「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」の名言・台詞まとめ

アニメ「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」の名言・台詞をまとめていきます。

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術

1話

「ゲームの世界に恋愛などという不純なものを持ち込む愚か者は」
「魔王たる俺が裁いてやらねばならんな!」(坂本拓真、魔王ディアヴロ)

 

「ネトゲは遊びではないのだ!」
「思い知ったか、リア充!」(坂本)

 

「ベッドが1つしかない部屋に女の子が2人」
「これはまさか…夜の魔王プレイ!」
いやいや無理! 俺が死ぬ」(ディアヴロ)

 

「疲れる、人としゃべるの…」(ディアヴロ)

 

「あなたは…受け止めてくれると言うのですか?」
「何があっても…逃げないと言ってくれるのですか?」(レム)

 

「初めて…離れないって言ってもらえて…」(レム)

 

「そんな、嘘だろ?」
「レベル30だなんて…それ、弱くね」(ディアヴロ)

 

「1つ教えてやる、俺のレベルは150だ」
「俺に慈悲を期待するなよ」(ディアヴロ)

 

「我が名はディアヴロ」
「異世界より来た魔王だ!」(ディアヴロ)

 

2話

「こういうの、よくないと思うの!」
「こ…こういうのは私のことを主に選ばない内は、絶対ダメなんだからね!」(シェラ)

 

「あなたはバカなのか大バカなのか、分かりませんね」(レム)

 

「好きなことも出来ないで、望まない相手と結婚させられるなんておかしいよ」(シェラ)

 

 

「私、絶対に国には戻らない」
「自分の力で生きて行くんだから!」(シェラ)

 

「(奴隷?) 違うよ!」
「私は誰の奴隷でもない、私は私だよ!」(シェラ)

 

「よく言いました、あなたにしては上出来です」
「国を捨てて1人で生きて行くという決意、私は嫌いではありませんよ」(レム)

 

「道化共め、貴様らは間違いを3つ犯した」
まず、俺は奴隷商人ではなく魔術師だ」(ディアヴロ)

 

「次に、シェラは無力ではない」
「今はこの俺が手を貸しているからな」(ディアヴロ)

 

「そして3つ目の過ちは、この俺を敵に回したことだ!」(ディアヴロ)

 

3話

「(攻撃が)あり得なさ過ぎて、逆に驚いたぞ」(ディアヴロ)

 

「し…素人相手にしてるみたいだ」
「この世界はゲームに比べてレベルが低いとは思っていたけど」
プレイヤースキルも低いんだろうか」(ディアヴロ)

 

「まあ、こいつがバカなだけかもしれんけど」(ディアヴロ)

 

「エミールは悪い人ではないですし、実力も確かなのですけど」(レム)
「でもあの人、バカっぽいよね!」(シェラ)

 

「小僧、残念だが貴様の覚悟は無駄になるぞ」
「この俺が、今日を最後の1日などにさせぬからだ」(ディアヴロ)

 

「”気をつけて”…か」
「戦いの前に誰かに気遣われるなんて初めてだ」(ディアヴロ)

 

「100体の魔族は怖いけど…今なら、魔王だろうと負ける気がしない!」(ディアヴロ)

 

4話

「魔族にかける情(なさけ)はないが、最後に問う」
「ここで引き下がるなら見逃してやるが?」(ディアヴロ)

 

「(魔王のため?) 貴様は何も分かってない」
「真の魔王はこの俺、魔王ディアブロをおいてほかにない!」(ディアブロ)

 

「(嘘?) 戦ってみれば分かることだ、命乞いをするべきはどちらなのか」
「まあ、どう命乞いをしたところで…許しはしないがな」(ディアヴロ)

 

「最初に言ったな、どう命乞いをしようと許すことはない」(ディアブロ)

 

「死をもって罪をあがなえ」
「貴様は…殺し過ぎたのだ」(ディアヴロ)

 

「もう、助からないと思っていました」
「ありがとうございます、ホントに…ホントに…」(レム)

 

あなたならホントに…私を救ってくれるかもしれません」(レム)

 

「あなたの所有物ですか?」
「そうですね、この隷従の首輪があるうちは」(レム)

 

「ちょっと、レムだけ?」
「私も所有してるよね?」(シェラ)

 

5話

「他人の共感など不要だ」
「好きなだけ苦労して、好きなだけ努力して、好きなだけ限界にぶつかり」
「己の力で手にした成果を噛みしめる」(ディアブロ)

 

「自分の決めた道なら、他人がどう言おうが惑わされてはいけない」
「それが自由に生きるということだ」(ディアヴロ)

 

「こいつ(アリシア)、ヤベえ!」
初見で相手に合わせた会話が出来る、圧倒的コミュ力!」(ディアブロ)

 

「俺みたいなカスとは人としてのレベルが宇宙規模に桁違いだ!」(ディアヴロ)

 

「や…ヤベえ! 人間的に出来すぎている」
「油断したら魔王プレイが演技だと見破られてしまいそうだ!」(ディアヴロ)

 

「(どうする?) 女性の大切さについて心の底から理解するまで」
「みっちりと俺が教えこむのだ!」(エミール)

 

「女性をさらうなどという過ちを二度と起こさない真人間になるまで」(エミール)

 

「驚きました」
「魔術を使わずともあれ程の強さ…さすがです」(レム)

 

「貴様はあれか、役に立たない者は死ねと考えているたぐいか?」
ならば、自分が役に立たなくても許すことだ」(ディアブロ)

 

「同行したいのならば好きにしろ」
「やたらと成果を挙げようとせずともよい」(ディアヴロ)

 

「お役に立てなくても自分を許すよう、アリシア・クリステラ」
「今後全力で努力いたします!」(アリシア・クリステラ)

 

6話

「あなた(シェラ)は私から出る魔力も見えていたのですか?」
「そう…ですか。あなたがバカでよかった」(レム)

 

「正しくあろうとすればするほど、嘘も次第に増えてしまう」(アリシア)

 

「私は帰らないよ」
「家出した時にそう決めたから!」(シェラ)

 

「(なぜ夢に巻き込まれる?) え~、決まってるじゃん」
「エルフの国を出て、初めて出来た仲間だからだよ」(シェラ)

 

「レムがいてディアヴロがいるなら」
「それはきっと私の新しい帰りたい場所になると思うんだ」(シェラ)

 

「2人は私の恩人で、私の大事な仲間なんだよ」
「もう家族よりも家族なんだ
」(シェラ)

 

「問題を解決したあと、あなたがまだ私を迎えてくれるのならば」
「その時は一緒にカフェをやってもいいかもしれませんね」(レム)

 

7話

「(どうして?) 私はシェラの仲間ですから」(レム)

 

「待つがいい、レムよ」
「エルフの陣地に1人で乗り込めば命の保障はないぞ!」(ディアヴロ)

 

「面白い奴だ」
「勝手に離れていった奴に会うためだけに、そこまでの困難に挑むとは」(ディアヴロ)

 

レム・ガレウよ、我を召喚せし者の1人よ」
「貴様に問おう、この魔王の力を欲するか!?」(ディアヴロ)

 

「はい! 私はあなたの力を欲しています、魔王ディアヴロ!」(レム)

 

「よかろう!」
「貴様の目的を果たすために、このあり余る力の片鱗を見せてくれよう」(ディアヴロ)

 

「やはり、俺が間違っていた」
「あの時、たとえ街を火の海に変えようともシェラを行かせるのではなかった」(ディアヴロ)

 

「俺は確かめに来ただけだ」
「シェラが本当に帰りたいと思っているのかどうか」(ディアブロ)

 

「証拠など必要ない」
「もう一度だけ、シェラに本心を尋ねれば済むことだ」(ディアヴロ)

 

「私は…私は、自由になりたい!」(シェラ)

 

「ディアヴロとレムと、ずっとずっと一緒にいたいよ!」
「仲間が私の1番大事なものなんだから!」(シェラ)

 

8話

「再生! 早すぎだろ? バクかよ!」(ディアヴロ)

 

「急所が変わるのも定番だな」
「もとより探すつもりはない!」(ディアヴロ)

 

「貴様には罰が必要だ」
「犯した数多くの過ち、死を持って償え!」(ディアヴロ)

 

「お兄さんのことは嫌いだよ…大っ嫌い」
でも、こんな人でも家族なんだ」
一緒に笑ったこともある人なんだよ!」(シェラ)

 

「ありがとう、ディアヴロ」
「ゴメンね」(シェラ)

 

「やはり、あなたは優しいですね!」(レム)

 

「私、兄さんのことは嫌いだったけど」
「でも…こんなふうにお別れするなんて思ってもみなかったよ」(シェラ)

9話

「私は臭くないよ!」(シェラ)
「私は臭くありません!」(レム)

 

「振り返りたい!」
「まじまじ見る勇気はないが、そっとこの目に焼き付けて」
「心の大切な物フォルダに保存したい!」(ディアブロ)

 

「私は弱いけどさ」
「でも、レムが大変な目にあってたら力になりたいよ、仲間だもん」(シェラ)

 

「今まで大変だったよね」
「気づかなくてごめんね」(シェラ)

 

「話はついたぞ、レム」
「貴様の呪われた運命も、これで変わる」
「3日後、我が決着をつけてやる」(ディアヴロ)

 

「(立場?) それは分かっているのです」
「でも…それでも私はアリシアさんを信じたいのです」(レム)

 

あの人ももうディアヴロやシェラ達と同じ、私の仲間なのですから!」(レム)

 

「全力で協力いたします、だから1人で背負う必要はないのですよ」
「私たち仲間なのですから!」(アリシア)

 

10話

信じています、ディアヴロ」
「どうか…私をこの運命から救って下さい」(レム)

 

「(勝って?) 当然だ! 貴様にはそれを見届ける義務がある!」
「勝手に死ぬなど許さんぞ!」(ディアヴロ)

 

「そうか、魔王を起こしたのは貴様だな」
「うむうむ、褒美として恐怖を教えてやろう!」(クレブスクルム、愛称:クルム)

 

「とびきり残虐なやつで殺してやる」
「なんだっけ?」(クルム)

 

「魔王は人族を滅ぼすものです」
「そうではないのですか!?」(アリシア)

 

「(殺さないで?) そうだな。殺す理由も思い出せぬし、ま~いっか」
「じゃあ殺さない」(クルム)

 

「エデルガルトは魔王様だけが大切」
「魔王様がそれでいいなら…いい」(エデルガルト)

 

「お前は勝手」
「魔王様のご意志よりも大切なことなんか…ない」(エデルガルト)

 

11話

「(魔王の復活を望んでいる?) そう言っていませんか、わたくしは」
「ただ、もうあなた方と仲良しごっこをする必要がなくなっただけですわ」(アリシア)

 

「(一撃で消し炭?) そんなことをしてはダメです」
「あなたはこれまでのようにビスケットを食べて、みんなと笑って」
「シェラと歌っていて下さい」(レム)

 

それが私の望みです」(レム)

 

「(助け?) 必要ありません!」
「約束は守って下さい」(レム)

 

「そういう…ことだったのですね」
「私のせいで…ごめんなさい、クルム」(レム)

 

「誰に言っている、シェラよ」
「我は異世界より召喚されし真の魔王だ!」(ディアヴロ)

 

俺にまかせておけ!」
「全てに決着をつけてやる!」(ディアヴロ)

 

12話

「予定どおり、クレブスクルム様に大切な人を作り」
「その者が壊されるように仕組みました」(アリシア)

 

もうすぐ人族は滅ぶ」
「終わらせるのです、こんな醜い世界など」(アリシア)

 

「理性を失ったか」
「俺の顔も忘れたというなら、力ずくで思い出させてやる!」(ディアヴロ)

 

「ソロプレイの頃なら、他人のために使って」
「アイテムがないなんてことなかったな」(ディアヴロ)

 

「もう、いいのです」
「誰が許さなくても、私はあなたの味方ですよ」(レム)

 

「案ずるな、俺は女性の味方だ」
「事情は分からんが、彼女達を泣かせるようなことはせん」(エミール)

 

「(危険?) 笑わせるな」
「我を殺そうとしたなど、あの程度の攻撃効いておらぬ」
「何
せ我は真の魔王だからな」(ディアヴロ)

 

「魔王にも分からん」
「だから魔王は人の街で暮らすことにした」
「ビスケットもあるしな」(クルム)

 

「死が償いになるなど、甘えたことを言うな!」(ディアヴロ)

 

自分はこの世界で孤独だ等というバカげた考えのまま死ぬなど」
「償いではないのだ!」(ディアヴロ)

 

「(どうしたら?) 分からん!」
それを決めるのは、お前自身だ!」
「貴様の人生は今日、この時から始まるのだ」(ディアヴロ)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 [Blu-ray]
コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※