「鬼滅の刃」悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)の名言・台詞まとめ

アニメ「鬼滅の刃」悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)の名言・台詞をまとめていきます。

 

鬼滅の刃

22話

「ああ、何というみすぼらしい子供だ」
「かわいそうに…生まれてきたこと自体がかわいそうだ」

 

「ああ、鬼に取り憑かれているのだ」
「早くこの哀れな子供を殺して解き放ってあげよう」

 

「ああ、たとえお館様の願いであっても、私は承知しかねる」

 

23話

「かわいそうに。何と弱く哀れな子供」
「南無阿弥陀仏」

 

「愛する者を惨殺され入隊した者」
「代々鬼狩りをしている優れた血統の者以外に」

 

「それらの者達と並ぶ」
「もしくはそれ以上の覚悟と気魄で結果を出すことを求めるのは残酷だ」

 

柱稽古編

1話

「これ以上、柱が欠ければ鬼殺隊が危うい」
「死なずに上弦二体を倒したのは尊いことだ」

 

「承知」
「お館様が1日でも長く、その命の灯火燃やして下さることを祈り申し上げる」

 

「なるほど…しかしそうなると私は一体どうなるのか…」
「南無三」

 

「座れ。話を進める、1つ提案がある」

 

「(訓練は)3日後から始めるとしよう」
「時は一刻を争う」

 

「今後鬼舞辻無慘がどのような動きをしてくるか分からない今」
「出来る準備は全てやっておきたい」

 

「これは重要な急務である」
「重要…そう考えるゆえ私は”柱稽古”を提案した」

 

「皆、頑張るのだ。全ては鬼を滅殺するため、それはお館様のため」
「これまで死んでいった鬼殺隊士のため、生きとし生ける人たち全てのため」

 

「我々はやり遂げなければならない、頑張るのだ」

 

5話

「心頭滅却すれば…火もまた涼し」
「ようこそ、我が修行場へ」

 

6話

「もっとも重要なのは体の中心、足腰である」
「強靭な足腰で体を安定させることは、正確な攻撃と崩れぬ防御へとつながる」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 
スポンサーリンク
 
 
 
アマゾンリンク
劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 [Blu-ray]
鬼滅の刃 全23巻セット (コミック)

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→鬼滅の刃のインデックス