「サマータイムレンダ」ハイネ&シデの名言・台詞まとめ

アニメ「サマータイムレンダ」ハイネ(シオリ、黒色)&シデ(青色)の名言・台詞をまとめていきます。

サマータイムレンダ

5話

「殺しても殺してもセーブポイントから復活する勇者に魔王が勝つには、ゲーム機の電源を切る他ないと思いませんか?」

「もしも二次元の魔王に、電源という三次元の概念が理解できたらどうです?」
「君は見届けて下さい、慎平君。私が電源を切る瞬間をね」

 

「これが、私のエンディング」

 

7話

「終わりやねん。この夏で、もうお終いやねん」
「せやから帰るんです。家族で帰るんです」

 

9話

「あれから随分捜したぞ」
「もう逃さん」

 

11話

「ちょうど9時やな。食餌の時間じゃ」

 

12話

「かっこよく死のうなんて、無駄なんやから」

 

「慎平君。君は君の観測した世界を事実にする力がある」
「今この世界は君がレンダリングしている。まさに恐るべき神の力です」

 

「毒、ですか…君、死に慣れてますね」

 

13話

「ズルはいけませんねえ、慎平君」
「あの時言うたいしょ、見つけた~て。それは刻印じゃ」
「これからおまんがどの世界に行こうが、すぐに見つけられる」
「わしもループ出来るんじゃ」

 

「観測者は2人もいりません。母か、君か?」
「最後に生き残った方が見る世界が…事実なのです!」

 

「これは挨拶代わりじゃ、網代慎平。なんべんでも繰り返すがええ」
「そのたんびにわしはおまんをたどり、ついにその力を封じてくれようぞ」

 

14話

「(ひづる) 友達やから、1回だけ見逃しちゃる。次に会うたら殺す」

 

「観測可能な時間の限界が死のたんびに狭まってきとるんじゃ。これはええ発見じゃ」
「ほなら奴の言う通り、なんべんもなんべんもループさせちゃろやないか」
「限界を超えるまでな」

 

「奴の命削りきるぞ。生け捕りよりも簡単や」

 

18話

「残念やったねえ、慎平君」
「ほんのちょっぴり、俯瞰が足らんかったんとちゃいますか?」

 

「今、どんな気分ですか? 慎平君」
「ラスボス前のセーブデータが消えた小学生の気分かなあ?」

 

「ガキ共が。この私のエンディングを変えられるとでも?」

 

「君とループするんは絶望と後悔だけや」

 

22話

「タラレバは無意味ですよ。今を俯瞰しなければ」

 

24話

「死ねば、それで終わり」
「予知もループも出来ない」
「やっぱり魔王にも、勝ち目がないといけません」

 

「知っていれば対策できる。いっつも君がやってたことや」

 

「私はね、ゲーム機の電源を切る方法を知ってる、魔王なんですよ、慎平君」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
サマータイムレンダ 全13巻セット (コミック)

 

→サマータイムレンダ
→サマータイムレンダ(網代慎平)
→サマータイムレンダ(小舟潮)
→サマータイムレンダ(小舟澪)
→サマータイムレンダ(菱形窓&朱鷺子)
→サマータイムレンダ(南方ひづる)
→サマータイムレンダ(根津銀次郎)

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました