「ワンピース」シルバーズ・レイリーの名言・台詞まとめ

アニメ「ワンピース」シルバーズ・レイリーの名言・台詞をまとめていきます。

ワンピース シャボンディ諸島編

395話

「コーティング屋をやっているじじいだよ」
「わしは、若い娘さんが…大好きでねえ」

 

397話

「(金を)人買いなどに使うのはもったいない」
「私が、もっと有意義に使ってやるとしよう」

 

「ほら見ろ、巨人君。会場はえらい騒ぎだ。オークションは終わりだな」
「金も盗んだし…さあ、ギャンブル場へ戻るとするか」

 

「その麦わら帽子は、精悍な男によく似合う」
「会いたかったぞ、モンキー・D・ルフィ」

 

398話

「この島じゃ”コーティング屋のレイさん”で通っている」
「下手にその名を呼んでくれるな」

 

「もはや老兵、平穏に暮らしたいのだよ」

 

400話

「捕まったのではない」
「ロジャーは自首したのだ」

 

「我々の旅に、限界が見えたからだ」
「あの公開処刑の日から4年ほど前か、ロジャーは不治の病にかかった」

 

「誰も治せない、手の打ちようのない病に、さすがのロジャーも苦しんだが」
「当時海で一番評判の高かった灯台守でもある医師、双子岬のクロッカスという男だけが」
「その苦しみを和らげる腕を持っていた」

 

 

「我々は彼に頼み込み、最後の航海に船医として付き添ってもらい」
「ついにその3年後、ロジャーの命を取り留めつつ」
「不可能と言われたグランドライン制覇を成し遂げたのだ」

 

「あいつ(クロッカス)はたった3年のクルーだったが、紛れもなく我々の仲間だ」
「この年になると、また会いたいもんだな」

 

「そこからだ、ロジャーは世間から”海賊王”と呼ばれるようになった」
「何もずっと海賊王だったわけじゃない」

 

「死にゆく男に称号などなんの意味もない」
「だが、ロジャーは喜んでいたな」

 

「何事も、派手にやらかすことが大好きな男でね」
「宴(うたげ)もそう、戦いもそう」

 

「己の先のない未来にも一計を案じ、楽しんでいるようにも見えた」

 

「やがて船長命令により、ロジャー海賊団は人知れず解散し、全員バラバラに」
「1人…また1人姿を消した」

 

「共に命を懸けた仲間達は、今やどこで何をしているか、ほとんど分からない」

 

「そして解散から1年が過ぎた頃、ロジャーは自首し、逮捕され」
「あいつの生まれた町、イーストブルーのローグタウンで公開処刑が発表された」

 

「あの日広場には、今海で名を上げている海賊達の」
「若き日のそうそうたる顔ぶれが並んでいたと聞く」
「海賊王の処刑に、世界が注目していた」

 

「私は行かなかったよ」
「あいつ(ロジャー)の言った、最後の言葉はこうだ」

 

「世界政府も海軍も驚いたろう」
「他の海賊達への見せしめのため行った公開処刑の場が」
「ロジャーの死に際のたったひと言で」
「大海賊時代の幕開けの式典へと、一変したのだからな」

 

「残り数秒、僅かに灯った命の火を、奴は世界へ広がる業火に変えた」

 

「あの日ほど笑った夜はない」
「あの日ほど泣いた夜も、酒を飲んだ夜もない」

「我が船長ながら、見事な人生だった」

 

「ロジャーは死んだのだ」
「今の時代を作れるのは、今を生きてる人間だけだよ」

 

 

「あの日広場で、ロジャーから何かを受け取った者達が、確かにいるとは思うがね」
「君のよく知るシャンクスもその1人だろう」

 

「イーストブルーなら、バギーという海賊も知らんか?」
「あれらは2人とも、うちの船で見習いをやっていた」

 

「10年ほど前か、この島でばったりあいつと会ってな」
「トレードマークの麦わら帽子と左腕がなくなってた」

 

「訳を聞くと嬉しそうに、君のことを話すんだ」
「それ以来、いつかモンキー・D・ルフィ…君に会いたいと思っていた」

 

「(空白の100年?) ああ、知っている」
「我々は、歴史の全てを知った」

 

「だがお嬢さん、慌ててはいけない」
「君達の船で、一歩ずつ進みなさい」

 

「我々もまた、オハラもまた、少々急ぎ過ぎたのかもしれん」

 

「君達に今ここで歴史の全てを私が話しても、今の君等には何も出来やしない」

 

「ゆっくりと世界を見渡したその後に導き出す答えが、我々と同じとも限らない」

 

「それでも聞きたいと言うならば、この世界の全てを、今話そう」

 

「いずれ全てが見えてくる」

 

「ロジャーはあの文字を解読できたわけじゃない」
「我々は海賊。天才クローバーや、オハラの学者の頭脳に敵うはずがない」

 

「あいつはな、万物の声を聞けた」
「それだけのこと」

 

「やれるか? 君に?」
「グランドラインは、まだまだ君等の想像を遥かに凌ぐぞ」
「敵も強い」

 

「君にこの強固な海を支配できるか?」

 

404話

「若い芽を摘むんじゃない」
「これから始まるのだよ、彼等の時代は」

 

「君達が手配書を破棄してくれるのなら、私も伸びやかに隠居できるんだがな」

 

「彼等を見逃すわけにはいかんかね?」
「黄猿君」

 

「君は行かせん! 剣など久しぶりだ」

 

「戸惑いこそが人生だよ、黄猿君」

 

405話

「向こうの事態が尋常ではないな」
「なんとか力を貸したいが…年は取りたくないものだ」

マリンフォード編

486話

「逝ったか、白ひげ」

 

507話

「ルフィ君。君はこれから、シャボンディに向かうつもりだと言ったな?」
「本当に、それでいいのか?」

 

「今のままで、あの強大な力に立ち向かうことが出来るか?」
「繰り返すために、また集まる気か?」

 

「私から1つ提案がある」
「のるか反るかはもちろん…君が決めろ」

 

512話

「(3D2Y) 君達ならちゃんと伝わる、そんな気がする」

 

516話

「ハンコック。そう甘やかしてもらっては困る」
「ルフィ君の修行中、女達の出入りは厳禁だ」

 

「猛獣の数がおびただしいな。とても数え切れない」
「今の君では討ち取れんような生物が、ざっと5百体以上」
「力を付けねば、夜もおちおち眠れんぞ」

 

「他人事ではない。君もこの力を身に付けるのだ」
「”覇気”という力を!」

 

「いいか、ルフィ君。覇気とは、全世界の全ての人間に潜在する力だ」
「気配、気合、威圧。それは人として当たり前の感覚となんら違いはない」

 

「ただし、大半の人間はその力に気付かず」
「あるいは引き出そうにも引き出せず一生を終える」

 

「疑わないこと、それが強さだ」

 

「この力(武装色の覇気)の有効な点はここだ」
「悪魔の実の能力者に対して、弱点を突くことを除いては」
「この武装色の覇気が、この世で唯一の対抗手段であるということ」

 

「ほぼ無敵にすら感じるロギアの能力者の流動する体も、実体として捉えることが出来る」

 

「これが相手を威圧する力、”覇王色の覇気”」
「この世で大きく名を上げるような人物は、およそこの力を秘めていることが多い」

 

「ただし、この覇王色だけは、コントロールは出来ても鍛え上げることは出来ない」
「これは使用者の気迫そのもの、本人の成長でのみ強化する」

 

魚人島編

518話

「再びこの島へたどり着くだけで、本来、至難の業」
「大した一味だ」

「全員無事集まれそうでよかったな」

 

520話

「少々慌ただしいが、それぞれの2年を乗り越えて、いよいよ再出発の時だ!」

 

521話

「一応様子を見に来たが、問題なさそうだな」
「更に力が洗練されている」

「では早く行きなさい。仲間達のもとへ」

 

522話

「頂点まで行ってこい!」

 

「弟子の船出だ、よしなに頼むよ」
「(その線を) 越えないことを勧める」

 

523話

「この世には、偶然などないのかもしれない」
「全てが必然であるかのように…」

 

「縁はやおら形を成していく」
「とかく…ルフィはまた一段と、あの帽子がよく似合う男になった」

 

「もう少し長生きするのも悪くないな」

 

ホールケーキアイランド編

860話

「ルフィ。稽古はつけたが、覇気は実戦の極限状態にこそ更に開花する」
「強敵と向き合うほどに、お前はますます強くなる」

 

865話

「攻撃には意志がある」
「気配がある」
「闇雲に手を出すな、ルフィ」

 

867話

「気のせいでいいんだ」
「気のせいの延長上に見聞色はある」

 

「それを無意識に察知できるようになれ」

 

ワノ国編

933話

「武装色の覇気は、見えない鎧を着るイメージを持て」

 

966話

「(調子に乗るな?) 私は常に真剣なんだよ、少年」

 

969話

「”ワンピース”か…誰が見つけるんだろうな」

 

1088話

「正直言って、あの状況だから助けられたが…私も年を取った」
「今の黒ひげに、正面からは勝てやしない」

 

「おい、白ひげの見習い小僧」
「大人げないが、私はお前が嫌いでね」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ワンピース 1-106巻セット (コミック)
コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→ワンピースのインデックス