「この素晴らしい世界に祝福を!(このすば、3期)」の名言・台詞まとめ

アニメ「この素晴らしい世界に祝福を!(このすば、3期)」の名言・台詞をまとめていきます。

 

この素晴らしい世界に祝福を!(3期)

1話

「この世の春が来たと…思ったこともありました」
「ゆんゆんから”カズマさんの子供が欲しい”なんて言われてみたり」(佐藤和真、カズマ)

 

「そこのロリっ子と2人きりで布団に入ったりして”モテ期”などと浮かれましたけれども」
「結果いまだ独り身」(カズマ)

 

「得たものといえばオークに襲われ迎えた貞操の危機と、キメラとの心中による心神喪失」
「勘違い…でしたわ!」(カズマ)

 

「やめろーーっ! そうやってきた結果がこれですわ」
「もう同じ轍は踏まないぞ」(カズマ)

 

「俺は冒険者から坊さんにジョブチェンジすんの」
「邪魔すんな!」(カズマ)

 

「命知らずも卒業か」
「だがそういう時もあっていい、特に若い奴には」
「可能性は無限大だからな」(荒くれ者)

 

「大丈夫よ」
「日が傾く頃にはシュワシュワが恋しくなってるに決まってるんだから」(アクア)

 

「豆腐よりも柔らかメンタルのカズマさんが言っても説得力ないんですけど」(アクア)

 

「いいでしょう、カズマの決心など打ち砕いてあげますよ!」
「あの山でしたね? エクスプロージョン!」(めぐみん)

 

 

「何かあったら、多少乱暴でもいいから起こしてくれ」(ダスティネス・フォード・ララティーナ、ダクネス)

 

「男ってのはな、”越えちゃいけない”なんて言われる壁があると」
「越えたくなるものなんだ」(カズマ)

 

「カズマが…私の爆裂魔法への道をつないでくれました」(めぐみん)

 

「まだカズマは、120点の爆裂魔法しか見てないじゃないですか」
「いつか…200点満点の爆裂魔法を」(めぐみん)

 

「私も、今の暮らしは気に入っているのでこのままがいいです」
「しょっちゅうピンチになるのも、みんなと一緒になんとか乗り越えていくのも」(めぐみん)

 

「ずっと…ずっと、このままみんなで一緒にいられるといいですね」(めぐみん)
「やだ! 何これ、甘酸っぱい!」(カズマ)

 

「どうしよう? 何この子。なぜいきなり手を?」
「やっぱりモテ期が到来していたのか」(カズマ)

 

「誘われてんの!? 気の利いたセリフの1つでも言えばいいの?」
「言えるかそんなもん! ピュアボーイナメんな!」(カズマ)

 

「カズマ」
「迷っている時に出した決断はね、どの道きっと後悔するものよ」
「なら、今が楽ちんな方を選びなさい」(アクア)

 

「帰ろう!」
「もうなんだかいろいろ目が覚めた」
「アクセルに帰るぞ」(カズマ)

 

「もう屋敷から出ない!」
「そもそも引きこもりの俺が何かしようってのが間違ってたあ!」(カズマ)

 

「カズマったら早速ダメ人間ぶりを発揮しだしたわね」(アクア)

 

「でもなぜかしら、安心するわね」
「こう私も頑張らなくていいんだって気持ちになる…」(アクア)

 

2話

「か…かしこまりました、ご主人様」
「私は卑しいメス豚です」(ダクネス)

 

「ここは天下の公道よ」
「私が芸をしてなんの文句があるって言うのよ!」(アクア)

 

「なんというか…(服が)ストンと落ちます」
「もう少し小さいのは?」(めぐみん)

 

「うん、お前らに言っておく」
「もしお姫様が俺をおそばにという話が出たら」
「俺は引っ越しをも考えてしまうかもしれない」
「その辺は覚悟しておいてくれ」(カズマ)

 

「なんてこった…この世界で期待が裏切られなかった稀有な例だ」(カズマ)

 

「家から出たくないって人が何か言ってるわよ」(アクア)

 

「(冒険者になる前?) この国に来る前は、家族の帰る場所を守る仕事をしてました」(カズマ)

 

「日々黙々と腕を磨き、襲いくる災厄から大切なその場所を守り」
「それでいて誰にも理解も評価もされない、悲しい仕事をしてましたね」(カズマ)

 

「俺の癖のある冒険者カードなんか見せられるか!」(カズマ)

 

「マズい! 1番仲間を大事にするめぐみんだ」
「売られたケンカは必ず買ってしまう!」(カズマ)

 

「私1人だったならもちろん我慢なんてしませんが」
「ここで私が暴れたらダクネスが困るじゃないですか」(めぐみん)

 

「アイリス様。先程の”嘘つき男”という言葉を取り消してはいただけませんか?」
「この男は大げさに言ったものの嘘は申しておりません」(ダクネス)

 

「それに最弱職ではありますが、いざという時には誰よりも頼りになる男です」(ダクネス)

 

「アイリス様…失礼しました」
「ですが精いっぱい戦い、あれだけの功績を残した者に対しての物言いではありません」(ダクネス)

 

 

「彼にはどうやって魔剣使いに勝ったかを説明する責任もありません」
「そしてそれが出来なかったとしても、彼が罵倒されるいわれもありません」(ダクネス)

 

「(後れをとる?) 当たり前だろ、俺が渡り合ってきた相手を考えろ!」
「魔剣使いに魔王軍の幹部、果ては大物賞金首まで」(カズマ)

 

「日頃そんな連中とやり合ってんだ」
「まずはその物騒な剣からだ!」
「これでも食らえ! スティール!」(カズマ)

 

3話

「いけません、アイリス様!」
「この男の話はいけません!」
「この男、ダメな奴です!」(クレア)

 

「学校の話がこんなに喜んでもらえるとは」
「俺にとって退屈だったあの毎日が、王女様にはとてもうらやましく映ったらしい」(カズマ)

 

「いろいろあったが…アクセルに残ってるあいつらも、俺のこと心配してるだろう」
「名残惜しいが帰るとしよう」(カズマ)

 

「俺は接待ゲームなんてやらないし、やるからには本気でやる」
「それでもいいのか?」(カズマ)

 

「自分からお願いしておいてなんですが、お兄様はとても面倒くさい方ですわ!」(アイリス)

 

「なんだ? セクハラはお手の物だろうが」
「恥ずかしがってないでとっとと言え」(ダクネス)

 

「カズマったら1人だけズルいわよ」
「魔王軍の幹部はみんなで倒したんだから」
「私だってお城暮らし出来なきゃ不公平よ!」(アクア)

 

「悪気はちょっとしかなかったのだ」
「ただ少し困った顔したダクネスの顔を見たら変なことを口走ってしまった」(カズマ)

 

「明日からこのお城も静かになりますね」
「クレアを怒らせたり、レインを困らせる誰かさんが帰ってしまいますから」(アイリス)

 

「あなたと過ごした日々はきっと、忘れられないものになるでしょう」(アイリス)

 

「ララティーナがうらやましいです」
「きっと、毎日楽しいんだろうなあ」(アイリス)

 

「(義賊を捕まえる?) 正義感とは無縁のお前がどうした?」(ダクネス)

 

4話

「カズマったら面倒事に首突っ込まないと死んじゃうの?」
「仕方ないから協力してあげるけど、もう私のこととやかく言えないわね」(アクア)

 

「これからは私達のことをトラブルメーカー呼ばわり出来ませんね」
「まあ私達は仲間なので、もちろん見捨てず協力はしてあげますが」(めぐみん)

 

「待て、聞きたくない!」
「また厄介事に巻き込まれるいつもの流れだ!」(カズマ)

 

5話

「慌てないでほしい」
「伝説になるのはこれからなのだから」(カズマ)

 

「賢い私は学習したわ」
「きっと何かオチがあると思うの」(アクア)

 

「たとえば、頭のおかしい子が私も巻き込んで爆裂魔法を使うとか」
「脳筋な子がモンスターを集めて私も巻き込まれるとか!」(アクア)

 

「相手は数が頼りのザコばかりだ」
「俺の本気を見せてやるさ」(カズマ)

 

「女神を汚したことを後悔させてあげるわ」
「神の怒りに震えるがいい!」(アクア)

 

「どうしよう! すごく恥ずかしい」
「戦闘前はドヤ顔しておいて、コボルトに袋叩きにされて死んだとか…」(カズマ)

 

「まったく…許してあげるのは今回だけですよ」(エリス)

 

「我が名はめぐみん。アクセル随一の魔法の使い手にして、爆裂魔法を操りし者」
「灰燼に帰したのはあなた達の方でしたね…」(めぐみん)

 

「王都で派手に活躍するのも気持ちよかったのですが…」
「私は4人でクエストこなしたり、ケンカをしながらも騒がしいアクセルの暮らしが」
「1番好きですよ」(めぐみん)

 

「任せて下さい! 買い物の値切り方から」
「売られたケンカの買い方までいろんなことを教えてあげます!」(めぐみん)

 

6話

「普段私をバカ扱いしてるけど、今なら言えるわ」
「カズマさんって、極上の大バカなんでしょ」(アクア)

 

「誰がソードマスターと正面から戦うものか」
「油断大敵である」(カズマ)

 

「あの仮面と黒装束は、私の琴線(きんせん)に触れまくりでしたよ!」
「今度会ったらぜひサインとか欲しいです!」(めぐみん)

 

「大体1週間程度の短い期間で、お前はそこまで異性に好かれる自信はあるのか?」
「ちゃんと現実を見ることだ」(ダクネス)

 

7話

「アクシズ教ではさまざまな愛の形も認められているわ」
「祝福の魔法はいるかしら?」(アクア)

 

「父が最近体調を崩しぎ…気味でな」
「こういったことをしてるとお~」
「”嫁入り前の娘がいったい何を”と心配させて…しまうので」(ダクネス)

 

「ほてった体をカズマに散々もてあそばれてしまった…」(ダクネス)
「おい、言葉を選べよ。くすぐり倒しただけだろ」(カズマ)

 

「我が輩は考えたのだ」
「1人になると必ずやらかすトラブル店主に、どうやったら赤字を出させないかを」(バニル)

 

「あやつは暇を持て余すと余計なことをしでかすので」
「我が輩、飯を食う暇もないほどに24時間働かせみたら、まあ上手くいってな」(バニル)

 

「2週間ほど続けていたら、特におかしなこともないのに」
「泣きだしたり笑いだしたりと情緒不安定になり」
「人様の前に出せる状態ではなくなってきたので休ませているのだ」(バニル)

 

「かかか…かわいらしい服は似合わないし、買うのも恥ずかしく!」
「ふと、目についたのでつい…試してみようかなと…」(ダクネス)

 

「こ…こんな無愛想な筋肉女が出来心でかわいい服を体に合わせてしまいました」
「ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんな…」(ダクネス)

 

「あの娘にはこう言った、”貴様の力ではどうにもならん”とな」
「だがお前の頑張り次第では、どうにもならんこともないかもしれんぞ」(バニル)

 

「なあ…どうしてもダメか?」(ダクネス)
「泣き落としとは…上手くなったじゃないか!」(カズマ)

 

「ヒュドラといえばドラゴン!」
「倒せば堂々とドラゴンスレイヤーを名乗れます!」
「”竜殺し”の二つ名はいただきです!」(めぐみん)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 
 
 
アマゾンリンク
この素晴らしい世界に祝福を! [Blu-ray BOX]
この素晴らしい世界に祝福を!3 1巻 [Blu-ray]

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→このすばシリーズのインデックス