「私の百合はお仕事です!」の名言・台詞まとめ

マンガ「私の百合はお仕事です!」の名言・台詞をまとめていきます。

 

私の百合はお仕事です!

1巻

「作ってるに決まってんでしょーーー!!」
「ぜーーんぶ含めて演技(ソトズラ)だよ!!!」(白木陽芽)

 

「誰からも愛されるため!! 誰からでも選ばれる人間になるため!! すべては夢のため!!!」
「私の夢は、億万長者と結婚して玉の輿!!!」(陽芽)

 

「そのためならっ、最大限、可愛い顔を作り続けるんですよ♥」(陽芽)

 

「こういう少女漫画って、大抵お金より愛(?)を選ぶじゃん?」
「私は現実的なお金が欲しいんだよ」(陽芽)

 

「あ…思ってたのと違う…これ、あれだ」
「逃げたほうがいいやつだ」(陽芽)

 

「知ってるわよ、可愛いのは」
「でもさあ! 私の可愛さは玉の輿のためにあるんだよ!」(陽芽)

 

「なんかこんな恥ずかしい格好させられて」
「変なカフェで見せるためのものじゃないんだよ!!」(陽芽)

 

「くっそ、あの客ども!! 何的外れな文句つけてんだ!?」
照れてんのも全部含めて演技だよ!!!」(陽芽)

 

「『お姉さま』だなんて、馴れ馴れしく呼ばないで!!」(矢野美月)

 

「ひめちゃんは外面は良い分、他が適当でしょ?」
「あっ…適当だけど外面は良いよね?」(間宮果乃子)

 

 

「(姉妹? シュヴェスター?) また意味わかんない設定出てきたな!」(陽芽)

 

「でも覚えておいたほうがいいわね」
「貴女の瞳に映りたい人だっているのよ?」(知花純加)

 

「大事なルールです。ひめちゃんがここで働いてることは周囲に秘密にしててください」
「学園の世界観を守る上でリアルは敵でしかないんだ」(小柴舞)

 

「でも仲良くはないよね?」
「それは設定であって…実際はあの人と仲良くもなんともないよね?」(果乃子)

 

「そんな風に──厳しいばかりじゃなく甘やかしてもあげないと」
「可愛い妹に逃げられちゃうんじゃないかしら?」(純加)

 

「からかわないでください! 陽芽は私の妹です」
「妹が成長するよう導くのが、姉の役割ですわ」(美月)

 

「これだよ! 私はこーでなくっちゃいけないんだよ!!」」
「だれからも愛される美少女! 私を見ずに素通りする人はいない!」
「それが私!」(陽芽)

 

「今日は心配いらないよ」
「私の演技は何にも負けないってとこ見せてあげるよ」(陽芽)

 

「どうだよ!!! 全力の演技だよ!!」
「可愛いでしょ!! 破壊力あるでしょ!!!」(陽芽)

 

「だってさあ、『嫌なやつ』ならなおさらなんだよ」
「嫌なやつは、私の邪魔をする。私の演技を壊す」(陽芽)

 

「演技だとわかると皆、てのひらを返して離れてく」
「だから演技だとバレちゃいけない」(陽芽)

 

「嫌なやつはバラしてきて邪魔をする」
「だから嫌なやつからも嫌われちゃいけない」
「誰からも愛されなきゃいけない」(陽芽)

 

 

「そしたら(嘘だとバレても)! 私…守るよ?」
「バラされても、何言われても」(果乃子)

 

「そうじゃないのよ」
「褒めてるのよ、可愛げのないくらい完璧ねって」(純加)

 

「わかんないのよ、もう。アンタのどの言葉を信じればいいのか」
「態度が変わらないんじゃなくて、どうしたらいいのかわからないだけ」(美月)

 

「わかってきた。このおねーさん…『いいヤツ』なんだ」
「綾小路さんに好かれたいっていうのは、嘘じゃないです」(陽芽)

 

「果乃子は(部活)どれがいいと思う?」
「何言ってんの。果乃子と一緒に入る部活でしょーが」

「一緒のとこ入るでしょ? 違った?」(陽芽)

 

2巻

「可愛い私は可愛くしてれば好かれるっていう」
「簡単なことにもう(小学生の時に)気づいていた」(陽芽)

 

「(転校先で)うまくできてる? 大丈夫?」
「うまくクラスに打ち解ける…大丈夫、できる」(陽芽)

 

「…(みんなの気持ちが)ちょっとわかる…」
「あれだけ上手な人からちゃんとしてなんて言われたら…」
「何も言い返せなくなっちゃうもん…」(陽芽)

 

「うん、(私は)嘘つきなんだ」
「私が嘘つくってこと、覚えててね」(陽芽)

 

「ちょっとでも期待した私がバカだったわ」(美月)

 

「じゃあもう好かれなくてもいいよね?」(果乃子)

 

「もう演技はバレてるんだし」
「あの人に好かれるための演技なら、もうしなくていいってことだよね?」(果乃子)

 

「大丈夫だよ。『一人くらい』だよ」
「他の人はみんなひめちゃんのことが好きなんだから」(果乃子)

 

 

「忘れないでね」
「サロンでは君たちはリーベ女学園の生徒」(舞)

 

「多少の不仲は見せても、仲むつまじい関係であって欲しいんだ」
「それをちゃんと守ってね」(舞)

 

「いつまでも思い出してしまう人がいる」
「嘘つきで八方美人で不真面目で、私を裏切ったあの娘」
「結局ひどい終わり方で離れてしまったあの娘」(美月)

 

「思い出すたびに考える。ひどかったのは私のほうなのかもしれない」
「裏切ったのは私のほうだったのかもしれない」(美月)

 

「もし、やり直せるのなら」(美月)

 

「…ホント、矢野ちゃんはわかりやすい性格してると思うよ」
「でも気をつけなね」(純加)

 

「その性格も今は周りがゆるしてくれてるけど」
「いつまでも甘えてていいわけじゃないんだよ」(純加)

 

「(ピアノやめたのは)矢野のためじゃんか!!」
「それなのに裏切ったのは矢野だろ」(陽芽)

 

「なんであんなひどいことするんだよ」
「なんで私のこと嫌いになっちゃったんだよ」(陽芽)

 

「ただの演技のつもりだったけど、私ずっとあのおねーさんに好かれたかったんだ」(陽芽)

 

「華やかさには裏側を勘ぐる好奇心ってのがついて回るもんでさ」(純加)

 

「そんな不仲の噂があるところに今回のケンカだから」
「あることないこと言わせるのを助長したんだろうね」(純加)

 

「ひめちゃん、矢野ちゃんを助けてあげてね」(純加)

 

「矢野は仕事をちゃんとしたいだけなのに、姉妹のときは優しくしてくれてるのに」
「私は演技をちゃんとできてんのに、なのに」(陽芽)

 

「なんでムリヤリなんて言われんのかな、なんで矢野が悪く言われんのかな」
「なんで同じようなことになるのかな」(陽芽)

 

 

「何があったのかはしらないけどさ、素直になりなって」
「ひめちゃんもきっとそうしてくれるから」(純加)

 

「…それでも、矢野が悪モノになるのはダメなんだよ」(陽芽)

 

「あいつ変わってないんだよ」
「真面目で固くて優等生で、人にも厳しいからウザくて」(陽芽)

 

「そのくせソトヅラ作るのヘタだから」
「皆から嫌われて、陰口たたかれて、悪モノにされて…」(陽芽)

 

「すぐ一人になっちゃうから、私が矢野を助けてやんなきゃダメなんだよ」(陽芽)

 

「小学校のころをもしやり直せるのなら、それでも私は同じことをしたと思う」(陽芽)

 

「矢野が悪モノにならない方法、矢野を助けられる方法」
「だって他に選べるものがない」(陽芽)

 

「私はやりたいからシュヴェスターやってるんです!!」(陽芽)

 

「うまくいってないかもしれないですけど」
「お姉さまとシュヴェスターやりたくてやってるんです!!」(陽芽)

 

「なのに…私がシュヴェスター続けるせいで」
「お姉さまが悪く言われるのは許せません」(陽芽)

 

「好きだから嘘つくんだってこと、今度はわかってください」(陽芽)

 

「…ち、違うでしょ!? だったらなんで辞めるのよ!」
「なんで私が人にどう思われるかなんかで決めるのよ」(美月)

 

「私だって…同じよ…私とあなたが続けたいと思ってるんなら」
「辞める必要なんてないじゃない…」(美月)

 

「あなたが好きよ」
「好きだから、ちゃんと妹やりなさい」(美月)

 

「あなたはあのときも…そんなことを考えてたね」
「辛い想いさせてごめんなさい」(美月)

 

「そうか、そうすれば良かったんだ。やりたいほうを選んで良かったんだ」
「嘘は使わないで良かったんだ」(陽芽)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 
スポンサーリンク
 
 
 
アマゾンリンク
私の百合はお仕事です! 1巻 [Blu-ray]

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※