(アダム)

 

「ステファンのことはああするしか無かったし、同じ状況になれば、あたしは何度でも同じ選択をする!」(クリス)

 

4話 黄金錬成

「内なる三合、外三合より勁を発す。これなる拳は、六合大槍!」
「映画は何でも教えてくれる!」(響)

 

5話 虚構戦域に命を賭して

「だといいんだけどな?」
「悩んで下した決断が、いつも正しい訳じゃない。それどころか、初めから正解が無いなんてこともザラにある」(クリス)

 

「誰だって、譲れない想いを抱えてる。だからって、勝てない理由になんてならない」(響)
「勝たなくてもいいよ。
だけど絶対に、負けないで!」(未来)

 

6話 決死圏からの浮上

「分裂したって、増殖したって……何度だって、叩き潰す!!」(響)

 

「あたしらに抱えられるもんなんて、たかがしれている」
「お前はお前の正義を信じて握り締めろ! せめて、自分の最善を選んでくれ!」(クリス)

 

「リンカーを、ただの薬と思わないで欲しいです!」(切歌)
「みんなの想いが完成させた絆です!」(調)

 

7話 ARCANA No.00

「犠牲ではない。流れた血も失われた命も、革命の礎だ!」(サンジェルマン)

 

「ノリの軽さは、浅はかさな訳だ!」(プレラーティ)

 

「言ってること、全然分かりません!!」(響)

 

「だとしても、あなたの想い、私にもきっと理解できる。今日の誰かを踏みにじるやり方では、明日の誰も踏みにじらない世界なんて作れません」(響)

 

「思い上がるな。明日を開く手は、いつだって怒りに握った拳だけだ!」(サンジェルマン)

 

「響が、響のままやりたいことがわがままなら、私、響のわがままを応援する」
「響のわがままはね、きっと困っている人に差し出された、手なんだよ」(未来)

 

「重ね合ったこの手は」(調)
「絶対に離さないです!」(切歌)

 

8話 過去と未来の狭間で

「これが映画だったら、たかだか石ころでハッピーエンドになるはずなかろう!」
「御託は、人暴れしてからだ!」(弦十郎)

 

9話 碧いうさぎ

「追いかけてばかりでは、追いつけませんよ」
「力はあります。後はその使い方です」(緒川)

 

「月読の壁も、ただ相手を隔てる壁では無い。相手を想ってこその距離感だ」
「それはきっと、月読の優しさなのだろうな」(翼)

 

「行く道を閉ざすか!?」(翼)
「そんなのは、切り開けばいい!!」(調)

 

10話 アン・ティキ・ティラ

「やっぱり戦うしか無いんですか!?」(響)
「私とお前、互いが信じた正義を握りしめている以上、他に道などありはしない!」(サンジェルマン)

 

「握った拳を開くのを恐れない」
「神様が仕掛けた呪いを解くのに、神様みたいな力を使うのは間違ってます。人は人のまま変わっていかなきゃいけないんです」(響)

 

「確かにあたしはお気楽です!」
「だけど、誰か1人くらい何も背負っていないお気楽者がいないと、もしもの時に重荷を肩代わり出来ないじゃないですか!」(切歌)

 

「響さんはもうすぐお誕生日です。誕生日は、重ねて行くことが大事なのです」
「私は、本当の誕生日を知らないから。誰かの誕生日だけは、大切にしたいのです」(切歌)

 

「いつだって、貫き抗う言葉は一つ!」(響)
「だとしても!!」(響、サンジェルマン)

 

11話 神威赫奕の極みに達し

「わがままだと、親友は言ってくれました!」(響)

 

「まだ、何とか出来る手立てが合って、それが私のまとうガングニールだとしたら、もうひと踏ん張り、やってやれないことはない!」(響)

 

12話 AXZ

「知るものか!」
「私に流れているのは、天羽奏という、1人の少女の生き様だけだ!」(翼)

 

「これは共闘ではない。私の戦いだ」(サンジェルマン)

 

「響、お誕生日おめでとう。ううん、きっとこの気持ちは、ありがとう、かな」(未来)

 

「私は歌で、ぶん殴る!!」(響)

 

13話 涙を重ねる度、証明される現実は

「私はまた、ぶん殴ることしか出来なかった!」(響)

 

「だとしても!!」
「分かり合うために手を伸ばし続けたこと、無意味では無かった!!」(響)

 

「たかだか完全を気取る程度で、私たち不完全を、上から支配できる等と思うてくれるな!」(翼)

 

「そんなの、分からないよ」
「だけどね。響が自分を信じられなくても、私は響とつないだ手は離さない」
「何が合っても、握りしめているから!」(未来)

戦姫絶唱シンフォギアXV

1話 人類史の彼方から

「いつだって想定外など想定内!」(マリア)

 

「何だか最近、特別なくらい普通の毎日。普通って幸せなんだって実感するよ」(響)

 

「だとしても、この胸には、歌がある!」(響)

 

「そういうフラグはお前1人で間に合ってんだよ!」
「焦るな、焦るな、焦らせるな!」(クリス)

 

2話 天空が墜ちる日

「私を変えてくれた人がいる。私を強くしてくれた人がいる」
「簡単には負けられない!」(調)

 

「パヴァリアの残党。歌を血で、けがすな!」(翼)

 

「守れなかった。大切なものばかり、この手からすり抜けて……」(翼)

 

3話 Penny Dreadful

「時々一緒、だいたい別々って感じかな。何年もほったらかしにしてきたわだかまりは、簡単には無くならないし、お互い、上手く伝えられない思いもあるみたいだし」(響)

 

「悪夢を超える現実に、まるで意識が目覚めることを拒んでるみたいだ」(クリス)

 

「案ずるな、立花。かわいげのない剣は、簡単に折れたりするものか」(翼)

 

「得意の卑怯な手も、そんなスピードじゃ捉えられないです!」(切歌)

 

4話 花の名は、アマルガム

「でも! 本音いうと、ちょ~っと休みたい! 遊びに行きたい!」
「今日このごろお年ごろ!!」(響)

 

「相手が手練手管を用いるのなら、それを突き崩すだけの技を磨けばいいだけのこと」(翼)

 

「分かり合えないわ。だって人は、異質な存在を拒み隔てるものだもの」(ヴァネッサ)

 

「忘れない。すれ違った想いをつなぐために拳を開くことを。そして、信じた正義を握り締めることを!」(響)

 

「本当か嘘かは分かりません。だけど、みんなと仲良くしたいと聞きました」
「だから!」(響)

 

5話 かばんの隠し事

「切ちゃん。今、難しい話をしているから」(調)

 

「これは、不明武装なんかじゃない。拳を開く勇気なのに」(響)

 

「あの日以来、震えが止まらない。弱き人を守れなかった、自分の無力さに。全ては自分のせいなのだと」(翼)

 

「ごめんって言葉、ずっと隠してきた。それがきっと、その人を困らせてしまうと分かってたから」(未来)

 

6話 ゼノグラシア

「それにしても、まさかというより、やっぱりの陽動だったです」(切歌)

 

「ダメだな、私は。苛立つ翼に、差し伸べる手すら持っていない」(マリア)

 

「プチョヘンザだ!」(クリス)

 

7話 もつれた糸を断ち切って

「だけど、この身体は大切な人からの預かりものです。今はここから消えたくありません!」(エルフナイン)

 

「たりめえだ! そう信じていたから無茶してきてんだ。あたしらも、あのバカも!」(クリス)

 

8話 XV

「友だち1人救えなくて、私は何のためにシンフォギアやってるんですか!」(響)

 

9話 I am a father

「だけど……日だまりは踏みにじられて、君とつなぐはずのこの手には、どこまでも残酷な結末を約束されてしまう。あの日、私の大切なものは、全て奪われてしまった」(響)

 

「それでもあたしは信じてる。不器用なあの人に、裏切りなんてまね、出来るものか!」(クリス)

 

「弱いから守るだなんて傲慢ね」
「まるで、誰かを守っていないと自分を保てないみたいじゃない」
「いつからあなたは、誰かでは無く、自分を守るようになってしまったの」(マリア)

 

「そこまでだ、翼。お前まで鬼と落としてしまえば、俺は兄貴に顔向けが出来ん」(弦十郎)

 

10話 卑しき錆色に非ず

「だけど、一つだけハッキリしているのは、翼さんが帰ってきてくれて、ホントによかった、嬉しかった」(響)

 

「孤独を埋めるのに、心を怪物にする必要は無いですよ」(切歌)
「あなたの心にある壁は、誰かを拒絶するためじゃない。それはきっと、誰の思いを受け止めるために。優しさを忘れないで!」(調)

 

11話 ハジメニコトバアリキ

「格好よすぎるんだよ、馬鹿力」(クリス)

 

「招待を受けましょう。ここは月面、飛び込まなければ始まらないわ」(マリア)

 

「私のほこりは、ノーブルレッドに踏みにじられた。だがほこりは、いつか蘇る。炎の中から、燃え上がる!」(翼)

 

12話 戦姫絶唱

「無意味だ。だがそれ以上に、目障りだ!」(シェム・ハ)

 

「あたしは考えすぎるから、きっと迷ったりするかもしれない。だけど、帰る場所があるから、立ち直って、先に進んでいける」(クリス)

 

「だけど、ありがとう。呪いはきっと祝福に変えられる。お父さんがそう言ってたし、私も、信じて疑わない」(響)

 

「つながりの定めを背負いながら、それでも人は、世界はつながっていく。防人が人を守るのは、弱いからではなく、その勇気、果てなき強さが尊いからなのですね」(翼)

 

13話 神様も知らないヒカリで歴史を創ろう

「誰かを困らせる誰かがいるのなら、私は止める、この拳で!」(響)

 

「私は……未来を奪いたい! 人助け何かじゃ無く、私のわがまま、むき出しだ!」(響)

 

「私の想い、未来への気持ち、2000年の呪いよりもちっぽけだと、誰が決めた!!」
「神殺し何かじゃ無い。つなぐこの手は、私のアームドギアだ!!」(響)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
戦姫絶唱シンフォギア Blu-ray BOX
戦姫絶唱シンフォギアG Blu-ray BOX
戦姫絶唱シンフォギアGX 全6巻セット [Blu-ray]
戦姫絶唱シンフォギアAXZ1 [Blu-ray]
戦姫絶唱シンフォギアXV1 [Blu-ray]

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました