「忘却バッテリー」要圭(かなめけい)の名言・台詞まとめ

アニメ「忘却バッテリー」要圭(かなめけい)の名言・台詞をまとめていきます。

 

忘却バッテリー

1話

「葉流火、相手のことは気にするな」
「大丈夫だ、負けた相手のことをいちいち考えるな」
「お前には未来があるんだから…全部忘れろ」

 

「君誰だっけ?」

 

「マブダチ記念に、俺の一発芸を特別大公開!」
「パイ毛~!」

 

「俺は女子とは緊張してしゃべれねえんだよ!」
「上手いことやってくれないと困るぜ、おい!」

 

「もう…”野球・野球”ってみんなその話好きよね」
「でも俺やったことないっつうか、覚えてないっつうか…」

 

「ぶっちゃけ、記憶喪失なのよね、俺」

 

「お前はそれだけ守っとけばいい」
「そしたら俺が…葉流火を日本一のピッチャーにしてやるからさ」

 

「ヤマちゃん!」
「ごめんな、俺と代わって」

 

「俺、ラブ&ピースで生きたいからさ、こういう状況ってどうにも気に食わねえや」

 

2話

「これマジだから」
「この人、野球に魂吸い取られてんのよ」

 

「打てないとつまんないっすわ」

 

「まったくもって悪気はございません」
「だから僕を嫌いにならないで下さい」
「愛して下さい」

 

「人に嫌われてると思うと、食が細くなるし夜眠れなくなってしまう」
「そんな繊細な要圭・要圭をどうぞよろしくお願い致します」

 

 

「(いいのか?) あんまよくないから、そこそこフワッと来~い!」

 

「あのさあのさ…なんかさ、キャッチャーは顎かゆいしダサいし手ぇ痛いから嫌だけどさ」
「みんなでやると野球も割と楽しいかもね」

 

3話

「物で釣るのっておかしくない?」
「本人の意思が大事じゃない?」

 

「ちぎれろ、俺の腕!」

 

4話

「もうやめよう。見て…俺、泣いてる」
「こういうのが原因で、世界から争いはなくならないんだ」

 

「とにかく、もう全力投球禁止!」
「ムリリン・モンローです!」

 

「あのさあ2人共さっきさ、ポコポコ当ててたじゃん?」
「俺は今しがた人生で初めて打席というものに立ち」
「その経験を元に1つの仮説を立てた」

 

「バッティングは恐らく…あまり当たらないのではないか…と」

 

「ハッ…”パイ毛”がつまらない?」

 

「あ~やっぱ全力打たれた」
「なんかめっちゃムカつくんですけど」

 

「落ち着け…俺はなんかめっちゃすごい選手だったらしいから集中しろ」
「集中すれば絶対!」

 

5話

「はあ? もういいわ。みんな性格悪すギルティ!」
「俺素人なのに!」

 

「これ、秘密特訓なんで…」
「ちゃんと捕れるようになってから、葉流ちゃんには投げてもらいたいんスよ」

 

「バッターが立つだけで…視界、すげえ狭くなる」

 

「気持ち…気持ちだけで、今まで全然平気だったことが…」
「出来なくなるだ!」

 

「気持ち…気持ちの問題」
「そうだ…さっきだってずっと捕れそうだった」
「目を…閉じるな!」

 

6話

「実在するのか…かわいい姉妹というものが」

 

「美人のお姉さんとかわいい妹って、ハーレムものに次ぐマイドリームなんですよね」

 

「あんた! 本物のくそばばあ知らねえだろうが!」
「毎日がハプニング! 毎日がサプライズ! 毎日がエマージェンシー!」
「故のレジスタンスだ、この野郎!」

 

「そういう俺に戻ってほしい?」

 

「じゃあ俺は俺らしくさ、野球ちょっとずつ覚えるし、ちょっとずつ上手くなるしさ」
「打倒帝徳、絶対リベンジっしょ!」

 

7話

「”イップスマウント”っすか?」

 

「たった数日で治ってしまった俺はイップス素人ッスか?」
「”素人は黙っとれ”と言わんばかりのイップス差別」

 

「”俺の方がイップスレベルが高い”と、イップス風を吹かせているわけですね?」

 

「俺だって、それなりのイップス人!」
「いわば”イプサー”ッスよ!」

 

「こら。人の努力、否定すんの禁止な」

 

8話

「(練習サボってゲーム?) ”パワプロ”だよ!」
「だって野球じゃん!」

 

「俺の相棒も罪悪感で泣いてるぜ」

 

「新センターを連れてきたら、俺の部内ランクも急上昇」
「きつい練習だってバックレられる」

 

「君、ホントは野球したいんじゃないの?」
「マジで嫌いだったらさ、2次元すら無理じゃん」
「”パワプロ”だってやんないって」

 

9話

「葉流火は勝ち続けなきゃいけない」
「大丈夫、心配すんな」

 

「お前を1人にはさせない」
「俺も共犯者になってやるよ」

 

「(記憶が戻ったら?) 極上めちゃモテ知将捕手になるんじゃねえかな」

 

「俺、記憶喪失のままのがかっこいいと思うんだけどなあ」

 

「”球捕れ”?」
「誰に向かって口きいてんだ、葉流火」

 

「朝、目が覚めたら突然な」
「状況の把握に30分かかったよ」

 

「都立高校に入学してるんだもんな、さすがにまいった」
「しかし優先すべきは野球だ」

 

「俺達は今、名もなき都立にいる」
「野球をやる環境としては恵まれているとは到底言えない」
「だが俺達ならやれる」

 

「ここには俺と葉流火がいる、そして最強の二遊間」
「山田は堅実な実力者で、2年の先輩達は真面目で誠実だ」

 

「厳しい戦いになるけど、甲子園を目指せるいいチームだよ」

 

「悪いけど、野球以外に割いてる時間がないんだ」

 

「バッセンはなあ…人が投げる生きた球じゃないから苦手なんだよ」
「特にこのアーム式だとさ、タイミングが…丸分かりだろ」

 

「だからこうやって、前出るんだけど」
「生きた球には勝てない…よな!」

 

「(1球だけ捕ってほしい?) ナイスボール」

 

10話

「ヤマ」
「俺と同じチームで緊張しちゃった?」

 

「だから言っただろ」
「お前(ヤマ)はいい選手だって」

 

「えっ? えっ? 俺なんで試合出てんの?」
「ヤマちゃ~ん。ちょっとマジ俺記憶ないんだけど…どういうこと?」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 
スポンサーリンク
 
 
 
アマゾンリンク
忘却バッテリー 1巻 [Blu-ray]

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→忘却バッテリーのインデックス