「ワンピース」ボルサリーノ(黄猿)の名言・台詞まとめ

アニメ「ワンピース」ボルサリーノ(黄猿)の名言・台詞をまとめていきます。

ワンピース シャボンディ諸島編

398話

「何がどうであれ世界貴族に手を出されて、我々が動かんわけにはいかんでしょう、センゴクさん」

「わっしが出ましょう、すぐ戻ります。ご安心なすって」

 

401話

「こりゃあ…ちょっとやりすぎたね」

 

「お~、ちょっとものを尋ねたいんだけど」

 

「ちょっといいかね?」
「戦桃丸という男を捜しているんだけども?」

 

「いやあ、それが見つからないと、お~暇だからね」
「そんな時にまさかこんな首を放っておくわけにもいかんでしょう」
「懸賞金2億4900万”魔術師”バジル・ホーキンス」
「速度は重さ。光の速度で蹴られたことはあるかい?」

 

402話

「ドレーク少将…あ~、元少将。それ(パシフィスタ)の偵察に来たんじゃねえのかい?」
「戦ってみるといいよ。内情を知っている分、絶望もデカいと思うがね」

 

「せいぜいお気をつけなすって、ヒヨッコの諸君」
「今はわっしもいるのでねえ」

 

「どいつもこいつも、億を超えるような輩は、化け物じみていて怖いねえ」

 

「なんの能力か知らねえけども実体はあるな。自然(ロギア)系じゃなさそうだ」
「まずは1人目」
「ここまでの長い航海、ご苦労だったねえ」

 

「いや~、ひどいねえ」
「お~、びっくりしたねえ」
「八咫鏡」

 

403話

「もう手遅れだよお。懸賞金1億2000万”海賊狩りのゾロ”」
「そこそこやれる剣士だと聞いてたんだけどねえ」
「一発KOとは…随分疲れが溜まってたんだねえ」
「ゆっくり休むといいよお」

 

404話

「無駄だねえ。わっしはピカピカの実の光人間。ロギアだからねえ」

 

「移動もさせない、無駄だよお。今…死ぬよお」

 

「あんたの出る幕かい? 冥王レイリー」

 

「あんたがこの島にいることは度々耳にしてたけどねえ、本当だったんだねえ」
「こんなヒヨッコの肩を持つなんて、腐っても海賊ってわけなのかい?」
「レイリーさん」

 

「海賊の罪は消えんでしょう。ましてロジャー海賊団」
「ただあんたを捕らえるとなると、こちらとしてもいろんな覚悟を決めにゃいかんので」

 

「(見逃す?) 勘弁して下さいよ」
「この子らをとっ捕まえねえと、我々海軍本部はマリージョアの天竜人達に顔が立たんのですよ。邪魔はせんでくれませんか」

 

「(勝てないから逃げる?) 潔し、腹が立つねえ」

 

「困ったねえ。軽い気持ちでこの島に来たのにねえ」

 

「わっしの部下達も十分強力でしょうが」

 

405話

「バーソロミュー・くま…これだから海賊は信用ならねえよ」

 

「海軍大将1人止めといてまだ欲張られちゃあ、わっしの立つ瀬がない」
「いいかげんにしなさいよ!」

 

「で、そいつも飛ばして終わりかい?」
「ちゃ~んと説明はあんだろうなあ? これは大問題だよ」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

→ワンピースのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました