「メイドインアビス」ボンドルド&プルシュカの名言・台詞まとめ

アニメ「メイドインアビス」ボンドルド(黒色)&プルシュカ(青色)の名言・台詞をまとめていきます。

メイドインアビス 深き魂の黎明

「(通す?) ええ、構いませんとも」
「ですが、ラストダイブに使う祭壇は、白笛で起動するものです。ご存知でしょうが、白笛は本人でしか使えないのですよ。これは、命を響く石、ユアワースという遺物の加工品」

「たとえ親子であっても、命の門が異なっては音色は出ません」

 

「やはりあなたは……あなた達は、アビスの驚異が生んだ奇跡なのです。戻って来てくれて、本当に嬉しい」

 

「何よ! あたしだって部屋に鍵くらいかけるわよ! 年頃なんだから、いろいろあるのよ」

 

「知ってる!? 五層の呪いは、人が持ってない感覚は奪えないんだって」
「任せて、コツがあるんだ。あたしだって、パパに内緒で結構冒険してるのよ」

 

「家族とは血のつながりのみを言うのでしょうか? 私はそうは考えていません。家族とは他人同士が出会い、築きあげるものなのですよ」

「慈しみあう心が、人を家族たらしめるのです。血はその助けに過ぎません。愛です! 愛ですよ、ナナチ」

 

「リコ! あたし、一緒に冒険に行きたいんだ!」

 

「自爆覚悟で挑むとは、男の子ですね」

 

「どこにも行ったりなんかしません。あなたの愛があれば私は不滅です」

 

「アビスは呪いのみを与えている訳ではありません。強すぎる負荷で見えなくなっていた効果、便宜上、私はこれを祝福と呼んでいます」

 

「リコは凄いな」
「リコはさ、お母さんに会いに行きたいんじゃなくて、お母さんみたいになって一緒に冒険がしたいんだな。とっくに本音が建前を超えてるじゃんか!」

 

「そう! むしろ始まるのよ!」

 

「きっとあんたは、オーバードで武装した最初の白笛になるんだ。進んで、リコ。ゆっくり、ゆっくり、振り返っちゃダメ」

「奈落の闇がどんなに暗くても大丈夫。あんたとっても明るいから。夜明けの花は、昼には枯れて落ちるんだ」

「だけど、あんたは進んで。ねえ、リコ。あたし、あんたみたいな友達がずっと欲しくてさ……」

 

「この基地はかつて祭祀場の遺跡でした。決して戻れぬ六層以降に挑むということは、奈落にその身を委ねるということ。ここはその準備、儀式を執り行う場所でもあったのですよ」

 

「君は私が思ってるより、ずっとこちら側なのかもしれませんね」

 

「さあ、次の2000年へ踏み入る準備は整いました。共に、夜明けを見届けましょう」

 

「君達がこの先に進むことこそ、私の新たな憧れです」

 

「どうか……どうか君達の旅路に、溢れんばかりの、呪いと祝福を……」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
メイドインアビス 1-10巻セット (コミック)

 

→メイドインアビス
→メイドインアビス 深き魂の黎明
→メイドインアビス(2期)
→メイドインアビス(リコ)
→メイドインアビス(レグ)
→メイドインアビス(ナナチ)
→メイドインアビス(オーゼン)
→メイドインアビス(ライザ)
→メイドインアビス(ヴエコ&ファプタ)
→メイドインアビス(ベラフ&ワズキャン)

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました