「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)」ロズワールの名言・台詞まとめました

アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)」ロズワール・L・メイザースの名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
Re:ゼロから始める異世界生活 1-24巻セット (ノベル)

Re:ゼロから始める異世界生活

4話

「小さな徽章一つ守りきれない人間に、国を任せられなって思われれば、それだけでおーしまい」

 

5話

「おーや、手厳しい。それに分かってない。確かにこの浴場も私の所有物だけど、使用人という立場の君も、私の所有物といえるんじゃーあないかな?」

 

「神経の太さでいったら、君もなーかなかだと思うけどね」

 

7話

「お客人、なーにか心当たりはないかねーえ。かわいがっていた従者がこんな目に合わされて、私も少々気が立っているようだ」

 

「事態に重きを置くべきは既にそこに無い。しーかし、君が身を張って守るほどとは、よーっぽど彼が気にいったのかな?」

 

9話

「ご明察。普段の装いだとどうしても面倒な相手がいるものだから、仕方なーく礼服も着るわけだーよ」

 

「君にも任せるよ、スバル君。エミリア様のことだけはしーっかり頼むよ」

 

11話

「いいや、いいとも。むしろ、私の不在に君達はよーくやってくれていたよ。君がしてくれたことへのお礼は、尽くそうじゃないか。約束する」

 

「あらま、生意気いうようになっちゃって。おいで」

 

「この度の王選、なんとしても勝ち抜かないといけない、私の目的のために。竜を殺す、その日のために」

 

12話

「面白いからそこの彼に着いていっていいよ」

 

13話

「そーれにしても、こうして騎士勢が介添人として続いた後だと、私の場違い感がすごくて困りものだーよねえ」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

Re:ゼロから始める異世界生活(2期)

30話

「やはり、君は私の共犯者にふさわしいよ」

 

33話

「ベアトリスに質問をさせて、君はそれを肯定しなさい。そうすれば、あの子は必ず君の味方になってくれる」

 

36話

「何度も? そう何度もだよ、スバル君」
「よろしい。分かっていない君に、分かったつもりになった私が勝手に教えよう」

 

「君はね、2人の死を悲しんでいないのさ。驚きはある、義憤もある、だけど悲しみは無い。取り返しがつくものと君は思っているんじゃーないかい?」

 

「それは言えない。私にも制約がある。ただこれだけは言っておこう」
「私は、私の悲願を叶えるための最善を常に尽くしている。あらゆる画策も、非道も助力や支援さえもそのためだ」

 

「いずれ君が、本当の意味で私に追いつく時がくるよ」

「いいかい、スバル君。本当の本当に、君にとって大事なたった一つのもの。それ以外の一切を手放し、ただただ大事な一つを守りぬくことだけを考えるんだ」

「そうすれば……君も、私みたいになれるさ」

 

38話

「命が、ある。命があれば未来がある。未来があれば希望がある。希望があれば可能性がある。可能性があれば、人は救われる。違うかい?」

 

「資格は取り戻せる、状況は立て直せる。故に、私の行動は変わらない。変わらず、君を追い詰め、覚悟を研ぎ、君を完成させよう」

 

「うぬぼれるなよ、ナツキ・スバル。エキドナを理解しているのは、お前だけじゃない」

 
 
管理人の別サイトに興味がありましたら
→本の名言サイト
→ユーチューブ(名言セリフの部屋)

43話(18話)

「あまり、家名で呼ばれるのは好きじゃないんだ。ロズワールと、そう呼んでくれないかな?」

 

45話(20話)

「どうだった、ベティー。僕と先生との馴れ初めは?」

 

「でも、僕はあの時の先生の言葉を、全部覚えている」

 

「僕もあの日、先生と出会わなければ、今も一人苦しみ続けていたはずだ。あるいは、世を儚んで、早まったことをしていたかもしれない」

「そうならず、両親や兄弟を見返して、メイザース家を乗っ取れたのも、全部先生のおかげなんだよ」

 

「いい顔をするね、ベアトリス。僕は君のその顔が、先生の顔の次に好きなんだ」

 

「断るよ、スバル君。この程度の変化に折れるほど、私の400年は軽くは無い」

 

「優位は依然、私の側にある」

「賭けの条件に、君は自分の持つ最大の武器を縛り、ただ人となったんだ。そのただ人である君に何が出来る? 何も出来はしない。出来るものか!? 人並み以下のお前に何が出来る!?」

「月日が刻み込んだ思いは誰にも侵されざる聖域だ。何人たりとも、それは変えられない。私の400年が、ただ人のお前に覆されることなど、あってたまるものか!!」

 

「私が、それを、信じているからだ!」

 

「お前が、誰かの強さを信じて期待するように、私は、誰もが弱いままだと信じているからだ!」

「弱くてもろくて、たった一つの大切なものにすがる以外、思いを遂げることなど出来ないちっぽけな存在だと、そう信じているからだ!」

「400年、私は1人の女性を思い続けている。共に過ごした日々よりずっと長く。触れ合えない時を過ごしてもなお、その姿が焼き付いて離れない。魂を焦がして、止まないんだ!」

「あの別れの日に心が粉々に砕かれたまま、私は何も変わっていない!!」

 

「やはり、私のにらんだ通りだ、ナツキ・スバル」
「君と私は似た者同士だ。想い人に理想を強要するという意味でね」

 

46話(21話)

「分かります、分かりますとも。なにせ私と彼とは、同類ですからねぇえ」

 

「恋しい女性に対して、理想を押し付けるということですよ」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
Re:ゼロから始める異世界生活 1-24巻セット (ノベル)

 

→リゼロ
→リゼロ(2期)
→リゼロ(スバル)
→リゼロ(レム)
→リゼロ(ラム)
→リゼロ(エミリア)
→リゼロ(ベアトリス)
→リゼロ(クルシュ)
→リゼロ(ヴィルヘルム)
→リゼロ(エキドナ)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました