「転生したらスライムだった件(転スラ3期)」の名言・台詞まとめ

アニメ「転生したらスライムだった件(転スラ3期)」の名言・台詞をまとめていきます。

 

転生したらスライムだった件(3期)

49話

「(酒?) いいではないか」
「操られたふりを頑張ったご褒美なのだ!」(ミリム・ナーヴァ)

 

「(早くやめても?) うむ。だがせっかくリムルと戦えるチャンスだったのでな」(ミリム)

 

「情報の対価としてお支払いしたのですから、気遣いは不要でございます」(ディアブロ)

 

「食べる必要があるとかないとかいう問題ではない」
「我が食べたいから食べるのだ!」(暴風竜ヴェルドラ)

 

「(ちゃんと護衛を?) 当然です」
「私がいればあなた(ディアブロ)など必要ないのだと証明されました」(シオン)

 

「少々荒療治になります」
「耐えて下さいね」(ディアブロ)

 

「もちろん理解しているのでしょうね」
「私に願い事をするその代償が高くつくということを」(ディアブロ)

 

「(王に慈悲を?) まあいいでしょう」
「ただし、リムル様に対する不敬は二度と見逃しません」(ディアブロ)

 

「今後もし叛意を見せたなら、王の命どころか」
「ファルムスの地から生命の息吹が消え失せることになるでしょう」(ディアブロ)

 

 

「私が得たユニークスキル”誘惑者(オトスモノ)”があれば」
「裏切りを防ぐことなど造作もありません」(ディアブロ)

 

「国盗りのような些事、さっさと済ませてしまいましょう」(ディアブロ)

 

「私の名はディアブロ」
「偉大なる我が王・リムル様の忠実な執事(バトラー)ですよ」(ディアブロ)

 

「黙れと言っている」
「お前達の都合などリムル様には関係ない」(ディアブロ)

 

50話

「今後の方針について計画を見直そうと思うんだよ」
「今は我慢の時かな、世界征服という野望を達成するためにはね」(ユウキ)

 

「とはいえ、やられっぱなしはしゃくだよね」
「クレイマンから全てを奪ったあのスライムには」
「少しくらい仕返ししておこうと思うんだ」(ユウキ)

 

「手は出さないけど、口は出してもいいだろ?」(ユウキ)

 

「この世界で頼れるのは自分の力のみ」
「そして私は見つけた…私を強くしてくれる場所」(ヒナタ・サカグチ)

 

「おごった考えを抱いたまま死ぬでない」
「正義とはなんぞや? 悪をくじくことか?」(ルミナス・バレンタイン)

 

「仮にそうだとして、わらわの行いが悪かどうか」
「それを矮小な身で勝手に判断するとは何様じゃ」(ルミナス)

 

「全ての自由意志を満足させる正義などない」
「それを行えると考える方が傲慢であろうよ」(ルミナス)

 

「この国の秩序と公平さは、ほかの西側諸国でも類を見ないほど保たれている」
「だからこそ、ルミナス様をお守りしなければならない」(ヒナタ)

 

「この理想郷を守るために」(ヒナタ)

 

「私と違って、あの方(ルミナス様)は優しいから」(ヒナタ)

 

「ヒナタよ、そなたは確かに強くなった」
「じゃが、魔王リムルはともかくヴェルドラには勝てぬ」(ルミナス)

 

51話

「なるほど、戦ってのは勝ったあとも大変だ」
「捕虜をまとめて移送するのも大変だし」
「目を離した隙に反乱を起こされても面倒だし」(リムル=テンペスト)

 

「(反乱?) ご安心を。眼の前で軽く説明しておきました」(ベニマル)

 

「俺が指示を出さずとも、おのおのの判断で動いてくれる」
「なんとも頼もしき奴等よ」(リムル)

 

「って、あれ? もしかして俺いなくなっても大丈夫なんじゃね?」
「それはそれで少し寂しいような…」(リムル)

 

「思い出すなあ…指示を聞かない作業員、失敗を隠そうとする後輩」
「人に責任を押しつけようとする上司」(リムル)

 

「いい思い出も多いけど、苦労話を言い出せばきりがない」(リムル)

 

52話

「(ヴェルドラに)どこかでドカン! などされてしまうと」
「その周辺は死の大地になってしまうな」(リムル)

 

「ヤバい魔物が大量発生するとか」
「暴風大妖渦(カリュブディス)級の化け物が生まれてしまうかもしれない」
「まさに天災級(カタストロフ)」(リムル)

 

「せっかく魔素濃度の問題が片づいたと思ったら、それ以上の難問が出てくるとは」
「ままならないものだな、人生とは…いや、スライム生とは」(リムル)

 

「小さな悩み事は、より大きなやりがいで吹き飛ばす」(リムル)

 

「失敗してもさ、それはお前の経験になるだろ」
「損失なんてたかだか都市1つ分の値段だろ?」
「また稼げばいいさ」(リムル)

 

53話

「サーレ、代わりたいのならいつでもこの地位を譲ってあげるわ」
「ただし、実力を試させてもらうけど」(ヒナタ)

 

「(間違い?) 神託は絶対よ」(ヒナタ)

 

「あの国(ファルムス)で起こるのはあくまでも内乱なの」
「守るべきは王侯貴族ではなく民」(ヒナタ)

 

「ファルムス国民やほかの国に飛び火しないように、細心の注意を払いなさい」(ヒナタ)

 

54話

「いいか、失敗した時はそれをどうやって挽回するかが大事なんだ」
「”責任をとって辞めます”じゃ、誰でも簡単に出来るだろう」(リムル)

 

「犯人を見つけます」
「この私に罪をなすりつけようとした犯人をね」(ディアブロ)

 

「やって来る3万の中には、犯人につながる者がいるかもしれません」
「優しく問いただしてみるとしましょう」(ディアブロ)

 

「あれれ?」
「俺を置き去りに話がどんどん進んでいく」(リムル)

 

「よし! ひらめいたぞ!」
「我がたまたまドラゴンブレスを試してみるというのはどうだ?」
「誤射だったことにすればよかろう!」(ヴェルドラ)

 

「もしも戦いになって戦況維持が難しいようなら、即座に相手の殲滅に移るように」
「優先すべきは仲間の命だ」(リムル)

 

「そして、自分が殺されたら意味がないと理解しろ」
「全員が今回も乗り切れることを期待する!」(リムル)

 

55話

「(テンペストの状況) 私達が魔物の脅威から必死で人々を守ってる間に…」
「なんだか驚きを通り越して…腹が立ってきたわ」(ヒナタ)

 

「確かに余裕がなければ、こんなことにまで気が回らないでしょうね」(ヒナタ)

 

56話

「今この場で話をしていいのは、リムル様とヒナタ・サカグチのみ」
「呼ばれていない者は大人しくしていろ」(ベニマル)

 

「(妖鬼?) 似たようなものだがな、外れだ」
「貴様らの仲間と戦っているベニマル達は”妖鬼”だが」
「私は少し違う方向に進化したらしい」(シオン)

 

「私は”悪鬼(おに)”なのだよ」
「だからお前達が考えているよりも…優しくないぞ」(シオン)

 

「つまり君は、ルミナス様と同じ高みに至ったということなのね」
「いろんな意味で戦いたくない相手だわ」(ヒナタ)

 

「あとはもう、純粋なる力と力の勝負」
「全身全霊を懸けて挑むのみ」(ヒナタ)

 

「本当にすごい成長ぶりね、だけどそれはあくまでも身体能力に関してだけ」
「技量までは追いつかれていない、10年かけて磨いてきた技には…」(ヒナタ)

 

「短い間だったけど…唯一心を許せた時間」
「シズ先生の技術を全て学んで、私はあの人の元を去った」
「失うのが怖かったから」(ヒナタ)

 

「私は不器用だから感謝の言葉も伝えられなかった」
「だけど、シズ先生から受け継いだ経験の差はある!」(ヒナタ)

 

「(未来攻撃予測?) さすが先生!」
「よく分からないけど使ってみる!」(リムル)

 

「これは…相手の出せる剣筋を表してるようだな」
「予測できてるフェイントは、もうフェイントじゃない」
「俺の勝ちだ!」(リムル)

 

「やっぱなんでもありだな」
「さすがうちの大将だ」(ベニマル)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 
 
 
アマゾンリンク
転スラ [Blu-ray]
転スラ 第2期 1巻 [Blu-ray]
転スラ 第3期 1巻 [Blu-ray]

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→転生したらスライムだった件のインデックス