「ツルネ」藤原愁の名言・台詞まとめ

アニメ「ツルネ 風舞高校弓道部」藤原愁の名言・台詞をまとめていきます。

 

ツルネ 風舞高校弓道部

7話

「湊、俺は必ず戻ってくると信じていたよ」
「また湊の射を、俺に見せてくれ」

 

「新設の部にとって、勝ち負けは二の次。出場することそのものに意味があるんだ」
「それを揶揄してはいけないね」

 

8話

「湊…俺はもっと高みが見たいんだ。1人じゃたどり着けない」
「湊が必要なんだ。俺と同じ高みに登れる可能性がある、お前が」

 

「だから早く、もう一度登ってきてくれ」
「お前はふいに現れて、俺の人生を変えたんだ」
「その責任は取ってもらう」

 

「いい加減、湊を追いかけるのはやめたらどうだ?」
「どのみち、これ以上はもうついていけないだろうし」
「君は…弓を愛してないから」

 

10話

「弓は1人で引くものだ。誰かのためにじゃない」

 

13話

「さあ、勝ち負けで考えたことはなかったので」
「精一杯やります」

 

「また湊と対戦するとは、感慨深いよ」

 

ツルネ はじまりの一射(2期)

1話

「もう、離すつもりはない」

 

2話

「(凄い射手?) 凄くはないよ。もっと素晴らしい弓引きはいくらでもいる」

 

「そうだね。沙絵が見ていると思うと、緊張してしまうかもしれない」
「兄としては、妹の前では格好をつけていたいものだからね」
「失敗するところは見せたくない…かな」

 

「これでなかなかよくミスをする」

 

「さあ、行こう。桐先の射を見せる時だ」

 

3話

「褒めていただくには及びません」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
ツルネ -風舞高校弓道部- 第一巻 [Blu-ray]

 

→ツルネのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました