「Fate(フェイト)」セイバーの名言まとめました

アニメ「Fate(フェイト)」セイバー(アルトリア)の名言をまとめていきます。

Fate/stay night

2話 運命の夜

「サーヴァント、セイバー。召喚に従い参上した。問おう、あなたが私のマスターか」

 

3話 開幕

「これより我が剣はあなたと共にあり、あなたの運命は私と共にある」
「ここに契約は完了した」

 

「どうした、ランサー。止まっていては槍兵の名が泣こう。そちらがこないなら、私が行く!」

 

「そんなこととは、どのようなことか?」
「そのような言葉に私は従いません。敵は倒すものです」

 

「敵を前にして、下げる剣はありません」

4話 最強の敵

「あなたに勝算がなければ、私が作る。可能である全ての方法を用いて!」

 

「空腹は敵です」
「口に出来るものならば、何でも構いません。贅沢は敵です

 

5話 魔術師二人(前編)

「止めても無駄なようですね。ならば、一つだけ。残念ながら、現状、私と士郎のつながりは細い。私が、マスターの危機を感じ取った時には、手遅れになっている可能性が強い」

 

7話 蠢動

「ライダーに襲われて、危険では無いというのですか? 士郎にはマスターとしての自覚が足りない」

 

8話 不協の旋律

「サーヴァントは傷を負うものです。それを恐れて戦いを避けるなど、私のマスターには許しません!」

 

9話 月下流麗

「参りました。名乗られたからには、こちらも名乗り返すのが騎士の礼です」

 

「士郎の立てた守りなど、紙も同然です。あなたは、サーヴァントを侮っている。人の身で英霊を打倒しようなどと、何を思い上がっているのですか!」

 

「もちろん、これは戦いです。士郎は一度、いえ、一度といわず時間の許す限り、戦闘の結果としての死を体験させ、戦いに慣れてもらう」

 

10話 穏やかな幕間

「ですから竹刀を置いて下さい。あなた自身の態勢が万全で無ければ、いくら打ち合っても無意味なのです」

 

「いいえ、恥じることではありません。士郎の打ち込みは、一心で力がありました。あまりの熱心さに、対応を忘れたほどです」

 

「私が聖杯を求めるのは、ある責任を果たすためです。生前、果たせなかった責任を果たすため、聖杯の力を欲している。ですが、私はただ、やり直したいだけなのかもしれない」

11話 鮮血神殿

「それは違います。私は一度も自身を女性だと思ったことは無いし、一度も女性として扱われたことはありません」

「私は戦うためにこの時代に来たのですから、性別を意識するなど、無意味というものです」

 

「今さら答えるまでも無いでしょう。私はあなたの剣です。私以外の誰が、あなたの力になるのですか」

 

「士郎が似合うといいましたから」

 

12話 空を裂く

「1人で休むのが嫌なら、私もお付き合いします」
「休憩も戦いのうちです」

 

「あなたには、自分を助けようとする気が無いのですね。あなたは自身より他人を優先している。それは立派ですが、それでは、あなたはいつかきっと後悔する」

 

「この場所ならば、人目につかないと言ったな。同感だ。ここならば、地上を焼き払う、憂いも無い!」

 

16話 約束された勝利の剣

「戦いにおいて、確実はありません」

 

「あなたには敵意は無く、士郎は客人として迎えました。ですから私も、最低限の礼は尽くさねばなりません」

 

「以前、凛が言っていました。士郎の自己献身は異常だと。あなたは、初めから自分の命が、勘定に入っていないのでは無いですか?」

 

「私は聖杯を手に入れなければならない。けれど、士郎にも聖杯が必要だ。私があなたに呼び出されたのは必然だったのです、マスター」

 

19話 黄金の王

「前回の戦いのおり、彼は私に求婚してきました。むろん、剣と共に斬り捨てましたが、もとより、私にそんな自由は無い。正直、あのような戯言は癇に障ります!」
(ギルガメッシュについて)

 

「国を守るのは、王の責務です。私の力が及ばなかったのです。せめて、ふさわしい王を選び直さなければなりません」

 

20話 遠い夢跡

「デートですか? それは何でしょう。あまり専門的な略語は、使わないで欲しい」

 

「不自然ですね。自らの意思で泳いでいたはずの魚たちが、自由を奪われ、ときに閉じ込められている。ですが、なぜでしょう。その不自然さを、美しいと感じるのは」
(水族館に来て)

 

「サーヴァントは、戦うために存在するものです。今日のような行為は、自らの存在を否定することになる」
(デートの後)

 

「私はあなたに従うと契約した。だが、心まで預けた訳ではありません、マスター」

「王の誓いは破れない。私には、果たさなければならない責務がある。私の望みは、初めから一つだけ。剣を手にした時から、この誓いは、永遠に変わらないのですから」

 

「士郎なら、分かってくれると思っていた。今日一日無為に過ごし、言いたかったことはそれだけですか。思い上がらないで欲しい。あなた程度の人間に、私の何が分かるというのです!」

「あなたに、私に踏み入る権利など無い!」

 

21話 天地乖離す開闢の星

「やっと気づいた。士郎は私の鞘だったのですね」

 

22話 願いの果て

「分からぬか、下郎! そのようなものより、私は士郎が欲しいと言ったのだ。聖杯が私をけがすものならばいらない。私が欲しかったものは、もう全てそろっていたのだから」

 

「いいえ。それに、私は嬉しかったのです。何も守れなかった私でも、士郎、あなたの命を救えていたのですから」

 

「ありがとう。あなたのおかげで、ようやく取るべき道が分かりました」

「あの聖杯も、この私も、ありえてはいけない夢だったのです。それでも、どうか許して欲しい。間違えた望み、叶えられない日々ではあったけど、この弱さは、ある少女が見た、一時の夢だったのだと」

 

23話 聖杯

「だが英雄王よ。そんなことだから、貴様は国を滅ぼしたのだ!」

 

24話 全て遠き理想郷

「あなたの剣となり敵を討ち、御身を守った。この約束を果たせてよかった」
「最後に一つだけ、伝えないと」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
Fate/stay night Blu-ray BOX

 

→Fate(アーチャー)
→Fate(ギルガメッシュ)
→Fate(イスカンダル)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました